フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ナイショにしたいレストラン

2013年8月 4日 (日)

70歳代男性から若いお嬢さんまで みんな大満足和食ランチ  自由が丘カフェド・イシス

自由が丘のカフェ・ド・イシスで 親戚の集まりをしました。

70歳代男性から若いお嬢さんまで 男女あわせて8人です。

Photo

ハスの葉のうえに 玉蜀黍のすりながしに穂紫蘇、露に見たてて 鰹出汁のジュレ

 

うわぁ~ ふわふわ~ コーンポタージュ味だぁ と全員で感激。

Photo_3

お椀のフタをとると ふわぁ~っと 松茸の香り

 

「うわぁ~早マツだぁ 青い柚子の堅い香りもいいねぇ」

 

万願寺唐辛子と さいまき海老 茗荷 そうめん の熱いお出汁。

1

 「八寸です」 と出されたトレイは 

 

 イングリッシュ・アフタヌーン・ティーでよく見る

 

 二段重ねの 銀器。 

 

 涼しそうな 竹の籠と

 お魚をかたどった 三角のお皿。

どれも みんな いいお味だったけれど 

一番感激したのは

 

冬瓜の翡翠煮。 胡麻味噌味で ほんのり生姜の風味。上にクコの実がのっています。

 

冬瓜には 細か~く 隠し包丁が入っていて お箸でちぎれる柔らかさです。

ツルムラサキのおひたし、揚げ物 焼き物も 一口ずつ いいお味のものが。

ホウズキの中には あまーいトマトの含め煮が仕込ませてありました。
 

2_2

青ジソごはんも もちもちで いい香り。
香の物の重ね具合も かわいくて ついつい全部きれいにいただきました。

 

デザートも 青梅のグラニテ・わらびもちのバジルシードがけ・フルーツ入りジュレ・そしてエダマメのプリン と取り合わせてあって

ちょっとずつですが かなりおなかいっぱい。

 

これにコーヒーがついて 最後のほうじ茶まで大満足の ¥3,500 でした。

カフェ ド イシス (CAFE DE ISIS)

東京都目黒区自由が丘1-18-11

11:30~14:00 ランチ  17:30~22:00 ディナー
水曜日 定休

カフェ ド イシス京料理 / 自由が丘駅都立大学駅奥沢駅

2013年4月 7日 (日)

パリ4区で 春学期の授業開始を祝って ランチ

板橋 「パリ四区」 は

4
  JR 板橋駅

  地下鉄都営三田線 新板橋駅

  東武東上線 下板橋駅  の 

  ちょうどまんなかの便利な位置。

  大学の授業開始の初日

  東武東上線から 都営三田線に

  乗り換える用事があったので。

  ひさしぶりに ランチをするために

  よってみました。

  12時 ちょっとすぎに行ったら

  余裕で座れたのですが、 

  土曜日のランチということで そのあと 一挙にお店は満員。

  12時半 過ぎに来た 三人連れさんは 「ごめんなさい」されてました。

  あいかわらず はやってますね~。

4_2

 Aランチを注文しました。

 リエットのカナッペ

 春キャベツのポタージュ

 バゲット

 鴨胸肉のロティ マスタードソース

 チョコレートの濃厚ムース 

 コーヒー で ¥2,100 は リーズナブルだと思います。

 

 鴨の皮目が ぱりぱりで ナイフを入れると おいしい肉汁が
 じゅわぁぁーっと ソースに流れます。

 その 鴨のアブラ味の混じったマスタードソース が

 付け合わせの野菜に よく合うこと。

4_3

 野菜はオリーブオイルの香りがして、浅めのローストなので
 それぞれの味が濃~く します。

 特に ナスと 菜の花は ソースによくからんで

 おかわりしたくなっちゃいました。

 やっぱり お気に入りのパリ四区です。
 また夜来て、グルヌイユとブーダンノワールとフォワグラ食べたいな。

 

 土日のランチは 事前に予約したほうがいいみたい。

 前の日までに予約すると カップスープがサービスらしいので
 
 

 今度から 予約することにします。

店名 パリ4区 (Paris 4me)

