フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

食材

2012年3月31日 (土)

おとなのから揚げ 黒こしょうガーリック味 昭和「レンジでチンするから揚げ粉」

先日、日本フードアナリスト協会の勉強会に出席した際、

1

 昭和の「レンジでチンするから揚げ  粉」なる商品を2種類もらってきた。

 レシピ通りに作ってみると なるほど  予想よりずっとおいしく上手にできた。

 油を使わないのにお肉自身(?)の

 油で じわじわ揚げ煮状態になるみ たいで

お皿に敷いたキッチンペーパーが

お肉の脂と 水分で ぐっしょり

 になる。

 なるほど カロリー20%カット(当社比) とうたってあるが

油を使わず調理し

しかも お肉の脂まで少し抜けるので カロリーオフも納得できる。

油分が抜けるので パサつくかな?と思ったがジューシーに仕上がっていた。

今日はお肉ではなく、野菜で試してみたら お酒のおつまみにぴったりの「野菜フライ」ができた。Photo  

春タマネギのおいしいのが出回ってきたので

玉ネギを 厚めの輪切りにし

「レンジでチンする から揚げ粉」を まぶして チンする。

油は出ないけれど 野菜の水分がキッチンペーパーにかなり(お肉の時より多く) しみ出すので 

2分チンして 扉を開け、野菜をひっくり返して レンジ庫内の蒸気を外に逃がしてから、さらに1分 チン。

 くたーっと甘くなった 玉ネギが スパイシーな衣をまとってできあがり。

 ワインに合います。 ズッキーニや パプリカなんかもおいしそう。

 今度はゆでたポテトを試してみよっと。

 さっくり仕上がるのは 材料の「コーングリッツ」のおかげかも。

コーングリッツとは、とうもろこしの胚乳部を挽き割りしたもの。イングリッシュマフィンにまぶしてある、黄色い「あれ」です。

油の後処理が面倒で、とかく揚げものは敬遠しがちですがこの粉があれば、手軽に「フライもどき」ができるのでうれしいです。

 ごちそうさまでした! (酒宴は さらに続く (^^ゞ )

 商品情報はこちら ↓

http://www.showa-sangyo.co.jp/home/category.html?c=38        

2012年1月29日 (日)

オッキーなめこ

時々 外出先でスーパーに寄ってみる。
目的は3つ

Photo

1.変わった食品に出会えるチャンスがある。

2.日常使いの食品でも違うメーカー・生産者のものを食べてみる。
 味の発見があったり、一社に偏るリスクを分散するため。

3.その地域の売れ筋商品が、自分の近所とどう違うのか見るため。

という、単なる興味と主婦としての ほんのちょっとの自衛と
フードアナリストとしてのネタひろい、の 一石三鳥を狙っている。

先日、外出先の24時間営業のスーパーで見つけたもの

「オッキーなめこ」。。。。うーん いまいち狙いがわからないネーミングですが。。。
生産者さんが沖田さんとかいう 名前なのかな? と検索してみると

2 菅原冷蔵株式会社 という山形の会社が生産販売しているものでした。
 冷蔵倉庫業者さんが ナゼに「なめこ」? と思ったら
 M&Aで キノコ業者さんを合併したた後、広く販売しているもの。

1パックを炒め 1パックをお味噌汁の身にしてみました。
食べでがあるから、お味噌汁向きかも。
お豆腐とかと合わせワザにしないで 単独お味噌汁が 香りが楽しめてよいです。 大き目のしめじぐらいの外観ですが 味は あくまでも「なめこ」。 ぬるぬるしますが、北海道で食べられている「落葉きのこ」ほど香りは強くなく、万人受けする味だと思いました。

菅原冷蔵株式会社のHPは こちら
http://www.cool-ice.net/index.html

〒998-0072
  山形県酒田市北浜町2番82号

2011年12月14日 (水)

