フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ10 にっぽん丸 世界遺産の森も歩く

クジラ・イルカ・ウミガメとの遭遇で 小笠原の海に 大コーフンしたあと

N 世界遺産の森も歩きます。

 ガイドさんは

 小笠原の自然に魅せられて

 移住してきたという
 Nさん。

 電信山遊歩道を歩きながら
 島の成り立ちから 
 わかりやすく
 説明してくれます。

 

 伊豆諸島などの島は元々は 日本列島と陸続きだった山々が

長年の浸食などで陸から切り離されたものであるのに対して
 

小笠原諸島は ハワイ諸島や ガラパゴス群島などと同じ作られかたをしているとのこと。

つまり 4,500万年ぐらい前に 海底火山が噴火し マグマが固まったものが

約3,000万年ぐらい前に隆起して島になったもの。

つまり 一度も陸とつながったことがないために
固有の動植物が多いのです、との説明だった。 
 なるほどー。

Photo

島固有種の タチテンノウメ
このように 島の固有種は9割が 白い花だそう。
 

のこり1割ほどの例外のうち これが

Photo_2

テリハハマボウ。 
今日咲いた花は黄色。オレンジの花は昨日咲いたものだとか。

Photo_4
 中央山の山頂まで
 

 

 130数段の階段をのぼります。

 Photo_6


 途中にも この島固有種の
 珍しい樹木がたくさん。

 特に ↑ マルハチ は
 空にそびえる巨木に見えますが

 シダ科の植物で

 朽ちた枝などを見ると
 中が空洞なのがわかります。

 葉が落ちた後が 幹の模様になって

 良く見ると 丸に漢字の「八」の字を

 逆さにした模様に見えるため
 
この名がついたそうです。 

 上る道の途中に大戦中に作られた
 トーチカが点在しています。

 
  

 山頂の地図で改めて見ると

小笠原が 東京から1,000キロメートルも 
離れているのだと納得できます。
 ここは それでも東京都です。

Photo_7

 

標高 319メートルが 小笠原父島で一番高い場所です。

Photo_9

これほど豊かで美しい自然が東京だなんて 
都民としてちょっと嬉しく、誇らしい気持ちになれます。

Photo_10

 小港海岸
 

 ウミガメの産卵のための穴のアト などが見学できます。

 陸地から砂地へ入る境目に柵が立ててあるのは
カメは明るい方角を海だと思って 歩いていくので
わずかな街頭の明かりなどで 明るさを間違えないように
保護するためだそうです。


Photo_11

島の固有動植物 約160種のうち100種以上が RDB登録の絶滅危惧種。
その生態系を守るため、われわれ観光客にも
「有害なものを持ち込まないため」の規制があります。

2_2  島の各地に設置された 
  これらの施設には
  服のゴミを取る粘着テープ
  (いわゆるコロコロです)や 
  消毒スプレー
  などが置かれています。

  それから
  「どこから どこへ 
    何人の人が通ったか」の
  データ採取のため
  色の違う石が置かれていて
  保護地区へ行く道を通る人は 
  石を入れ物に入れて通るように
  なっています。

  それらの備品を補充したり 
  調査するお嬢さんたち
(許可を得て撮影させていただきました)

↑ 「小笠原村の木」となっている これも固有種の タコノキです

幹から出た根が まるで タコの足のようだから。
↓ こんな実が成ります。

1

お嬢さんたちと別れて車に戻る途中で「野ヤギ」の親子を発見。

これは 人間が食用に持ち込んだものが野生化してしまったもの。
絶滅危惧種の食物や 農作物を食い荒らす害獣なのですが
世界遺産に指定されている地域では 個人が勝手に駆除できないため
被害が広がっているそうで、今後は全島で合法的に駆除する予定だとか。

Photo_13

二見湾↑ 

それにしても

父島の観光関係者さんは 世界遺産ヲタク垂涎の このマークに
無頓着みたいです。 

World_heritage_convention

世界中で このマークと記念撮影した我が家では
「小笠原」って書いてあるモニュメントに 世界遺産マークが
ついててほしいよー と思いました。

↑このマークは 唯一、島の観光センターに 「認定書のレプリカ」が
 あっただけでした。
 

ところで RDB (Red Data Book) と聞いて
国際自然保護連合の 絶滅の恐れのある野生動植物 ではなく
「鈴原 泉水子ちゃん!」を連想した わたしって。。。(爆)))

4月3日からTV放映開始だそうですが 角川文庫6巻発売が待ちきれなくて
「銀のさじ」を買っちゃおうかと悩み中。

なんのこっちゃか わからないかたは↓をどうぞ。
http://rdg-anime.jp/

2013年3月29日 (金)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ9 もいちど食べたいランチ たまご フライオニオン添え キーマカレー

客船にっぽん丸 朝ごはん と ディナーに続いて ランチメニューのご報告。

クルーズの目的地、乗客の客層により いろいろ変化があるのだと思います。

1

今回は「世界遺産にちなんで」 「小笠原にちなんで」といったメニューや
日本各地の名物 なども食卓に上りました。

この日は ↑ 博多とんこつラーメン  葱トロ丼 と

ひらすのオランダ煮 ↓

3


豚フィレ肉の生姜焼き ↓

2_2


デザートは水まんじゅう  
という
 中高年の客層を意識した
おいしいものを ちょっとずつ 皿数多く

のランチでした。

にっぽん丸のディナーは 一般的な和食コースと クラシカルなフレンチ 
ランチは ちょっとオシャレな和食と クラシカルな洋食が中心のようです。

通常、「瑞穂」でのランチは 朝食と同じく バイキング形式で
同じ家族でも まったく好きずきに 食べられるのもいいですね。

この日、 わたしにしては軽めに (これでも)
サンドイッチに フルーツ、揚げたてコロッケを 
ポテトとかぼちゃの2種 タルタルソースで
フルーツゼリーと フルーツタルト ↓

31

対して だー(オット)は 
そうめん と 鰻のプチ丼 サラダ盛り合わせ でした。

3_4

3_8

ときどき趣向を変えて デッキでエスニック・ランチとか 
お弁当もあるようです。

この日は「神楽弁当」
デッキに持ち出してもいいですよー というお弁当ですが 
汁ものと お蕎麦は持ち出しNG ということで
お蕎麦を食べたい我々は、席について食べることにしました。

Photo

鰆(サワラ)のたまり焼き 巻き焼きたまご 磯つぶ貝の含め煮
松笠烏賊(イカ)の雲丹(ウニ)焼き シュウマイ 酢蓮
黒豚昆布巻き 牛フィレ肉照り焼き カニ鮭博多(かまぼこ) 煮豆

海老うま煮 ホタテ照り煮 高野豆腐含め煮 ニンジン
北海巻き(こぶ巻き)  烏賊団子 蕗 菜の花

デザートは 浮島(抹茶・小豆)とオレンジ コーヒーでした。

お蕎麦にこだわったのは、メニューに書き出してあった

「盛り出石そば」 に興味があったためです。

1_2

出石(いずし)そばは、兵庫県豊岡市出石町を中心に食べられているもので
もともとは お手しょう (小皿)に 2~3口分のお蕎麦を盛ったものだそうです。

にっぽん丸ランチの 出石そばは ふつうの盛り用のざるに盛られていますが
お蕎麦は おかわり自由とのことです。

2_3

揺れる船内で お蕎麦をおいしく 大量に茹でるのも
ご苦労なことだろうな と思いました。

でも、今回のクルーズ中で いちばん おいしかったのは
こちらの キーマカレー

メニュー名は 「ひき肉のカレー」でした。

1_3

ごはんにレーズンが混ざって、パセリがかかっており
ナンが一切れついています。

ひき肉のカレーに 茹で卵のみじん切りと フライドオニオンのトッピングが
付いていて、 塩味が濃いめに付けられており
おなかに余裕があれば ごはんやナンをおかわりしたかったのですが
盛り付けられた分量で おなかいっぱいでした。

これは また 食べたいな~。

とにかく 乗客を飽きさせない工夫がこらされています。

2013年3月28日 (木)

ゴディバの人気ドリンク ショコリキサーに 新フレーバー

にっぽん丸の リドバーで サーブされている

ゴディバの ショコリキサー

2

ふつうに お店でたのむと ¥500以上するものが

お船の上では 「お好きなだけどうぞ」 なので

わたしも 6日間の船旅の間、 2回も楽しんじゃいました。

Photo

その ショコリキサーに 新フレーバーが登場したとのことです。

↓ 写真は下記URLから転載しました。

Photo_2

新フレーバーの名前は

『ショコリキサー ホワイトチョコレート ロイヤルミルクティー』

2013年8月28日(水)まで、
ゴディバ限定店舗にて期間限定販売中 だそうです。

リンク: ゴディバの人気ドリンク「ショコリキサー」に新フレーバー - 速報:@niftyニュース.

2013年3月27日 (水)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ8 にっぽん丸で いちにちじゅう食べる

客船 にっぽん丸では 朝6時半から 夜11時半まで
船内のどこかで 必ず何か食べられるようになっています。

Photo

旅行の頃の(2013年3月中旬 東京-小笠原 間) 日の出は 5:45ごろですから

日の出を見るため早起きした アーリーバードさんには

6:30~7:30 ラウンジ「海」にて コーヒー 紅茶のサービス

6:30~12:00 ホライズンラウンジでは コーヒー 紅茶 ジュース ペストリー

Photo_2

7:30~9:00(L.O.8:45)ダイニング 「瑞穂」と「春日」で朝食

9:00~12:00 ライブラリー横の eカフェにて 喫茶

Photo_3

9:00~22:30 プールサイドのリドテラスでは お茶だけではなく 
          
名物 ゴディバの ショコリキサー (チョコレート・シェイク)
          
が 楽しめます。 
 プラス 10:00~18:00 は フルーツバーが並べられ フルーツ食べ放題

そうこうしているうちに ランチになり

12:00~13:00(L.O.12:45)ダイニング 「春日」で昼食

12:00~13:30(L.O.13:15)ダイニング 「瑞穂」で昼食 です。

Photo_8

11:00~16:30 ラウンジ「海」にて コーヒー 紅茶のサービ
           途中2度ほど 生演奏が楽しめます。

Photo_4

 (↑ 鳥島 観察用小屋が並ぶ様子)

14:30~19:00 ホライズンラウンジでは コーヒー 紅茶 
     プラス 14:00~16:30 は アフタヌーンティー
          我が家は リドテラスより こちらのほうが「お気に入り」で
          かなりの頻度で入り浸っていました。


Photo_5


そして
18
:00~21:00(L.O.19:00)ダイニング 「瑞穂」と「春日」で夕食

以前のクルーズでは 2交代制だったので 申し込み時に
レイト・シーティング(遅く食事をはじめる方)にしておいたのですが
今回は参加者が少ないようで 交代なしでした。

その後は
22:30~23:30(L.O.23:15) 瑞穂にて 夜食がサーヴされます。

Photo_6


以上がすべて船の代金に含まれている分。
これ以外にも

寿司バー「潮彩」が 12:00~13:00 と 19:00~24:00 営業しており
左党のために 4階 ドルフィンバー が 21:45~23:30
          6階 ミッドシップバーが 11:00~24:00

          5階 ネプチューンバー は 20:30~01:00 
飲み物のサービスをしていました。

以上の食事場所・時間・内容は 
クルーズによって若干の変更があるようです
ので、
詳しくは クルーズの際にご確認ください。

Photo_7

不夜城の 客船は それでも眠らない船客のために
カードルームは 24時間オープンさせてあって
徹夜マージャンなんていうかたも 長期航海では、いらっしゃるようです。

もちろん フロントデスクも ホテル並みに24時間対応してくれます。

乗船中にクレジットカードの登録をしておくと
下船時には 精算ナシで降りられて、混雑に巻き込まれず便利です。

この精算金には 食事中のお酒、オプショナルツアー代金、
ショップでの買い物 
などが含まれます。

Photo_9

では 次は 実際のランチの写真を中心にご報告します。

2013年3月26日 (火)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ7  3日目 クジラ イルカに 大コーフン