住所 東京都板橋区板橋1-21-7

営業時間 11:30~15:00(L.O. 14:00)  17:30~22:30(L.O. 21:30)

定休日 水

 

2013年3月 8日 (金)

鈴廣「かまぼこの里」内 千世倭楼(ちょうわろう)で鯵メンチの小田原づくし丼 さっくさくで ふわとろでした

箱根登山鉄道 小田原から2つめの「風祭」駅すぐ

鈴廣「かまぼこの里」内 千世倭楼(ちょうわろう)にて

フードアナリスト3人で ランチしてきました。

立派な建物は、秋田県旧平鹿郡大森町から移築された  書院造りの建物で
築140年。国の登録文化財だそうです。

Photo

くろぐろとした 柱や梁、床板など 見事です。

ごいっしょしたフードアナリストさんが この会社の関係者とお友達とのことで
「割烹 潮の音」 に 席を取ってもらっていました

(本来は12時以降は 早いもの順だそうです。
        
 お蕎麦のお店は3組が待っていました)

ほかの二人はかまぼこづくしご膳 1,890円を選んだのですが

1

2

↑(写真のほかに  「かまぼこの炊きこみごはん」がついていました)

わたしは 小田原の飲食店がまち興しのひとつとして行っている

「小田原丼」に興味があったので 鯵メンチの小田原づくし丼にしました

くわしくは↓ 写真もこちらから転載。

http://genki-odawara.com/don/details.html?id=20

Photo_2

「鯵メンチの小田原づくし丼」 は

あら汁、香の物、魚のカルパッチョ、地野菜スティック で  2,100円

というコースのはずだったのですが。。。

席をアレンジしてくださったかたが 気を配ってくださって

通常のコース以上のものが プレゼントされていました。(感謝!!)

Photo_3

「こちら ○○さんからです」と運ばれてきたものは

Photo_4

料理長おまかせコースの 先付と同じもののようです。

折敷に霧が吹いてあり 木製のお匙の先が ほんのり湿らせてあります。 

「熱いうちにお召し上がりください」という蓋ものの中は

Photo_5  

白子の塩麹蒸し 
ふるふるの茶碗蒸しの中に 白子~ happy01 

Photo_6

「小田原丼」 は 小田原名物「木の葉丼」の仕立てで
(さすが かまぼこ屋さん) 

あつあつ サクサクの 鯵メンチカツが ふわっふわのたまごとじご飯
の上に 2つものっかっていて 女性には かなりボリューミーです。

Photo

まぐろのカルパッチョと 香のもの

Photo_2

野菜スティック。 ディップは 梅マヨネーズと なめ味噌。

何より 大きなお椀の お汁が
生海苔の とっても とっても いい香り。 濃い緑も美しく 
「これでもかっ」というほどの量の生海苔が入っています。

生海苔というと、お吸い物の吸い口に ちょこっと
というのが 今まで食べたものでしたが

さすが海の幸豊かなところなんですね。

お味噌汁のメインの具に使えるほど 新鮮でお値段も手ごろに
手に入るんでしょうね。 うらやましい !

堪能しました。

Photo_3

この後、大事な用事が控えていたので、体調万全を期すためにも

「食べすぎないようにしよう」 と思ってはみたのですが

ついつい 箸がすすみ 全部ぺろっと食べてしまいました。

今度は かまぼこ作り体験しに、また来ます。

鈴廣かまぼこの里 お食事処  千世倭楼 (ちょうわろう) 潮の音

〒250-0032 神奈川県小田原市風祭50

平日昼 11:30~15:00(L.O.14:00) 夜17:00~22:00(L.O. 20:30)
土日祝昼11:30~16:00(L.O.15:00) 夜17:00~22:00(L.O.  20:30)

2013年2月21日 (木)