ランチはパン 食べ比べ ドミニクサブロンの

ランチはバン 食べ比べ

フードアナリスト 4級講座の講師をやっています。

今日は講師・実習生4人で 教室で 買ってきたパンでランチです。
同期のGさんが 朝早くから 東京駅で買ってきてくれました。

カレーパンの中身のカレーが とってもスパイシーで 最初に想像したより
ずっと好きなパンでした。

パンそのものの ぱりぱり感が 別の支店のイートインで食べるより
おいしいなー と感じたのは
仲間と わいわい食べたからでしょうか。

D

デザートに と用意してもらった パン・ベルデュ も 普通のフレンチトーストとひとあじ違って さっくり軽いデザート・パンでした。

画像は お店のHPより転載

Dominique SAIBRON Marché
ドミニク・サブロン マルシェ 東京駅京葉ストリート店
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本 東京駅構内1階 京葉ストリート内
TEL:03-3218-8010
営業時間:7:00~22:00  無休

http://www.maxim-s.co.jp/akasaka/ds/

2011年11月19日 (土)

とれたて野菜の「いきいき屋」 食べ方指南メモのついた野菜

**** とれたて野菜の「いきいき屋」は 正式店舗となり 場所が変わりましたのでご注意ください ******************

新住所:板橋区中台3-27-7 サンシティのショッピングスポット  サンゼリゼ内

営業時間 :10:00~18:00

定休日: 水曜日

*********************************************

とれたて野菜の 農産物直売所 「いきいき屋」さんでお買いもの。

千葉の120軒の農家さんが参加する

農業法人 房総食料センター の野菜を売る 東京の出店のひとつです。

Photo

生産者の顔が見える、低農薬の安全で新鮮な野菜 というわけです。

「房総産の旬のものだけを扱うので ちょっぴり品揃えに偏りがあります。

たとえば ナスは先週で終わってしまいました。

今日はずいぶん売れたので、商品が少なくってごめんなさい。」と店主さん。

「ミニ冬瓜」と 手作りの「柚子味噌」があったので求めてきました。

今夜は 「とうがんのカニあんかけ」。 

明日は柚子味噌で「冬瓜の風呂ふき風」の予定。

採れたて野菜の「いきいき屋」

043-441-7236 (千葉の事務所の電話番号です)

2011年11月11日 (金)

名は体を。。ピンクのほっぺの「甲斐乙女」

夜、自宅近くの暗い路上で 若いお嬢さんに呼び止められた。

道でも尋ねられるのかな~?と思ったら、引き売りの八百屋さんだった。

2

どうやら売れ残った品物をたたき売りたいらしい。

珍しいブドウがあったので値段を聞くと

「市場ではひと房千円以上する高級品種なんですけど、¥525でイイです」という。

うーん 大好きなスチューベンやロザリオなんかだと、もちょっと安いなぁ。。。と思ったが、 ちょっと気の毒になって

で、まぁ騙されてもいいかな(?)と思ったので買ってみた。 

律儀に領収証を書いてくれた。
株式会社バンプというところの社員さんらしい。

http://www.bump-ltd.com/works/

クーリングオフ云々と言っていたが、生鮮食料品を食べて気に入らなかったからってクーリングオフなんかできないでしょう。。。と思いつつ 領収証の裏を読むと、しっかり「3,000円以下はクーリングオフ対象外」と書いてありました。

ところで 肝心のブドウは しっかり甘く・しっかりすっぱい やや硬めながら皮ごと食べられる 種ありブドウでした。

甲斐乙女という可愛らしい名前に興味を持って

農林水産省 登録品種データベース ↓ を調べてみたところ

http://www.hinsyu.maff.go.jp/vips2/cmm/apCMM112.aspx?TOUROKU_NO=6148&LANGUAGE=Japanese

「「ルーベルマスカット」に「甲斐路」を交配して育成されたものであり,果皮の色が赤,果粒が短楕円で極大粒の,育成地(山梨県東八代郡御坂町)において9月下旬に成熟する晩生種である。」 との記述がありました。

山梨県東八代郡御坂町の志村富男さんというかたが育成、登録されたもの。
登録より5年以上が経過しているため、育成権が消え、広く栽培・販売されはじめた、というわけですね。。

2011年8月17日 (水)

修道士の頭 という名前のチーズと キノコの名がついた道具

暑いですね。 日中はだらだら汗が流れます。
こんなときは 涼し~い 場所を想像しましょう。

そうよ、スイス! と 昨日焼いた自家製パンがあったので
ハイジの気分で おうちピクニック。
昼だし、気分はハイジなのですが 本体はただの酒飲みおばばですので
缶ビールも ぷしゅっと開けちゃいました~。
ビールのアテはチーズでしょう。

スイスの連想で 「テットドモワンヌ食べたいな~」と思いつき
さっそくネットで検索しました

楽天のサイトから画像転載しました。

Photo

http://item.rakuten.co.jp/order-cheese/3348-k/#3348-k

TETE DE MOINE テットドモワンヌ は 「修道士の頭」という意味。

もともとは大修道院であるBALLELAY(ベルレー)において
修道士たちの手によって作られていたチーズで オリジナルの名前は
『BELLELAY CHEESE』ベルレーチーズと呼ばれていて、
1192年の修道士の記録に、このチーズについての記述が見られる。
もともとは一つが5キロ以上するような大型チーズだった。

その後、修道士が近隣の農家に製造法を教えて、作る事を許可し、年貢としてチーズを納めさせていた。
毎年11月11日聖マルタンの日に、修道士の頭数分のチーズを納めさせていたところから
1800年頃から「修道士の頭」という意味の ETE DE MOINE テットドモワンヌが このチーズの呼び名になった。  

1856年パリで開催された見本市で賞を貰った事から知名度が全国区になり
2001年にAOC(原産地統制呼称)を取得した。

Photo_2

また、このチーズを美味しく食べる上で欠かせないのが
ジロール(きのこの名前)と呼ばれるチーズ削り。
これは、最近になって開発された。
1981年にジュラ地方に住むnicolas Crevoisierさんという人の手によるもの。

この道具で削ると 薄く削られて、くるくると丸まったチーズが まるで
ジロール茸のようだから、この名前がついた。
日本人にはカーネーションとか花に見えるが。。。

Photo_4

画像は下記サイトから転載 ↓

http://lepre.jp/new.cgi?MODE=1&PAGE=27&SEL_YY=09&SEL_MM=02&SEL_DD=12

このジロールにより 薄くきのこの形に削ることにより
ほろほろと口でほどけ、強い香りや個性的な刺激味が弱まり
チーズ本来のミルクの味や 塩分が楽しめる。

Photo_3

パーティープラトー かわいい!
http://www.rakuten.ne.jp/gold/order-cheese/plateau/p10.html

連想しているうちに、食べたい感が高まったが、
なんか、さかんに安売りしてる。。。
よくよく調べると
フロマージュ専門店「フェルミエ」さんによると、乾燥しているヨーロッパと違って、
高温多湿の日本における このチーズの賞味時期は春まで。
それ以降は べたべたしてきて、ジロールで上手に削れないとのこと。

そっか~ 秋まで待ちなさいね、ということなのね。

それにしても ジロール (チーズ削りのほう) 欲しい!!

2011年7月16日 (土)

プティトノーLe Petit Tonneau のサンドイッチ食べながら、 Comité Interprofessionnel du Comtéの画像を想い出し笑い

先日、九段下の「プティトノー」で おそいお昼。
またもや、5分遅れでランチに間に合わず。。。

Photo_2

 http://www.petitonneau.com/jp/sas/welcome/top

↑ (画像はプティトノーのページから転載 )

ということで チーズサンドイッチです。

「コンテ」があったので、コンテを選びました。¥1,000-
白っぽーいコンテだったので、「冬チーズなのね~」と思いつつ おいしく平らげました。

バゲット、両側の固いクラストを落として、丸々1本の3/4 以上のサンドイッチだったので

うわ~ 350グラム近く食べちゃったのね、ワタシ。。。

Photo_3

パンもチーズも純粋においしいので、こういうシンプルなサンドイッチが成立しちゃうし
ちゃあんと、丸々食べられてしまうのですね。

ところで 「チーズの色が白いのは牛が枯れ草を食べている冬に搾乳したチーズだから」
という知識は
コンテチーズ生産者協会 Comité Interprofessionnel du Comté の

ホームページで勉強させていただきました。

Photo_4

そうそう、プティトノーでサンドイッチを食べながら思い出していたのは
生産者協会さんの コンテチーズの宣伝映像。

さすが、肉食人種が作ったものだな~ という

恐竜さんに牛さんが勝って牛さんが空から降ってくる、など 
ちょっと くすっと笑える映像です。
「そんな乱暴な~」と思う、私ってやっぱり草食人種なのですね。

コンテチーズ生産者協会 Comité Interprofessionnel du Comté のホームページはこちら
http://www.comte.jp/08movie/index.html

2011年5月22日 (日)

豆苗はニンニク塩炒め?腐乳(フールー)味?ただいま水栽培中です

豆苗の自家栽培をやってます。

といっても、パック入りの買ってきて、根元の豆の部分を お豆腐のパックやタッパーにつっこんで水を張っておくだけ。
主婦なら 誰でも思いつきますよね?

1

我が家は同じ手法で、三つ葉・セリ・あさつき など 根っこ再利用で お部屋のグリーンと料理の青みに使ってます。

今の季節だと、ちょん切ってから1週間で 食べられる大きさに成長します。

お日様の方向に、ぐんぐん伸びるのが、かわいくて 定点観測したらオモシロイだろうなー なんて思ってたら
やっぱり、とっくにやってる人がいらっしゃいました。

mayumineさん というかたのページに載ってます。↓

しゅ・しゅごい!! 

http://uramayu.typepad.jp/blog/2010/03/tomyo.html

ところで豆苗ですが

2
中国行くと、 
広東を中心に 腐乳(ふーるー)で味つけする派
北のほうでは、ニンニク・塩炒め派 と 分かれるようですね。

我が家では、
広東・香港に行ったら、郷に入って腐乳炒めを楽しみますが
買ってきた豆苗は 即、ニンニク・塩炒め。

そして1週間、成長を待って収穫。 他の野菜と炒めたりします。

基本、豆の青みなんですから
 さやえんどうの替わりに使える料理には、何でも使いまわしがききます。

今の季節なら 同じ苗から2毛作が期待できます。

毎日、水を替えて、根が腐らないよう気を付ければ
1回目の半分ぐらいの量が、再度収穫できます。 お味噌汁の具や、炒め物の青みに重宝します。

陽に向かって伸びるので、1日に何度も くるくる方向を変えてやるのも 楽しいです。

2011年4月12日 (火)

板橋区役所前のパン屋さん ロックフィールドの黒糖モンブラン 大好き

都営三田線 板橋区役所前駅から 徒歩1分

わたしが地域で「いちばん」と思っているパン屋さんは ロックフィールドという名前です。
(オーナーさんの名字が 石原さん とかいうオチじゃないよねぇ。。。と思ってますが)

Photo

「モンブラン」という名前は 
栗のペーストで作る、あのケーキをイメージしていると 「?」ですが
上に真っ白い糖衣が、かかっているから。
その名のとおり「白い山」に見えるんですよね。

昨日買って一夜明けたので、お砂糖が「雪解け」で半分透明にかわっちゃいました。

レーズンやクランベリーなどのドライフルーツが巻きこんであります。

黒糖の風味とフルーツの甘酸っぱさが、良い具合です。

「モンブラン」シリーズは 他の生地で、でも作られており

抹茶モンブラン などもあるのですが、わたしはこれがイチ押し。

お店のある板橋宿不動通り商店街振興組合のページはこちら

↑お気に入りの焼き鳥 レバーがおいしい「鳥新」さん も この商店街にあります

Photo_2

今日は
4月学期のはじめての日本語教室の授業。

何度やっても初回授業はものすごく緊張します。
昨夜も4時近くまで教材作りに時間をかけてしまいました。

これから授業のシミュレーション。
夕方まで2回は通せるかな?
ひそかに 「ひとりゲネプロ」と呼んでおります。

焼きたてのパンの店 ロックフィールド
東京都板橋区板橋3-9-10

2011年3月 7日 (月)

アロエの芽 ぬるぬるでサクサク はじめて食べました

昨夜は アロエの芽を食べてみました。

先週、築地見学の際、買ったもの。 すぐに調理しちゃいたかったのですが。。。
いっしょに購入した 佐賀産のホワイトアスパラガスが 甘~くて おいしかった。

オランデースソースじゃなくて 味噌マヨネーズで たっぷり食べました。
早春のしあわせ~

1

アロエの芽も見た目が 野生のアスパラの巨大なの、って感じですから こちらも
アスパラと同じでゆでちゃえ~ って

ハカマを取って、ピーラーで皮をむいて さっとゆでると。。。

茹で汁が 鮮やかな緑色

香りは 緑茶を淹れるとき うーーーーんと濃く淹れちゃった~ っていう香りがします。

茎の部分は さくさくで ちょっと ねばねば。。。あ、モロヘイヤの味だ~

2

穂の部分が ちょっとぼそぼそ口にさわるところもありますが。。。
クセがなく、 すごくおいしい。。。ってわけじゃないですが

話のタネに一度食べてみると良いかもしれません。

より以前の記事一覧