2013年03月14日  クルーズ3日目。

クルーズ :  Voy-102 東京発着 小笠原スプリングクルーズ

              
現在位置 : 北緯27度05分13秒 東経142度11分48秒

天   候:  天気:晴れ 気温:23.5度 海水温:19.5度
( 海象 )   東南東の風 8メートル    
     
        小笠原諸島父島二見港沖のブイに係留中です。

Photo

良い天気なのですが、低気圧が接近中とのことで予定が変わりました。

たぶん明日は海が荒れるだろう、との予想をうけて
翌日に予定していたホエールウォッチングを この日の午前中に
午前中予定していた島内の自然観察を 午後に変更してもらいました。

Photo_5


お天気相手の突然の変更で
スタッフのみなさんも 島の観光関係者さんも ご苦労だったことと思います。

↑ 写真は 定期連絡船の小笠原丸と 停泊中の にっぽん丸

   6,700トン 全長 131 メートルの小笠原丸は着岸できますが
 22,000トン  166 メートルのにっぽん丸は ムリだそうです。

1

漁船に乗り込み 南島方面を目指します。 

「普段は漁師なもんで お話はあまり得意でなくてー」とご謙遜のガイドさん
じゅうぶん わかりやすい 楽しい説明でしたよ。


Photo_8


小笠原の海の色 ボニンブルーというそうですが まさに特別な色。

ちなみに 小笠原諸島のことを 英語で
Bonin Islands といっていたことに由来するそうですが これは
江戸時代 小笠原が無人島(ぶにんしま)と呼ばれていたことから。

Photo_2

午後のガイドさんにも教えていただいたのですが
島固有の動植物には 「ブニン」 
または「ムニン」という名前がつくものが
多いとか。

0_2

そうこうしているうちに 「左手前方10時の方向 潮ふきましたよー」との声

1_2


「どこどこっ?」 と あわてているうちに 数分後また。

親クジラは息が続くので 一回吹いてしまうと 当分姿はあらわさないそうですが

「仔クジラですねー」

1_3


ざっぱーん

Photo_7

まるで 「ばいばーい」って 手をふってくれたみたい

Photo_9

クジラにあえて よかったねー 満足 と言っていたら

「日ごろの行いがいい人がいますねー ハシナガクジラの群れです

 200頭ぐらい いるんじゃないかなー」 とガイドさん

2

船の下をもぐったり 船と並走したりしてくれます。

触れられるぐらい近くに来てくれたんだけど
大コーフンの ワタクシめは シャッターを押すのを忘れて
はしゃぎまわっていました。

Photo_10

2013年3月25日 (月)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ6 にっぽん丸の フルコースディナー

2013年3月13日

小笠原 父島へ向かって航海中のにっぽん丸は
寄港地なしの一日航海日。

Photo_11

乗客には、ゆっくりドレスアップする時間があるので
今夜はセミフォーマル・ナイトです。

Photo_8

といっても、長期間クルーズと違って
「世界遺産の小笠原でハイキングするぞー」という目的のかたもいらっしゃって

ブラックタイ、ロングドレスのフォーマルではなく
「お手持ちの2番手を お召しになってねー」のセミフォーマルです。

男性は ふつうのスーツ、 女性はふつうの きれいめワンピが一般的。

ただし中には、蝶ネクタイにカラーのジャケット 
なんていう おしゃれなおじいちゃんも いらっしゃいました。

Photo

桜鯛のカルパッチョ 梅肉ソース

Photo_2

春キャベツの温かいクリームスープ

Photo_3

オマール海老のパートフィロ包み焼き トマトソース

Photo_4

ジンジャーソーダのグラニテ

Photo_5

テンダーロインステーキ 和風ソース
 ( 生姜風味のおろしソース)

Photo_6

トマトとクリスタルリーフのサラダ
 アイスプラント得意みたいですね。。。

Photo_7


アップルマンゴとウッフドココ
ストロベリーチーズアイスクリーム添え

このデセールも2度目ですが アップルマンゴおいしかった~

しかも アイスクリームの口直しに添えられているスポンジが

2

いるか形 しかもベリー風味。

この船のいいところは、ワインのボトルキープができること。
抜栓から三日以内に飲みきる というルールです。

これなら、夫婦二人で 白と赤 2本こころおきなく楽しめます。

ちなみに 夜食のサービスもあって

Photo_9

「明石焼き」が だーのツボにはまってしまったらしく

「絶対食べる」と言い張り しかも 明石焼きだけじゃなく

Photo_10

柿や ぶどう そのほかに「きんつば」まで 楽しんで
翌朝は 胃もたれをうったえていました。
さすがに これ以降は 「夜食メニュー」は見ないようにしていたみたい。

2013年3月24日 (日)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ5 船内アクティビティ

小笠原 春のクジラさがしクルーズ 最初からごらんになりたい奇特なかたは
こちらから どうぞ ↓
http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/4-e3d4.html

Photo_2
 2013年 3月 13日

 にっぽん丸 クルーズ 
 :  Voy-102 

 東京発着 

 小笠原スプリングクルーズ
 

          
 12時00分 の位置 :

 北緯30度57分10秒 
 東経140度13分39秒

 天気:晴れのち雨

 
 気温:21.0度 
 海水温:19.0度

 南南西の風 12メートル
      
 

今日は1日船内生活の日

 アクティビティーはもりだくさん。 
 いちにちじゅう体を動かしたい人、ずっと映画を観たい人、にも対応可。
 ずっと食べていたい人はそれも可能なのです。

 一日じゅう 愛読書を手に海と空を堪能なさるかたも。
 

 我が家は朝からダンス教室
( 参加だけしてみましたが~ いきなりワルツで 残念)

Photo

カクテル講座 3つのカクテルから選べて シェイカー振らせてくれます。
バーテンダーさん お二人とも教えじょうず~
これは有料講座で 材料費として ひとり¥500 かかります。
定員15名なので 二人ぶんの整理券ゲットのため2度並びしました。
 

