フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

カルカッソンヌ Carcassonne の朝市で びっくりの新鮮イチゴを買う  失敗だらけのフランス紀行2

失敗だらけのフランス紀行 その2

2013年6月15日(土)
 今日は一日ゆっくりとカルカッソンヌCarcassonneの街を散策することにする。
カノー広場の朝市、ミディ運河、そしてシテの城内散策をしようね、と予定して

まずは朝食をとった。 

1_4

これらのものが食べ放題で 1泊 52.4ユーロだ(ふたり分) 

もちろん宿は部屋も狭いし ユニットバスも狭い。 

でも清潔で静かで、熱いシャワーがたっぷり出る。

2_4


大きなクロワッサンがぱりぱりで なかなかおいしい。
宿のご主人が朝食の補充をしたり、食べ終わった食器を下げたりしている。 

のんびり朝ごはんをたのしんだ後、10時半過ぎに出発。
朝市に比較的、近い駐車場に空きスペースをみつけて停める。

2ユーロで駐車チケットを買ったら、
17日午前までの有効期限になってた。不思議だなーと思っていた。
後で分かったことだが、土曜午後~日曜は公共駐車場は無料になるそうだ。

駐車場横のパッサージュを抜けてゆくと、朝市で人がごった返している。


1_2


果物、ハム、パン、野菜、花、ジャム、様々なもので溢れている。 

ベトナム人らしき夫婦がベトナム春巻きなどを売っている。
きちんと整列してお行儀よく買っている人が、結構いる。おなじみさんみたい。
ゴイ・クンがおいしそうだったので後ろ髪をひかれたが
フランスに来て2日目でベトナム点心でもないなぁ、と買わなかったが

買えばよかった。。。
2

大粒のチェリーは 1キロで5ユーロ。 輸入じゃなくて、地元産だという。 

「半分ちょうだい」の "half " の英語が通じなくて難儀してたら
おとなりで買い物していたマダムが
 

「ドゥミ っていうのよ」って教えてくれた。
売り手のマダムも 「ああ、ドゥミね」って 、笑って500グラムで売ってくれた。

3_2

常設のカフェは通路までテーブルを出している。
腰かけてコーヒーを飲みながら ぼーっと座っているのは男性が多い。
奥さんの買い物を待つ運転手役のだんなさんたちなのかも。 

ドライソーセージや サラミを売っている屋台は
どんどん味見させてくれる。

4_2

値段は決して安くはないけれど、くるみが入ったサラミが 
とってもおいしかったので購入する。 
室温で3カ月もつ と言われたけれど「フランスの室温」だと
肝にめいじて、帰国後は冷蔵庫に入れた。
 

スライスする道具が「ギロチン」という名前なのは 
フランス語では一般名詞なの?
 

いちご専門に売っているお店。
お得意さんらしいマダムには「取っておいたよ」と 4個入りのビニール袋を
台の下のほうから出して渡していた。 マダムはお菓子を作るのかな?

5_2

日本でも良くみかける 真っ赤な大粒のいちごより
大きな、だ円形の オレンジ色の苺のほうが 1パックあたり1ユーロ高い。
オレンジ色で、
トマトの「アイコ」にとても似たかたち。

「どうちがうの?」と聞いたら 「どう違うかって? そりゃ食べてごらんよ」と
両方1個ずつ渡された。
 

 
真っ赤なほうをかじる。 「おいしい!」
続いて オレンジ色のほうをほうばる。 「ええっ??!! 何これ!!」
すごくおいしい。 甘くて すっぱくて 第一、香りがいい。
 

「だろ?」というふうに おじさんは笑った。
オレンジ色のほうを即、購入した。
日本では、見かけない種類だった。
 

合計約1時間ほど小さな広場を歩いて回って ちょっとくたびれたが
大満足。 このあと、徒歩で駅前の運河まで歩く。

2013年6月29日 (土)

失敗だらけのフランス紀行 2日目 カルカッソンヌでカスレ(白インゲンの煮込み)

失敗だらけのフランス紀行です。
出だしから大失敗続きだったので
最初から書きだす元気がありません。なので
 

同行しただー(オット)が めずらしく旅行日記を書いていたので
本人の了承を得て、拝借することにします

20013年 6月14日 トゥールーズからレンタカーで移動してきて

カルカッソンヌに着く。

Photo_5

(前略)
トゥールーズからゆっくりとドライブしながら移動。
その日の宿 FastHotel(ファストホテル)への到着は19時前。
でもまだまだ明るい。
チェックインした宿は、部屋は小さく簡素だが、

値段を考えたら充分納得できる安宿だったので、もう1泊することにした。

つまり、明日の晩も同じ宿に泊まることにして
明日はゆっくりカルカッソンヌを観光してまわることにした。

2

荷物をおいて、まずは旧市街のシテ(カルソンヌ城)へ。
途中、カルソンヌ城が一望に眺められる絶景のポイントで写真を撮る。
まずはナルボンヌ門すぐ下の駐車場において、散策。
 

色々な城を見てきているが世界遺産だけあって矢張り圧巻、すごい城だ。
城内は、みやげ物屋やレストランが立ち並んでいる。

1_3


昨日からの疲れを吹き飛ばすには、どこかで豪華な食事を楽しみたいと、
レストランが密集する広場に落ち着く。 

定食(18ユーロ)とカスレを注文。

1


お腹が空いているはずなのに思ったほどはたくさん食べられない。
カスレは鴨のコンフィ(油でゆっくり煮揚げたもの)が乗っていて

ソーセージの入った
白インゲン豆の煮込みである。


2_2

地元料理ということで食味する。 

鴨のコンフィの皮がぱりぱりで カスレの表面のおこげもおいしい。 

しかしものすごい量だ。

この後、各地でカスレを食べるのだが、ここのが一番、汁気が少ない。

Photo_3

定食は フォワグラのサラダ・ かごに山盛りのバゲッド

1_2

ボネ(チョコレート生ケーキ)のクリーム添え・グラスワイン。

勿論、デセールの代わりにオードブルをチョイスすることもできたが
デセール(デザート)のほうがおいしそうだったので。

カスレは二人がかりでも 食べつくすことはできなかった。

Photo_6

食事が終わる10時ごろ、やっとあたりは「夜」になった。

つまりこのあたりは毎晩9時ごろまで明るいし、10時ごろに日が暮れる感じ。

サマータイムっていいな、と思う。

 

少しだけワインが入ったので、慎重に運転して宿に戻ると11時ごろ。
シャワーも浴びずにベッドにバタンキューで深い眠りにつく。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

しょっぱなの失敗はおいおい書いていくことにします。

しょっぱなから泣きました 山田ズーニー氏講演「伝わる!言葉のチカラを身につける」

大学生になって、はじめてガッコさぼって おフランスへ行ってきたざます。

報告はのちほど、ということで

帰ってくるなり、大学では 講演会があり、いろいろ期待しながら出席しました。

講師は山田ズーニー氏。  

泣きました。               Photo_2

おとなりの席の 同級生みなみちゃんも 「も、少しで泣きそうになっちゃった」と

言ってました。

伝わる話ってすごいなぁ

どうすごいのかは、直接 聞いたほうがよいので、どこかのワークショップの参加を

おすすめします。

(写真は校内で配布されたお知らせ
 チラシから転載させていただきました)

ところで、そのあと併設された学会総会で

予算案審議があり、この講演の諸経費が明らかになっちゃったっていうのは
ナイショにしておこう  むにゃむにゃ

2013年6月19日 (水)

 プロヴァンスに入りました今日の宿は45ユーロ(ツインでネットつき)

失敗続きのフランス旅行

いよいよ ミディ・ピレネーから プロヴァンスに入りました。

連日昼間は30度を越える暑さですが

朝晩は涼しく 長袖が欲しい気候です。 

毎日 ワインとチーズを楽しんでいます

体重が心配~

wine

2013年6月17日 (月)

間違いだらけのフランス旅行 フォアグラ・サラダ 

フランス・アンドラ旅行に来ています

さっそく食べたのはフォアグラサラダと鴨のカスレ

堪能しました。

Photo

それにしても 失敗続きのフランス旅行

それでも元気に楽しく旅を続けています。

2013年6月 7日 (金)

神様のキッチン拝見 下鴨神社 大炊殿

先週末 京都へ行ってきました

京都の世界遺産のうち、行ったことのないところへ。。。ということで

まずは上賀茂神社・下鴨神社 へ行ってきました。

Photo

下鴨神社神社では 大炊殿(おおいどの)の特別拝観をやっていて

1

フードアナリストとしては 見過ごしにはできません

Photo_2

我が家のモットーは「特別○○」って別料金の場合は 

料金払っただけのことはある、のでできるかぎり拝見する、 です。

3

賀茂の葵祭りの際の 神饌なども展示されており

2

普段ならなかなか見ることのできない内容です。

2_3

今、偶然に日本文学概説(古典)の授業で 「俊頼髄脳」の「一言主」が

発表の割り当てになって、いろいろ調べているところだったので

一言主=葛城の神=賀茂氏 つながりで

楽しく過ごしました。

Photo_5

下鴨神社案内

住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59

拝観時間:大炊殿10:00~16:00
大炊殿の特別拝観料 500円

アクセス:市バス「下鴨神社前」下車

(ただし「下賀茂神社前」は 本殿の横っちょから入る感じなので 
お天気や足の疲れや元気ぐあいと相談しながら
できれば正面玄関からお邪魔しますーって 糺の森を歩いていくルートを
おすすめします。 
なのでバス停は 2つ中心部に近い「新葵橋」がおすすめです
帰りは「下賀茂神社前」が便利です)

下鴨神社ホームページ:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

2013年6月 4日 (火)

ガムラン合奏 発表準備中

ガムラン合奏 発表準備中
東松山校舎では 国際関係学部の学生さんが準備中です
ガムラン合奏っていう 授業があるそうです

2013年6月 3日 (月)

世界遺産 下鴨神社境内でお茶する。 さるもちと「まめ豆茶」セット

世界遺産の 下鴨神社の境内でお茶しました。

糺の森の木漏れ日、鴨川の小川の流れ
さきほど上賀茂神社の「ならの小川」でふれた水なのだなぁと
ゆく川の流れは絶えずして。。。を実感しました。

Photo

宗教性を別にしても
しんしんと明るい、何か確かなものを感じとれる場所です。
それは歴史の流れかもしれないし
森の持つパワーなのかもしれません。

世界遺産の杜で食べる
伝統の 申餅の ほんのりとした甘みが
歩き疲れた体にしみわたりました。

2

大粒の丹波の黒大豆を炒った「まめ豆茶」
その水色を 夜明けの空になぞらえるなんて
昔の人の美意識に関心します。
お茶のあとの 食べごろに水分を含んだ大豆の塩気が
また 何とも言えず 歴史をかみしめる味わいでした。

お店の案内は 下賀茂神社HP↓をご参照ください。

http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saruya.html

2013年6月 1日 (土)

アイリッシュシチューとシェファーズパイ 京都市役所前 アイリッシュパブ ダブリンにて

アイリッシュシチューとシェファーズパイ

京都市役所前 ダブリン にて

京都夜バスに乗るために ホテルオークラ周辺で 「さくっと」食べられる

お店をさがしました。

バグパイプの音楽がにぎやかな アイリッシュパブです

そりゃあギネスのパーフェクトパイントでしょう と

アイリッシュシチューと シェファーズパイを楽しみました。

シチューのセミドライのタイムが味を引き立てています。 

上賀茂神社前にて やきもち

上賀茂神社前にて やきもち


« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »