フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ロゼワインで休暇気分 Canal du Midi ミディ運河を優雅にクルーズ (失敗だらけのフランス紀行3) | トップページ | EasyJetトラブル続編 結局乗れなかった(失敗だらけのフランス紀行 スタート2) »

2013年7月10日 (水)

EasyJet でトラブル。 失敗だらけのフランス旅行 スタート

1年3か月ぶりのヨーロッパ。 

実は、この旅行は当初 3月の春休み期間中に企画した。
「ローランギャロスでテニスのフランス大会を見る」というものだった。
ところが、同行のだー(オット)の仕事の都合で、6月後半にズレ込んで
すでに新学期が始まって、大忙しの私には

 じっくり計画を細かく検討する時間がなかった。
そのため「ま、行きゃ何とかなるでしょ」と、甘くみていた

というのも、昨年のオーストリア、一昨年のドイツと
JALマイレージ・宿とレンタカーはネット予約 のパターンに慣れていたので。
しかし、「慣れ」の落とし穴は大きな口をあけて、我々を待ちうけていたのだった。

Jal
(JAL成田のラウンジ お味噌汁が
フリーズドライのインスタントとはおもえない おいしさ。
メインラウンジのカレーといい勝負かも)

雨の成田を11:10に出て、
パリCDG(シャルル・ド・ゴール空港)に定刻の16:45より早めに着いた。
12時間ちょっとの空の旅。 ほとんど満席の機内だったが
3人掛けの席をふたりで占領できた。 ラッキー。

Jal_2

ここ数年、JALの機内食が乗るたびに良くなっている気がする。
業績もこのようにV字回復してくれて、
ゴミになった株の無念を晴らしてもらいたいものだ。

Photo

シャルルドゴール空港の通関は中身をちらっと見ただけでスタンプも押してくれない。
荷物を引き取り、到着ターミナル2Eから乗り換え便の2Dに歩いて移動した。

 ここから、慣れたJALではなく、はじめての格安航空会社 EasyJetに乗りかえる。
この乗換には十分すぎるほど時間に余裕を見ているので、のんびり歩く。
2Dターミナルの掲示板でEasyJetのフライト情報を確認する。

何と、我々の乗る予定の20:55発のトゥールーズ行きは
3時間近くの遅れの23:50発にディレイとのことである。
 

トゥールーズの宿は「チェックイン終了時刻 午前零時」となっているので慌てる。
わざわざ、予約のコンファーム・メールに、そう書いてあったのだ。
 

なにしろ、元々の到着予定も 22:20だったので
レンタカーのオフィスも開いてないだろうし、空港から荷物を持って歩けるホテル
という条件で探した1泊、50ユーロ(勿論、ふたりで)という宿だ。

多くは期待できない。 

わたしのそれまでのラテン・ヨーロッパ人に対する理解は
「できる」というのは「できない可能性もある」という意味、
「できない」というのは「絶対やらない」という意味だ。

Cdg3

駄目な場合はトゥールーズの空港で夜を明かすしかない。
EasyJetのサービスカウンターに行って、宿の交渉してくれないかと頼んでみることにする。
「だー(オット)」は、「フランス人がそんな親切なこと、してくれるわけないじゃん」と言う。
「ダメ元でやってみるよ」とサービスカウンターのおねえさんに事情を話した。

 「トゥールーズ行きが遅れて、出発は23時50分だというのは本当か。
 我々は外国人旅行者である。
 トゥールーズ行きが遅れているため、ホテルのチェックインは1時を過ぎると思う。
 宿のレギュレーションには、チェックインは12時まで、って書かれている。
 お願いだから宿に電話して、その旨伝えて、
 遅れてもチェックインを受けてくれるよう説明してくれないか。
 シルブプレ。」

 
って相談すると、ホテルに電話をしてくれた。
24時間対応OKということが判明してほっとする。
やる気のなさそうな無愛想な女性スタッフだったが、これで一安心。
そういやぁ、ヨーロッパのサービスには
「笑顔」ってのは営業項目に含まれていなかったのだったなぁ
と、1年ぶりに再確認する。
 

そのおねぇさんに
「あそこ(チェックインカウンターがずらっと並んでいるあたり)のどこでチェックインするの?」
と聞いたら 「まだチェックインの時間には早いので、その辺で待て」と言われる。
そりゃあそうだ。その時の時刻は17時をまわったところぐらいで、
定刻に飛び立つ場合でも、まだ出発まで3時間以上あるのに
そのうえで、3時間近く遅れるというのだ。
実はこのとき私は大きなミスをふたつ犯している。
「まだ早いなら、いつからチェックインできるのか」
時間をきっちり聞いておかなかったこと
そして「おねぇさんの名札の名前」をメモしておかなかったことだ。

ふたり交代でトイレに行ったり、スタバで仕入れたコーヒーを飲んだりして時間をつぶす。 

その間に 電光掲示板の表示が
23:50 Expected から23:45 Expected  へと変わる。
 

「何なの、その姑息な時間変更?」と思いつつ チェックインカウンター前の
おにぃさんに話を聞きに行く。

「さっき 表示が23:50 Expected から23:45 Expected  に変わったけれど
 何か状況に変更があったのか?」
 「残念ながら私はそれを知らない」
 「まさか、今日はフライトキャンセルなんてことにならないでしょうね
 「そうならないことを願っています」
 「状況が変わったらアナウンスがあるのか」
 「状況が変わったらアナウンスするし、掲示板に表示します」

さあ、この後、どんなことが起こったと思いますか? 続報は次回。

« ロゼワインで休暇気分 Canal du Midi ミディ運河を優雅にクルーズ (失敗だらけのフランス紀行3) | トップページ | EasyJetトラブル続編 結局乗れなかった(失敗だらけのフランス紀行 スタート2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/57762102

この記事へのトラックバック一覧です: EasyJet でトラブル。 失敗だらけのフランス旅行 スタート:

« ロゼワインで休暇気分 Canal du Midi ミディ運河を優雅にクルーズ (失敗だらけのフランス紀行3) | トップページ | EasyJetトラブル続編 結局乗れなかった(失敗だらけのフランス紀行 スタート2) »