小笠原講演

元ホエールウォッチング協会理事の古賀昭仁氏による
小笠原の歴史と 世
界遺産登録までの変遷、小笠原のみどころなどのお話。

Photo_3

ランチをはさんで(食事の内容についてはのちほど詳しく)

Photo_4

だー はマジック教室へ
わたしは タガログ語教室へ (教える立場で、いい勉強になりました)

この間、鳥島を通過。 船は ぐるっと鳥島を一周します。


Photo_5

それから 孀婦岩(そうふいわ)を通過

Photo_7

孀婦岩(そうふいわ)の 「孀」というのは「やもめ」の意味だそうで

つまり 寡婦のこと。 
形が子供を抱いて立ちすくす女性の姿に似ているから、とか。
↑これは 後ろ姿です。

夕方になって 空は曇って風もつめたくなってきたころ

Photo_9

いるかの群れが 船と並走してくれたり
遠くに クジラの潮が見えたりしました。

そして だーは 映画を見に シアターへ

Photo_22

わたしは 優雅にアフタヌーンティーをはさんで お風呂タイム
ドレスアップして カクテルパーティーへ

Photo_13

フルコースのディナーのあとは(食事の内容についてはのちほど)



Photo_16


ドルフィンホールでの楽しいコンサート

Photo_14

諏訪光風さん率いる 「ウィンドグルーヴ」は 第一Vのかわりに ガットギター
第二Vのかわりに フォークギター それからチェロ コントラバス と

クラシックの弦楽四重奏より一段低い音でのアンサンブル。
客層に合わせた選曲と構成で

エンタテイメントって お客が喜んでナンボなのよねー という
思いを強くさせてくれる 楽しい1時間でした。

2

落語 で大笑いした後は

デッキへ出て 星座教室 でした。

Photo_17

教えてくださるのは 三等航海士の 石渡さん ↓(にっぽん丸HPから転載)

Photo_19

電灯ポインターを使って わかりやすく説明してくださいました。
楽しかった。もういちど聞きたいな。

Photo_21 元気なかたは そのあとも

  ソシアルダンス
  カジノ
  ナイトシアター
  夜食 

   と 楽しんでいらっしゃいました。 

  平均年齢60代とお聞きしましたが
  みなさん お若い!

  わたしは11時すぎには幸せ~に眠りにつきました。 
このあとは 2日目に食べたものを中心にお伝えします。

2013年3月23日 (土)

「梅ジュースじゃなくて梅酒だわ」ってびっくり サントリー 「まるで梅酒なノンアルコール」 

昨日は 日本語教師の同期生仲間たちと 1年ぶりの同期会

1  居酒屋さんでの のみほコース。

  あ、オトナのみなさん ご存知でした?

  ワカモノことばで 飲み放題も
  短縮されて 「のみほ」

  になってます。

  で、ワカモノのみなさま

 オトナは こういう言葉知りません。

  短縮形使って「えっ?」って言われたら
 フルネームで もういちど言ってみてね。

閑話休題

その 飲み放題コースの飲み物、選択肢が多くて しかもカクテルがいっぱい

ええーめんどくさそう だいじょぶなの? と思ったワタクシが古い。
最近、各酒造メーカーさん がんばって「カクテル」出してます。
つまり居酒屋さんは注ぐだけなのね。 

まあ、コーヒーとインスタントコーヒーが全く別の飲み物であるのといっしょ
と考えればいいのかもしれません。

最初の乾杯は瓶ビールで、そのあと白ワインはジェイコブズクリークだというので 白ワインをくぴくぴ飲んでましたが

ちょっと飲みすぎかなー と 「ノンアルコールの梅酒」があると
メニューに書かれていたので たのんでみました。

「やだ、これ 普通のおいしい梅酒の甘めのヤツじゃない」

 味も香りも まったく 梅酒といっしょ。

 これなら、いっくらでもおいしく飲めます。

Photo

ノンアルコールは ビールにせよ ワインにせよ他のアルコール風飲料にせよ

「いまひとつ」な感は否めないのですが
この サントリー 「まるで梅酒なノンアルコール」は

梅ジュースじゃなくて、ほんとの「梅酒」の味と香りです。

いやぁー これ、気に入りました。 今度まとめ買いしておこっと。

難点は「甘い」ところかなぁ 

画像はサントリーのHPから転載しました。

http://www.suntory.co.jp/umeshu/marude/

今後のノンアルコール飲料の開発に興味がわいてきました。

おいしく呑みたいのよ。だけど健康も気になるのよ。。。

日本語教えます 1回2時間 ¥120 生徒さん募集中です

日本語教室 2013年度4月 開講のお知らせです。

Photo_2

板橋区 文化国際交流財団のバックアップで
半年間 ¥4,800 プラス 教科書代 で学んでいただけます。

詳しくは ↓ 板橋区 文化国際交流財団のHPをごらんください

http://www.itabashi-ci.org/int/files/2011/10/2013.3_j.pdf

私が教えるのは 火・金の夜コースです。

先日の2012年秋コースの修了式では

スタート時、自分の名前も書けず、「こんばんは」を知らなかった人たちが
半年で 自己紹介や仕事の簡単な説明など
みんなの前でスピーチできるようになったことを披露してくれました。

新しい仲間をお待ちしています。

みなさんの周りの外国人のかたに 声をかけてみてください!!

