フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アンドラはおいしい その1 カタラン・レストラン (失敗だらけのフランス紀行7) | トップページ | 海沿いリゾート Argeles-sur-Mer テラスでディナー (失敗だらけのフランス紀行9) »

2013年7月27日 (土)

アンドラはおいしい2 鄙のもてなし「さあ食え」 どどーーん (失敗だらけのフランス旅行8)

もう20年以上前から「行きたい いきたい」と思い続けたアンドラ。

2


「どんなとこ?」と聞かれたら 「山の中に熱海があるみたい」と答えるだろう。

昔ながらの教会やごく一部の建造物は美しいのだが。。。

3
ひなび~た 古び~た、

Photo_3  しかし20年ぐらい前に突如、

  建設ラッシュが起こって

  回りの風景度外視で 

  じゃんじゃん箱もの作りました~

  って感じの街だ。

  しかも、突如 こんな店があったりして

  ←

  ほんと あまりのすごさに

  入ってみようかと考えたほどです。

  どなたか、入ったことがお有りのかたは

ぜひ 感想をお聞かせくださいまし。 

無税なので、スペインやフランスからショッピング目当ての
観光客が大勢来ているそうだが。。。

4

われわれ日本人には 特に買いたいものは見当たらない。

おしゃれじゃないし、安くないし (ま、これは円レートのせいもあるが)

5


というわけで、早々に観光を切り上げ、フランスに戻ることにした。

その前にガソリンは満タンにした。 無税だけあって、さすがにこれは安い。

また、山をつっきるルートなので アンドラ国内でランチを取ることに。

Photo_4

街中から街道沿いにかなり走ったあたりで、大きなトラックが止まっている
ガソリンスタンドがあり、その隣がレストランになっていた。

Els_pessons_2

ELS PESSONS という名も田舎っぽくて、たたずまいも品がいい感じ。

よし、ここにしよーと入ってみると、ほっぺの赤い若いご夫婦の店だった。

Photo_5

店の奥にはかまどに火がおこっていて、カウンターの上には
手作りっぽいソーセージがつるされている。
それから生ハムのももが どーんと生ハム・フォルダーに置かれている。

Photo_6
 窓のカフェ・カーテンやテーブルクロスも

 ぴしっと糊がついて プレスされているし

 

 かわいらしい野花が飾られている。

 「うん。ここは アタリだ」 と思う。

 ランチは定食のみ らしく

 前菜は

 「本日のスープ または

  ハムの盛り合わせ」

 メインは

 「パエリア(二人ぶんから) または 魚料理」

 そして

 パンとデザートがついて

 飲み物は お水かワイン

 以上で おひとりさま 12.5ユーロだという。

  「パエリア食べたかったから よかったね」

と、 メインはパエリアで、前菜はひとつずつ

飲み物も ひとつずつ たのんだ。

すると

おにーさんが 2リットル入りの水のボトルと 赤ワインの瓶を持ってきて
テーブルにどどーんと置いた。

Photo_7


続いて 前菜とパンが どどーーん。
「ねぇ、これ、どんだけ食べたら 12.5ユーロなわけ?」
「すごい量だよね。 なんかさ、食べた分、飲んだ分量

に従って料金取るんじゃないよね?」

Photo_8

鶏のパエリアも どどーーーん。

ううーーーん。 さすがのわたしたちも 食べきれず、飲みきれず。

Photo_10

デザートの フラン(カスタード プリン) と フルーツ・カクテルも特大だ。

Photo_11

お味のほうは、全部素人っぽい「お袋の味」って感じ。
おいしく、楽しくいただきました。

おそるおそるお勘定したら、ふたりで ぴったり25ユーロ。
すごいボリューミーで コストパフォーマンス最高でした。

若い奥さんが料理自慢で、この店をはじめました~って感じかな?(推測)

アンドラのレストラン案内によると同名のお店が近くにあるらしい。

http://visitandorra.com/en/where-to-eat/restaurant-els-pessons

Restaurant Els Pessons

Ctra. General de Canillo 2Canillo 

opens every day from 8:30 a.m. to 8 p.m.

あったかい、おもてなしで大満足でアンドラを後にした。

Photo_12

(アンドラ・フランス国境 「スタンプ押してちょうだいな」と 
 わざわざ寄らないと押してくれない。)

« アンドラはおいしい その1 カタラン・レストラン (失敗だらけのフランス紀行7) | トップページ | 海沿いリゾート Argeles-sur-Mer テラスでディナー (失敗だらけのフランス紀行9) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/57874188

この記事へのトラックバック一覧です: アンドラはおいしい2 鄙のもてなし「さあ食え」 どどーーん (失敗だらけのフランス旅行8):

« アンドラはおいしい その1 カタラン・レストラン (失敗だらけのフランス紀行7) | トップページ | 海沿いリゾート Argeles-sur-Mer テラスでディナー (失敗だらけのフランス紀行9) »