フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« EasyJet でトラブル。 失敗だらけのフランス旅行 スタート | トップページ | サマータイムのガーデン・ディナー 夜9時でも明るい(失敗だらけのフランス旅行4) »

2013年7月12日 (金)

EasyJetトラブル続編 結局乗れなかった(失敗だらけのフランス紀行 スタート2)

さてEasyjet1、その後どうなったのでしょう?

と 勿体をつけましたが 結論、

わたしたちは 3時間以上遅れた Easy Jet に

乗れなかったのです。

なぜならば

← ここに大書してある 

 Departure というのは

ふつうの英語の

「出発時間」ではなく

「スケジュール上の出発時間」だからでした。 

 トゥールーズ行きの飛行機の遅れの原因は

3人に尋ねた係員全員から「わからない」と言われ

ひょっとしたらフライトキャンセルの恐れもあるかも? 
他社便にエンドースなんてことになったら、荷物を手元に持っていないとさっさと移動できず、不利。。。なんてことも考えて

出発時刻が確定するまで 荷物を預けるのを躊躇していた私たちがアホだったのです。 

8時を過ぎたころ、受付カウンターを見ると なんと無人!!

そうです。飛行機の出発は遅れたけれど、受付カウンターは定時に締めて
職員は全員帰ってしまったのでした。 表示板は「11:35発予定」のまま。

2表示板も「搭乗受付中」等に変更するのは どうやら定時出発の時だけなのか?

しかもトゥールーズ行きの受付を締め切るよ というアナウンスもなし。

普通 自社の都合で遅れたのなら
対応に職員が残ってるもんだろう
というのは日本人の理屈。

その後、到着便の荷物の対応をしている 人のよさそうなおじちゃんをつかまえて、何とか乗れないか交渉をしました。

おじちゃんは いろいろなところに電話をかけてくれて、

機内持ち込み用荷物を持って乗る分にはOKだが、大きなスーツケースは預けられないのでNGだ というのです。

私たちは 成田のJALで計ったときそれぞれ 14キロと18キロという
スーツケースを持っていました。

ちいさい14キロのほうは 機内に持ち込むことができます。

「ひとりだけ先に行く?」という案もありましたが

おじちゃんの 「ひとり75ユーロの変更手数料で明日一番の便に乗れるよう、上司の許可を取ったから 今晩はあきらめてくれ。 明日6時になったらカスタマーサービスの窓口が開くからそこで、だれでもわかるようにしておく。」

という言葉に「まぁ 急ぐ旅でもないから仕方ないか」

と 人生初の「空港泊まり」を決断しました。

ところが、トラブルはこれだけでは済まなかったのです。

甘かった。 そうだったのです ラテンヨーロッパ人の

「やっておく」は「運がよければやっておく」 程度に聞いておくべきだったのでした。
こんなことなら この時点で EasyJetをあきらめてエアフラにでも
すれば良かったのです。 が 後の祭り。

3_2

翌朝、それでも多少は学習したわたしたちは「6時に行けっていったけど」すでに搭乗者が来ているので5時半にカスタマーサービスの窓口に行ったところ

「そんな話は聞いてない。乗らなかったのはあんたたちが悪い。飛行機に乗りたいのだったら通常運賃を払え」と言われてしまった。

わたしたちの後ろに10人ほどの待ち行列ができてしまったが
ここで引き下がるわけにはいかない。さんざん押し問答したがラチがあかず

早朝のこととて、責任者もいないらしい。
仕方がないので通常運賃を払って乗ることにした。

4_2

ローコストキャリアというのは こういうものなのかと高い勉強料になった。
勿論、この経緯には納得のいかないことがあるので
EasyJet側に問い合わせる予定だ。  
けれど 英語って話すのはいいけど、書くのすごく苦手なの。。。というわけで
コンプレイン・レターは まだ書きはじめていない。
早くやらなくっちゃ。

« EasyJet でトラブル。 失敗だらけのフランス旅行 スタート | トップページ | サマータイムのガーデン・ディナー 夜9時でも明るい(失敗だらけのフランス旅行4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/57776682

この記事へのトラックバック一覧です: EasyJetトラブル続編 結局乗れなかった(失敗だらけのフランス紀行 スタート2):

« EasyJet でトラブル。 失敗だらけのフランス旅行 スタート | トップページ | サマータイムのガーデン・ディナー 夜9時でも明るい(失敗だらけのフランス旅行4) »