彼らの日本語が上達すると、楽になるのは みなさんたちですよ。

語学の学習には手っとりばやい方法なんてありません。
コツコツ覚え、過ちを恐れず発話を繰り返すのみです。

でも、教えるには ちょっとしたコツやテクニックがあります。

どうぞ 日本語教授のプロ・経験者たちにお任せください。

2013年3月22日 (金)

残念なロコモコ

昨日は 「句会」。

指導者役の「先生」からは 「盛り込みすぎ」とのコメントをいただいた。

「ことばの強さを考えて 引き算することも必要なんだなー」と勉強。

あーほんとに 何をしても勉強になります。 うれしいな。

大学の授業とぶつかるので なかなか出席できずにいますが
みなさま お見捨てなく。

さて、ランチは ロコモコ。

ハワイで ここ20年ぐらいの間に一般的になった料理。

「はじめて見る」という友人も 何人かいたので 中身の説明をば。

Photo

いわゆる 白いごはんの上にハンバーグと目玉焼きを乗せて
グレイビー・ソースを かけたもの。

お店によって ソースはケチャップ味だったり いろいろですが

私の好みは グレイビープラス おしょうゆ に ちょっとドゥミグラスソース
そして 卵は半熟より ちょっと良く焼き なのです。

このロコモコはちょっと残念。。。なので細かいコメントと店名はナイショです。

昨日「へえーウマそうだねー」と 言っていた友人諸兄。 
「おすすめしません」よ。

2013年3月20日 (水)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ4 朝ごはん

2013年 3月 13日
にっぽん丸 クルーズ :  Voy-102 東京発着 小笠原スプリングクルーズ

              
12時00分 現在位置 : 北緯30度57分10秒 東経140度13分39秒

天   候:  天気:晴れ 気温:21.0度 海水温:19.0度
( 海象 )   南南西の風 12メートル    
     
今日は1日 船内で生活の日です。

 北海道クルーズでも朝の体操は皆勤賞だったので、今回も早起きします。
 今朝は、少し 揺れているとのことで ドルフィンホールでの体操。

 しっかり汗をかきます。

1

朝ごはんはレストランが選べました。
本来、ステイトルームの我々は 昨夜食べたメインダイニング「瑞穂」
で、朝昼晩三食たべるのですが、席に空きがある場合は
スイートルーム客用のダイニング「春日」でも食事ができます。

1_2

今回のクルーズでは 5階6階の 良いお部屋は かなり空きがあったようで
毎日、特に予約しなくても 「春日」で食べることができたので
日参してしまいました。

2

基本的に卵料理のコース と 
日替わりでパンケーキかフレンチトーストのコース が選べ

3

オムレツのコースは ハム・ベーコン・ソーセージが選べて

温野菜が日替わりです。

4

両方のコースをオーダーすることも可能で

5

いろいろ試してみるうちに わたしは オムレツはプレーンで フルサイズ

ベーコンを添えて パンケーキかフレンチトーストを1枚

というのが一番好みだと知りました。

6

スープは基本、コンソメで具が日替わり。
サラダも トッピングが少しずつ日替わり。

カット・フルーツも 少しずつ日替わり。 

あ、ジュースも3種類から選べるのですが、
オレンジ・トマトともう1種類が日替わりでした

2013年3月19日 (火)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ3 1日目 ディナー

船に乗ってると退屈しない? と よく質問されるのですが
1_4 そんなことは全くありません。

 アクティビティが 目白押しで
 もう、 やりたいことを 
 全部やろうと思ったら
 
 船内を駆け回ることになります。
 

 毎朝 ドアの横の新聞フォルダーに
 
船内新聞が入っています。

 1日目のきょうは
 17時 出港以降のスケジュールが
 載
っていて、
 ふたりで何をしようねー
と 相談します。

 とりあえず ゆっくりお風呂につかったあとは 
 どっちのベッドを使うか
 
クロゼットの引き出しは 
 どっちが どれを使うかを決め

 荷物を全部出して 
 クローゼットにしまいます。

船内新聞には ディナーのドレスコードは「カジュアル」 
18:00から21:00が
 ディナータイム とのことなので

「ゆっくり行く」ことにしました。 
服装は「きれいめカジュアル」。都内の普通のレストランにディナーに行く感じ。

12

前菜: 梅鏡(甘い梅煮に寒天の衣)、エシャロットもろみ味噌、牛肉の黒胡椒焼

おつくり: 縞鯵

煮物: 合鴨の冶部煮

焼物: 金目鯛の若草焼き 梅紫蘇巻き添え

揚げ物: 海老、春野菜(うるい・こごみ・ふきのとう・タラの芽)

小鉢:蕨のごまよごし

122

お酒は ビールのあと、「白神山地の四季」

どうして白神? と思いましたら 「小笠原と世界遺産つながりでしょう」と。

吸い物: 梅そうめん、柚子

ご飯: 筍ご飯

香の物: 赤蕪漬け、新生姜漬け 

123

デザートは 柿と豆乳桜のムース

コーヒー でした。

ちなみに、にっぽん丸の上では「おなかがすいた」と思ったら いつでも
何かしら 口にできるように 船内のいろんなところで
スナックやフルーツが常時 供されています。

ハウスバンドの演奏、三遊亭萬窓さんの落語などのアトラクションがあり

Photo

その後には 夜食もあって

この日は 「鶏そぼろ あんかけ そうめん」のほか
海苔巻おにぎり ティラミスまんじゅう カット・フルーツ などがメニューにあり

「食べたい」という だー を止めるのに ちょっと苦労しました。

明日は一日航海日、 船内のアクティビティも盛りだくさんです。

2013年3月18日 (月)

小笠原 春のクジラさがしクルーズ2 出港

013年03月12日

クルーズ :  Voy-102 東京発着 小笠原スプリングクルーズ
             
位置 : 北緯35度38分47秒 東経139度46分24秒

天   候(12時現在):  天気:快晴 気温:13.5度 海水温:20.5度
( 海象 )   南西の風 1メートル    
     
東京港晴海ふ頭

1_2
 
大きい荷物は宅急便で船に送り、
小さいスーツケースを だー(夫)に持ってもらって
わたしはいつものトートバッグだけで出かけます。

2_2

乗船は昼間だからカジュアルでOKなのですが、
海外の「そこそこ」ホテルに
チェックインする、くらいのつもりで
きれいめカジュアルで行きます。


だー(夫)は 
メタルボタンの紺ブレザーに
オレンジのカットソー、
明るいグレーのパンツと
革のウォーキングシューズ。
 
わたしは黒プリーツのシャツと
パンツです。
本来ならローヒール・パンプスを
履きたいところですが
病気の後遺症が残っていて、
ふつうに歩くときは 
Finn Confort の革靴です。