虎屋 壺中庵  仙人の住む壺の中 桃源郷で 鄙の粋を味わう 

虎屋 壺中庵 (とらや こちゅうあん) で しっかりもてなされてきました。

徳島滞在の3日間に「鳴門鯛の刺身」を食べるチャンスが3回あった。
3回とも みごとに味が違った。

1回は海辺の定食やさんで 新鮮というのと美味しいのは違うのだ、
とはっきり気づいた。
しこしこを通り越して、厚切りの鯛の身は噛み切りにくいほど硬かった。

1回は宿泊した宿で。
東京都内でも、よく口にするお刺身の味と歯ごたえ。悪くはなかった。

そして前2件と比べるのも申し訳ないが、「虎屋 壺中庵 」で。

4

味の濃いのはいうまでもなく、
刺身の歯ごたえの良さというのも
また、味覚のうち と気付かせてもらった。
ちり酢でくるまれた伊勢海老も ねっとりと甘い。

あしらいは芽甘草と生海苔のみ。潔い。 

コースのなかで一番感激したのは 焼き物。 鰤の酒盗焼き。

6

さすがに家庭ではマネのできない料しかた。

下に敷いた水菜が柑橘酢の良いかおり。
聞けば柚子 とのこと。 酒盗の塩気と 柚子の風味で
いつまでも味わっていたい 夢心地。

1

地元の酒米栽培会の米で造られたという「おでんでん」が食前酒。
車で行ったので 運転手はのめず、私だけいただく。

3

ナマコのみぞれ酢、すだちの香りが良い。

4_2

お酒の風味が勝ったお椀。 印象的すぎず、それがかえって印象的。
塗りのお椀は「雪月花」

7

炊き合わせは さらに はかない味。

8

そして 「立春」なら「ハマグリ」でしょう、と

9

ハマグリの雑炊。 貝のうま味がしっかりしみて、それなのに お米の粒が
崩れず さらっと仕上がっています。
香の物が 壬生菜の糠味噌漬けや 白菜の古漬けなど
「お料理屋さんらしからぬ」仕立てなのが 
かえって 鄙の粋とでもいうのでしょうか。

10

八朔のゼリーのあと、椿の花のような 粟餅。

止茶(って ずっと お茶で無粋なことだったんですが)のお茶碗は
11

「雪(湯木)降る(富る)正月屋(吉兆)」の。
ご主人は 嵐山吉兆本店で修業をなさったかただと、
ほかのかたのブログで知りました。

子供のころ、「暮しの手帳」に湯木貞一さんの聞き書きとして連載されていた
「吉兆つれづればなし」を読むのが大好きだったので、
「吉兆」さんは憧れでした。

この虎屋 壺中庵 さんは その湯木貞一さんの連載と同じトーンを感じました。

このコース 一万五千円を リーズナブルだと感じるか否かは、ひとえに
受け手(食べ手)の準備によるのだなぁと思うのです。

12

敢えて多くを語らず、敢えて多くを飾らず
淡々と じっくり わざとかもしれないほど無骨な お料理とおもてなしです。
この真髄を理解するには 私などはまだまだ勉強不足で
お茶の勉強をもうすこしちゃんとしなくちゃ、と思ったのでした。

虎屋 壺中庵 (とらや こちゅうあん)
 
住所 徳島県名東郡佐那河内村上字井開6-1

営業時間 12:00~14:00 17:00~19:00
定休日 不定休

虎屋 壺中庵懐石・会席料理 / 佐那河内村その他)

2013年2月 8日 (金)

自分の中の「一番」が変わるかも? 赤羽橋オステリア・スゲロのクリームパスタ

半年ぶりぐらいに 「わたしのだいすきナンバーワン クリーム味のパスタ」っていう
赤羽橋の オステリアスゲロ でランチしてきました。

北区赤羽じゃありません。 港区東麻布の「赤羽橋」です。 coldsweats01

3年ほど前まで 会社から歩いてすぐだったため
週イチのペースで通っていたお店。

Photo このお店が開店したときから通いはじめ

ランチには週1.2回

ディナーにも2回ほど行ったことがあります。

コウケンテツさんに

なんとなーく感じの似た

かっこいい若いシェフの店です。

あまりブログに書いたことがなかったのは 

実は

「本当にナイショにしたい大好きさ」だったからです。
ランチが大人気で混雑し、入れないこともあったので

「これ以上、有名になってほしくない」という思いから。

ところが、

2011年8月に行ってみたら 

ランチメニューが値上りし

しかもコーヒーが有料になって ↓

お得感がうすれてしまったのです。
それでも クリームの味にひかれて何度かいきました。

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-1369.html

ところが。。。。今回行ってみると
サラダの塩分も クリームパスタの塩分も クリームの濃度も 
ソースの量も減っているではないですか。。。ショック

Photo_2

というわけで わたしの中の 「お手軽ランチのクリームパスタ ナンバーワン」

の座は 成増の ガレリアに輝きました~ ぱちぱち ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/galleria-e2f2.html

(ガレリアも「塩分高め」「クリーム濃いめ」です。 健康であっさり好きのかたは
 オイル系、トマト系などの別メニューをおすすめします。)

スゲロは 近いうちに再訪して、
「しょっぱ目、ソース濃いめでお願いします」と言ってみようかな?

わたしの体調もひじょうに悪かったので 次回は元気な時にまた。

ただしこの日も、待ち行列ができていました。

以前、ディナーでアラカルトで注文して好きなだけ食べたら
ひとり ¥20,000 近くになってしまい
「イタリアンでこれはないよなー」と思ってたのですが、お手軽ディナーコースも

できたらしい。

Photo_4 

オステリア スゲロ (osteria sughero)

住所 東京都港区東麻布1-24-6 麻布ハイツ 1F

営業時間 11:30~14:00  18:00~22:00(L.o)
(材料がなくなり次第ランチ終了・ランチタイムの予約不可)

定休日 日曜日+第一月曜日

2013年1月21日 (月)

顧客とのコミュニケーションを大事にしているな、と感じました 東松山 セヴレ39  C'est vrai 39

実は最初は地方都市にありがちな
「さお竹屋はなぜつぶれないか」的 なお店かもしれないと思ってでかけたのです。

今は1度 食べただけですので 断言はできませんが
ひょっとして かなり期待できるのでは?と思っています。

39_3 

そもそも大学の先輩である某ブロガーさんからの
推薦だったので、友人をさそって女子会をセッティングしました。

予約の電話をかけたところ、電話を受けてくださったかたが
「何かの記念とかお集まりですか」
「当日メニューをお決めいただくのでも勿論、歓迎ですが、あらかじめ何かお好みがありましたら、うかがいます」 など

顧客とのコミュニケーションを大事にしているな、と感じました。

39_4 

最初の訪問だったので、お手軽コースを試しました。 ¥3,900の3皿、プリフィクスです。

わたしは フォアグラのソテー洋梨のソース(+¥500) 鴨のベリーソース
デセールは コーヒーのアイスクリームを包んだクランブル をたのみました。

39_5

フォアグラの表面がカリっと、中はとろーっと。。。自家製のパンにのっけて
もう、パンがすすむ すすむ。。。

パンは バゲットと麦芽いり、食べ終わるころに ほの甘い柔らかいミルクパンも
出してくれました。 1皿目の前に リエット(ポークのペースト)・オリーブ・バターがパンと共にサーヴされるので、食べすぎないようにセーヴが必要です。
アミューズで出された うす切りバゲットにハムのペーストをのせたものも
ハウスワインの白によくあいました。

39_6

わたしの 鴨のベリーソース。 友人のラム・ お魚のポワレ もおいしそう!

39_7

お肉のナイフに ラギオールのセミのマークを発見して ちょっとうれしくなりました。

39_8

デセールは こんな感じ

39_9

 このあと、コーヒーとプチフールが来て コースは終わりだったのですが

先輩の紹介ということで、食後酒、ハーブティーをサービスしてもらいました。

39_10

わたしは勿論、現役女子大生も「おいしかったーおなかいっぱいー!」と
満足そうでした。

フレンチ初めて というくいしんぼうのお嬢さんも、
まぁ年齢分いろいろ食べてる元お嬢さんも 両方満足させるのは
やはり、お店のかたの コミュニケーション力だよなーと感心しました。

39_11

都内から わざわざこのために足を運ぶほどではありませんが
何かのついでで、30分以内で行けるかたには とてもオススメです。

つかず離れずの都会的なサービスと 質量とも とてもリーズナブルなお料理でした。

たぶん通うほどに 良さが増してくる店のようです。

わたしは必ず また行きます。

セヴレ39

住所 埼玉県東松山市神明町1-17-26

営業時間 ランチ  11:30~13:30 (L.O.)
ディナー 18:00~23:00 (たぶん日により早じまいもありそうなので要確認)

定休日 月曜日

http://cestvrai39.com/main.html

セヴレ39フレンチ / 東松山駅

2013年1月16日 (水)

試験期間 中締めは セヴレ39で女子会 ¥3900のプリフィクスでごきげん

試験期間 中締めは セヴレ39

鴨 と フォアグラで 幸せ〜になってきました

試験期間中で この後も まだまだ手ごわい試験科目が4つ残ってはいますが

今日、心配だった科目2つが無事終了し、まぁまぁ。。。?の手ごたえだったので

学校近くのフレンチ「セヴレ39」で 女子3人で、祝杯をあげました。

このほかの料理写真・お店の情報は 追ってアップします。

2013年1月 6日 (日)

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ はいつもリーズナブル

カテゴリーは 「ナイショにしたいレストラン」になっているけれど
全国規模で超有名な「あの」オチアイ・シェフのお店。

Photo

12月におじゃました時の様子、まだ整理していなかったので。。。
今回もフードアナリストたちで集まりました。
大勢で食べて飲んでしゃべって 楽しかった~。

Photo_2

いつも、ものすごいメニューの数に、目移りしてしまうのですが
今回は 1皿目アン肝のテリーヌ サラダ添え バルサミコ・ソース

Photo_3

2皿目白子と九条ネギのパスタ ボッタルガ(からすみ)和え

Photo_4

3皿目ラムの 軽いスモークのロースト コントルノ(サイド)は サラダかポテトが選べます。

Photo_5

ドルチェ クレームブリュレ  それにエスプレッソ  を堪能してきました。

ほかのみなさんがたのんだものは

Photo_9 

Photo_10

ウナギのグリル

手長エビのリングイネ

Photo_11 Photo_12

イカスミのパスタ

鯛のガレット仕立て

Photo_13

牛ほほ肉の生パスタ

などなど

いつもながら

 

 あ、これもおいしそう~

 今度は これ食べよぉ

 って思う メニューの数々でした。

予約は必至。 ただし、本店でダメでも、2番店の BIS で

席がとれることもあります。

Photo_14

年賀状に「いっつも御馳走だねー」というコメントをいただきましたが

ちなみに この日は 昼ごはん抜き。 

朝は学食の これ でした↓ ¥200定食 

Photo_15

 

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ  

104-0061 東京都中央区銀座1-21-2

有楽町線新富町駅 2番出口より徒歩5

昭和通りに向う。高速道路を越えて、右側3本目の角を右折して約110m先

  http://www.la-bettola.co.jp/restaurant/ginza/info.html

2012年12月27日 (木)

はせがわ酒店 東京駅 グランスタ店で ほんのりよっぱらい

東京駅で人と会う用事があったので、待ち合わせに良さそうなところ。。。

と検索してみると。

Photo_2 
「をを!そういえば前から気になりつつ入ったことのない

 「はせがわ酒店」

があるではないですか」 

ということで、こちらで待ち合わせ。

といっても、お酒を飲むのがメインなので

約束の時間よりも ちょびっと早目に行って。。。

最初の1杯は
スパークリング 日本酒 「ひい坊」。

あざくら酒造 さんの 

微発泡のにごり酒

「あざくら」なんて、まるでわたしのためのお酒みたいじゃないですか。
万が一有名になったら、お仕事名を「阿桜燦子」にしようと思っているので

(ないですかね?)

おつまみ三種盛り合わせをたのみ、飲み干しました。。。

続きまして、「きょうのおすすめの新酒」は

1_2

雨後の月 純米大吟醸 です。

 すっきり さっぱりで くいくい飲めてしまいます。

 アテには 生湯葉を おいしいお塩で。

 特にみどり色のほうは 豆の味がしっかりして

 お酒・湯葉・お酒・・・のエンドレスになりそうでコワイ。

 気に入ったので帰宅後調べてみると

 はせがわ酒店さんのネット通販では「完売」となっていました。

 やっぱり人気ものなのね。

はせがわ酒店さんの通販サイト

http://www.hasegawasaketen.com/shop/gransta/

によると

「雨後の月 純米大吟醸 愛山 1800ml 価格(税抜) : 4,300 円
蔵元 :相原酒造 [広島県]  原料米 :愛山 精米歩合 :50%

 SAKE COMPETITION 2012 純米大吟醸の部 2位
兵庫県産特等米・愛山を50%まで磨き、協会9号酵母で醸しました。
穏やかで上品な香りに、口当たり滑らかな甘みと適度な酸があり、次第に旨みが広がり、愛山らしい柔らかい後口と余韻の長さが楽しめます。」 とのことです

2

さいごに 「東京駅限定」という

 その名も「TOKYO STATION」。

 リッチで重厚な風味でした。

 それにしても スタッフさんも

 ぐうぜん同じカウンターに座りあわせたみなさんも とても話しやすく、つかの間でしたが

 しっかり、幸せな気分にさせていただきました。

 朝7時から開いている。。。というのも すごいですけれど

夕方、東京駅での待ち合わせにはうってつけの場所と思いました。

ただし、小さなカウンターですので 立ち飲みテーブルで空き席を待っているお客さんもいて、なかなか空き席をみつけるのがたいへんかもしれません。

はせがわ酒店 GranSta店
所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
       JR東日本東京駅構内地下一階
TEL:03-6420-3409
営業時間:7:00-22:00 日曜日7:00-21:00
定休日:不定休(館の定休日に準ずる) 

はせがわ酒店 GranSta店日本酒 / 東京駅大手町駅二重橋前駅

2012年12月 4日 (火)

池袋エソラの「あやの」 コストパフォーマンス抜群のランチ 

池袋で母親とデート。

あまり歩き回らないように、と エソラでさがし、「お寿司か和食がいいね」と
混雑を避けて 8階 「あやの」のコースにしてみた。

「お米とおばんざいを主役とした和食居酒屋」 だそうだ。

1

事前予約なしで食べられる お手軽コースは ¥2,500  ¥3,000  があって
500円の違いなら ¥3,000  のほうが コストパフォーマンスがよさそうだったので

「あやの御膳 ¥3,000 」をたのんだ。

2

 ランチタイムのごはんは、そのたびごとに釜で炊く会津産コシヒカリだそうだ。

 ごはんの炊きあがりに時間が少し必要だし、サービスもゆっくりなので

時間に余裕のあるかた向け。 デザートのコーヒーもおとしたてで香りもよかったし 大満足。

3
プロの料理人さんや がっつり食べたいかたには向かないかもしれないが

女性どうし、ゆっくり味わって おしゃべりを楽しむには うってつけ。

ただし味つけは、わたしにちょうど良い味だったので、濃いめでした。

帰りぎわに 母が「とってもおいしかったわ。でもね、お味噌汁がちょっと ぬるかったのが残念だわ」 と 言わんでもいいことを言ったら

(確かに、あっついもの好きの我が家ですが、それでも ぬるめでした
 しかも、サーブするのに お盆を使わず 両手でお椀を持って出してきたのは
 ちょっと びっくりしました。)

「たいへん失礼しました。次回から気をつけます。 あやの御膳は月替わりなので、また ぜひ おためしください」 とのごあいさつでした。

「これは次に、すぐ再訪しなきゃね」と話あったのでした。

サービスの女性も お椀の件以外は行き届いて気持ちの良い接客でした。

住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola 8F

営業時間 月〜金 ランチ 11:00〜14:30(L.O.)
ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)

土日祝 ランチ 11:00〜15:00(L.O.)
ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)

http://www.wasyokusanbi-ayano.com

あやの エソラ池袋店懐石・会席料理 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

より以前の記事一覧