フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アルルArlesにて 葡萄棚の下で、「R」と「L」を間違える Restaurant Le 16 (失敗だらけのフランス紀行16) | トップページ | アヴィニヨン Avignon の橋では踊れない 39ユーロの宿でフルーツとワインの夕べ(失敗だらけのフランス紀行18) »

2013年8月16日 (金)

美しい村 ゴルドGordes とラヴェンダーの修道院 パラソルの下ランチは生ハム・メロンでご満悦 Le Jardin (失敗だらけのフランス紀行17)

2013年6月20日(木) フランス8日目

アルルの宿を出て フランスの「美しい村」 ゴルドGordes と

ラヴェンダーの修道院 Abbaye de Senannques を回り アヴィニヨンに1泊する。

この「失敗だらけのフランス紀行」最初からごらんになりたいかたは こちらをどうぞ↓
http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/1800-f4d0.html

アルルを出て高速を使い、ゴルドに向かう。

Photo_7

村の入り口の「美しい村」標識の下で ピクニック中の中年カップルがいた。

村は素通りして最初に セナンク修道院へ向かう。

1

小高い山あいの谷にぽつんと建つ修道院なので、まわりの道路は一方通行。
この景色は「行き」にしか撮れない。

2

ラヴェンダーの花は一分咲きぐらいの はかない紫だったが
修道院の駐車場(一番奥から修道院までは5分以上歩く)に入ったところで
もう、いい香りがする。

3_3

一般の人は、お土産用のショップとトイレしか入れない。
勿論、ミサには参加できる。

ガイドツアーがちょうどいいタイミングであるというので参加することにした。
若い修道士さんが フランス語で じっくり熱心に説明してくれたが
全くわからず、ただ、内部に入れたのでラッキーだった。

4

全くわからないフランス語の説明を1時間半以上聞くのが苦痛でなければおすすめ。
内部も他の修道院とは全く異なる、シンプルな美しさだ。
特にプロテスタントの人には好ましく感じられると思う。 ひとり7ユーロ
修道院のホームページでツアーのスタート時間が検索できる。

スペイン語を話すおばちゃんたちのグループは大聖堂で賛美歌を歌っていた。

Photo_2

ゴルドに戻ると 日当たりの良い畑はラベンダー色にかすんでいる。

Photo_4

この写真は帰り道からのほうが撮りやすい。↑

Photo_5

村の広場近くの駐車場は満車だった。
ちょっと離れた駐車場から歩いていく途中で、よさそうなレストランがあったので、ランチにする。

Photo_6

生ハム・メロンと ちいさなブリーチーズを焼いて とろとろの上にはちみつをかけたもの。 バジルの繊切りが、さわやかな香り。

Photo_8

チーズの下敷きになっているのと同じバゲットがカゴにどーんとサーヴされるので、ハムのてっぺんに載っているバターと とろけたチーズをぬって
むしゃむしゃ食べてしまう。

Photo_9

もう一皿はトマトとモッツァレッラチーズのカプレーゼに、自家製タプナードぞえ。
ほんのりガーリックのきいたタプナードは、黒オリーブとアンチョビの塩気がたっぷりで、バゲットが4~5枚は食べられてしまい
これだけで、おなかいっぱいになった。
Photo_10

デザートとコーヒーがつき、ロゼワインでご満悦になった。
以上を二人でシェアして 32ユーロ。


Photo_11


このあと、「美しい村」をゆっくり散歩して アヴィニヨンの宿へと向かった。

Photo_12

Le Jardin
Route Murs, 84220 Gordes

« アルルArlesにて 葡萄棚の下で、「R」と「L」を間違える Restaurant Le 16 (失敗だらけのフランス紀行16) | トップページ | アヴィニヨン Avignon の橋では踊れない 39ユーロの宿でフルーツとワインの夕べ(失敗だらけのフランス紀行18) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/58001598

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい村 ゴルドGordes とラヴェンダーの修道院 パラソルの下ランチは生ハム・メロンでご満悦 Le Jardin (失敗だらけのフランス紀行17):

« アルルArlesにて 葡萄棚の下で、「R」と「L」を間違える Restaurant Le 16 (失敗だらけのフランス紀行16) | トップページ | アヴィニヨン Avignon の橋では踊れない 39ユーロの宿でフルーツとワインの夕べ(失敗だらけのフランス紀行18) »