上に羽織ったジャケットが 赤だったため 写真うつりが良かったのか
船内フォトグラファーさんの写真に たくさん写っていました。

避難訓練のとき、客室のご近所さんと挨拶を交わします。
おとなりさんは、同い年ぐらいのご夫婦だということがわかり
言葉を交わすと、フレンドリ-で感じのいいかたがただったので
良かった~と ひと安心して 楽しみも増しました。

17時00分 
ドラが鳴り、 船は
東京港晴海ふ頭L岸壁を離れ
小笠原諸島父島の二見港に向け出港しました

Photo

シャンパンとジュースがサーブされ、音楽にあわせて 「かんぱーい」
海上から眺める東京港沿岸は なかなかのよい景色で
みなさん 写真をぱちぱち。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
にっぽん丸の公式ブログ「かもめ課長のブログ」によると ↓
 

http://www.nipponmaru.jp/blog/

以下同ブログからから転載です。(写真3枚も同ブログから転載)

1_3

  晴海客船ターミナルの展望台に来てびっくり。
  左を向けばスカイツリー、右を向けば東京タワー、
  正面にはレインボーブリッジ!と

     東京の観光地を一望できるではありませんか。
  にっぽん丸は年に1、2回ほどの寄港ですが久しぶりに来てみると
     感動があります。

2_3

  普段かもめは晴海港とか東京港と呼んでいますが、
  正式名称は晴海客船ターミナルと言うそうです。
  銀座からタクシーで10分くらいとアクセスも悪くありません。
  コアな東京の観光スポットとして地味な人気もあるのだとか。

3

  ただ今にっぽん丸はこの晴海から小笠原に向かって航行中です。
  世界遺産の小笠原はもちろんですが、

     晴れた東京湾を航海するのも気持ちよさそう。
  デッキ越しに眺めれば見慣れたビル群も魅力的にしてくれそうですね。

。。。。。。 以上 かもめ課長のブログから転載させていただきました。。。

続いて「船内ツアー」が行われた模様ですが
すでに、だいたいの勝手がわかっている 我々は
「このチャンスに 大浴場を一人占めだっ!!」 と
グランドバスに直行しました。

Photo_2

その甲斐あって、右手に夕日に赤く染まった富士山がくっきり。
なんとなーく 幸先のよいクルーズのスタートで ごきげんです。

Photo_3

次は 「美味なる船 にっぽん丸 のディナーです」

2013年3月17日 (日)

4年ぶりの船旅です 東京都 都民クルーズ 小笠原へ1

早いもので 前回 横浜からお船にのって 北海道クルーズをしたのは

なーんと4年も前のことでした。

あっという間に時間は経って ひさしぶりに 「にっぽん丸」AGAIN です。

Photo_7

前回は 母とオットと三人ひとへやで 北海道まで行きました。

その直後に にっぽん丸は 半年の お休みで リニューアルをはたし

リニューアル後の メンバーお食事会で 船内を見て回ったりはしたものの

乗船するのは ひさしぶりのことです。

今回は オットと ふたり部屋です。

1_3

「東京都 都民クルーズ」 という名目で 本来のにっぽん丸の料金よりも
割引になっています。 ちょっと得した気分。

上記2枚の写真は にっぽん丸HP から転載

↓ 商船三井 にっぽん丸 オフィシャルサイト 

http://www.nipponmaru.jp/

12

小笠原の海の色は こんな~

そして クジラに会える

1_2 

しかも 毎日 こんなごちそう。 いいだろう、どーだ!

2

(にっぽん丸HPより転載 http://www.nipponmaru.jp/ )

今朝の日の出はこんな 

Photo

というわけで さんこの自慢日記

「ムカつくわー」とおっしゃるかたも ぜひ 世界遺産への船旅
追体験してくださいねー

このあと、順次アップしていきます。

2013年3月14日 (木)

かまぼこ 新メニューは 「お好み焼き風」

すっかり 鈴廣かまぼこの 大フアンになってしまった さんこです。

たいてい「○○ファン」っていう人の言うことは
割り引いて聞いたほうがよいのですが

この 「お好み焼き風 あげ天」 は ほんとにおすすめです。

1

「あげかま 屋 すず天」を 電子レンジでチンして
ソースと マヨネーズをかけ かつお節を ちらしただけですが

2

なかのキャベツや 玉ねぎなどの お野菜が しゃきしゃきで

「もっと まとめ買いしてくれば良かった~」と悔やんでしまう
おいしさです。

Photo

http://www.kamaboko.com/sato/shisetsu/suzuten.html

↑ くわしくは 鈴廣さんのサイトをごらんください

2013年3月13日 (水)

かまぼこ新メニュー  イタリア国旗色 かまぼこサラダ

先日、フードアナリストのお仕事で かまぼこ「鈴廣」社長にお目にかかって
お話をうかがってから すっかり「かまぼこ」ファンになりました。

というわけで

今日は かまぼこアレンジの新メニュー

イタリア国旗色 板かまサラダ

なかみは 
板かまぼこを 12ミリにカットしたもの
スナップえんどう
ミニトマト

きっちり12ミリにカットなんてできなーい というかたは

「切れてるかまぼこ」をお求めになってください。

Photo_5

鈴廣さんの「切れてるかまぼこ」には わさび と かまぼこ用ドレッシングが

ついてますので、両方をまぜあわせ、ゆずのしぼり汁と お醤油を たらーり

で、ほんのりバジル・わさび風味の 自家製ドレッシング 
別名一期一会 ドレッシングのできあがり~

ちなみに 板かまぼこは 12ミリの厚さが いちばんおいしいそうです。
おためしあれ

2013年3月12日 (火)

ナニで春を感じますか? 我が家は花よりダンゴで 「いかなご」です

暖かくなってきましたね。

みなさん ナニで 春だなー って感じますか?

足元の草花だったり つぼみがふくらんだ桜の木だったり

おもわず くしゅんと 悩まされる花粉だったり ?

我が家は 神戸のいとこ宅から 毎年贈ってもらっている

「いかなごのくぎ炊き」です。

関東のかたには なじみが薄い「いかなご」ですが
関西では 漁の解禁日が決まっていたり、の 大人気メニューです。

我が家も大好物。いとこ宅は いつも ちいさい極上品を贈ってくれます。

Photo_6

で、いとこ宅の いかなご煮には しょうがのほかに 山椒の実が入っていて

もう その あまじょっぱい味で 白いごはんのすすむこと すすむこと。

で、もったいない と思いつつも ついついやってみたくて
作ってしまいました。 
玉ねぎと卵と「いかなごのくぎ煮」だけのあっさりチャーハンです。

「いかなごチャーハン」 もったいないけど やっぱり外れなくおいしく仕上がりました。

いかなごの今年の漁解禁は 2月の23日。

神戸育ちのワタクシですが、昔、我が家が 「くぎだき」 を口にできたのは
毎年たいてい3月も下旬になって、イカナゴも3~4センチになったころ。 

ゴールデンウィークになると とても同じサカナと思えないほど

大きくなって、子供のわたしたちは 脂ののった イワシ大のイカナゴには
箸が伸びにくくなるのですが、それはそれで おいしかったような。。。

イカナゴについてくわしくは ↓ ぼうずコンニャクさんの 魚類辞典をご参照ください

http://www.zukan-bouz.com/suzuki/wanigisuamoku/ikanago.html

ところで

さんこ宅は 今日から 毎年恒例 春の旅行です。

今年は海外ではなく、世界遺産の 小笠原へ行ってきます。

しばらく更新がなくても ご心配なく。

昨日、父島でオーベルジュをなさっている サトーさんから

「今年は クジラがすごいですよ」 というメールをいただいて
わくわくしています。

では いってきまーす!!

2013年3月11日 (月)

世界で一番有名な日本人は? 「とっても大好き」

先日 銀座をぶらぶらしていたら

おっきな どらえもんに おもわず呼び込まれてしまいました。

Yrstyle1

オリジナルグッズ製造販売のYr style  さんの店頭で

期間限定で 開催されている 
人気者キャラクターグッズ 販売

 「今日から どらえもん です」

日本語学校でも どらえもんは大人気。

いい大人がどうして? と思うのですが
どうやら

「国でTV放映を見ました」 という人が多いのです。

つまり各国語に翻訳 吹き替えされた どらえもんが

日本の象徴にもなっているのですね。

昔は 世界でいちばん有名な日本人は? という質問の答えは
「オノ・ヨーコさん」 だったのですが

今では間違いなく「どらえもん」です。

えーーーと 「人」かどうか というツッコミは とりあえず
「ロボットでしたよねー しかも実在しないしー」 とお答えしておきます

お店の情報は こちら ↓

http://www.yrstyle.jp/shop/info/shop_info.aspx

2013年3月10日 (日)

ビストロ デ のんき BISTRO DE NONKI  に 白ワインがおいしい季節になりましたね

オットとまちあわせて 食事。

よく、会社のお嬢さんたちを連れていく、というお店へ。

昭和通から1本入ったところ というか 野村証券本店のウラというか。。。

あれー 「たいめいけん」のそばなんだねー 懐かしいねー

3階建の ちいさなお店。

まずは 喉がかわいたので ハウスワインの白をボトルで

二千円台のものにしては 満足の味~

Photo

ーほうれん草のサラダ~照焼きチキンと温たまのせ~

のドレッシングが濃いめの味つけで ワインのあて によいです

トロサーモンとアボガドの生春巻 は

ついている サルサ・ソースじゃなくて
サラダのドレッシングのほうが わたしはスキ。

Photo_2

完熟トマトのブルスケッタ 

Photo_3

濃厚ゴルゴンゾーラのクリームペンネ

↓ うっかり写真を撮り忘れたのでお店のHPより転載

http://r.gnavi.co.jp/g754200/

Photo_4

こってり クリームで ブルーチーズ好きにはたまりません。

さくっと食べて
デザートはうちで アイスクリーム食べよー と終わってしまったので

ものすごくリーズナブルなお値段でした。

帰りがけにシェフから
「あれー ずいぶん早いお帰りですねー」と言われたオットは
「今日の連れは女房なのでー」 と、わけのわからないことを言ってました。

今度はお店のウリの「生うにのパスタ」も食べてみたいし
オムレツもおいしそうだったし

「シェフ渾身のスモーク」も試してみたいなー と
次はいつにしようか考えています。

のんき 
住所 〒103-0027 東京都中央区日本橋1-8-5 

 
営業時間 11:00~14:30(L.O.13:45) 18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日 土・日・祝

ノンキダイニングバー / 日本橋駅三越前駅茅場町駅

2013年3月 8日 (金)

鈴廣「かまぼこの里」内 千世倭楼(ちょうわろう)で鯵メンチの小田原づくし丼 さっくさくで ふわとろでした

箱根登山鉄道 小田原から2つめの「風祭」駅すぐ

鈴廣「かまぼこの里」内 千世倭楼(ちょうわろう)にて

フードアナリスト3人で ランチしてきました。

立派な建物は、秋田県旧平鹿郡大森町から移築された  書院造りの建物で
築140年。国の登録文化財だそうです。

Photo

くろぐろとした 柱や梁、床板など 見事です。

ごいっしょしたフードアナリストさんが この会社の関係者とお友達とのことで
「割烹 潮の音」 に 席を取ってもらっていました

(本来は12時以降は 早いもの順だそうです。
        
 お蕎麦のお店は3組が待っていました)

ほかの二人はかまぼこづくしご膳 1,890円を選んだのですが

1

2

↑(写真のほかに  「かまぼこの炊きこみごはん」がついていました)

わたしは 小田原の飲食店がまち興しのひとつとして行っている

「小田原丼」に興味があったので 鯵メンチの小田原づくし丼にしました

くわしくは↓ 写真もこちらから転載。

http://genki-odawara.com/don/details.html?id=20

Photo_2

「鯵メンチの小田原づくし丼」 は

あら汁、香の物、魚のカルパッチョ、地野菜スティック で  2,100円

というコースのはずだったのですが。。。

席をアレンジしてくださったかたが 気を配ってくださって

通常のコース以上のものが プレゼントされていました。(感謝!!)

Photo_3

「こちら ○○さんからです」と運ばれてきたものは

Photo_4

料理長おまかせコースの 先付と同じもののようです。

折敷に霧が吹いてあり 木製のお匙の先が ほんのり湿らせてあります。 

「熱いうちにお召し上がりください」という蓋ものの中は

Photo_5  

白子の塩麹蒸し 
ふるふるの茶碗蒸しの中に 白子~ happy01 

Photo_6

「小田原丼」 は 小田原名物「木の葉丼」の仕立てで
(さすが かまぼこ屋さん) 

あつあつ サクサクの 鯵メンチカツが ふわっふわのたまごとじご飯
の上に 2つものっかっていて 女性には かなりボリューミーです。

Photo

まぐろのカルパッチョと 香のもの

Photo_2

野菜スティック。 ディップは 梅マヨネーズと なめ味噌。

何より 大きなお椀の お汁が
生海苔の とっても とっても いい香り。 濃い緑も美しく 
「これでもかっ」というほどの量の生海苔が入っています。

生海苔というと、お吸い物の吸い口に ちょこっと
というのが 今まで食べたものでしたが

さすが海の幸豊かなところなんですね。

お味噌汁のメインの具に使えるほど 新鮮でお値段も手ごろに
手に入るんでしょうね。 うらやましい !

堪能しました。

Photo_3

この後、大事な用事が控えていたので、体調万全を期すためにも

「食べすぎないようにしよう」 と思ってはみたのですが

ついつい 箸がすすみ 全部ぺろっと食べてしまいました。

今度は かまぼこ作り体験しに、また来ます。

鈴廣かまぼこの里 お食事処  千世倭楼 (ちょうわろう) 潮の音

〒250-0032 神奈川県小田原市風祭50

平日昼 11:30~15:00(L.O.14:00) 夜17:00~22:00(L.O. 20:30)
土日祝昼11:30~16:00(L.O.15:00) 夜17:00~22:00(L.O.  20:30)

2013年3月 3日 (日)

女性シェフのイタリアン 大山商店街の マンマ・ジョイーレ Mamma Gioire

 大山商店街の マンマ・ジョイーレ Mamma Gioire に行ってきました。

 日本語の教室ボランティアの仲間たちと、スピーチ大会の打ち上げ会。

Photo

実は 「散歩の達人2月号」で見て

「今度行きたいねー 」と仲間と話をしていたので。

Photo_2

しかし、。。。 メニューが豊富で目移りするし、オーダーするなり

 あ、これ おいしーねー

 のむのむ たべるたべる しゃべるしゃべる。。。

 これも ワインにあうねー

 のむのむ たべるたべる しゃべるしゃべる。。。

途中、シェフとおぼしき 感じの良い女性が お皿を運んできてくれて
お話したかったんだけど、仲間の話が盛り上がってしまい、
お話することが
できませんでした。

 残念ー

Photo_3

すっかりよっぱらって 写真をとるのを忘れました。

おすすめしたいメニューは 「ブルーチーズのさつまいもグラタン」

おもわず「パンください!」っていってチーズソースをつけつけして食べました。

パンも 本来のポーションは2個一皿らしいのですが「みなさんに1個づつ、お持ちしましょうか」と 対応してくれました。

トリッパも あつあつでした。

このほか シーザーサラダ・お野菜のココット焼き・ピッツア2種類

チーズ盛り合わせ・ハム盛り合わせ

  わたり蟹のパスタは 想像していたより身が多くて
 余ったソースが食べたくて またパンを追加してしまいました。

7人で ワインを( にごり赤泡・白・赤2本)、おなかいっぱい食べて
 おひとり ¥4,000 ちょっと

  様子がわかったので 今度はもっと好みの食べ方が もっとリーズナブルに
 できると思う。

2

それから今度はランチをためしてみます。

店名 マンマジョイーレ 板橋区大山 (Mamma Gioire)
 
住所  東京都板橋区大山町31-2 伊崎ビル 2F

年中無休 11:00~22:30(LO22:00)  (曜日によって多少異なります)

はじめて行ってみようかなー とお思いの 地元民のみなさまへ
地図だと なかなか場所のイメージがわかないと思います。
(なんたってハッピーロード大山の中ですから)

大山駅を背にしてハッピーロードの右側です。

入って最初のパチンコ屋 「パチンコ楽園(手前にお花屋さんのある)」の3軒先です。

大地書店の先、角のお花屋さん「美麗園」の2階です。

マンマジョイーレ 板橋区大山イタリアン / 大山駅板橋区役所前駅中板橋駅

2013年3月 2日 (土)

ひなまつりの お寿司は 柚子酢で

徳島旅行、いろいろ楽しかったですが

Photo

最大の収穫は 柑橘酢のおいしさに目覚めたこと。

Photo_2

虎屋壺中庵さんの まながつお酒盗焼きの下にしいた

水菜の その 香りのよいこと 地元の柚子です とのことでした。 

6

これは 是非 マネしたいと思ってます。

たぶん 酒盗だけじゃなくて たらことか いかの塩辛とか アンチョビ

なんかとの相性も良いハズ。

昨日は買ってきた柚子をしぼって ひとあし早く
雛祭りのちらし寿司を作りました。

Photo_3

日本語教室に持っていって 受講生さんに配りました。

インドやネパールの受講生さんは ベジタリアンが多いので
ベジタリアン寿司です。

「先生 何がはいっていますか」という質問だったので

板書したのは

「ごはん・かんぴょう・あぶらあげ・だいずそぼろ・にんじん・さやえんどう・たまご

 ちょうみりょう( すーゆず・さとう・しお・こぶだし) 」 

ほかの具材は口で説明できるけれど 柚子は無理かなーと思ったので
実物を持っていったら

くんくんにおいをかいだ インドの男性が

「同じ花(植物のこと) インドにもあります」と言っていました。

ただし彼は完全なベジタリアンなので 「たまごアウトで(はずして)たべます」

と言っていました。

<徳島県・木頭いのす>柚子果汁2本セットのレシピモニター10名様募集!

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »