フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

かんぽの宿 徳島で 冬会席「阿波の宴」

四国 徳島に行ってきました

Photo

徳島2泊目は 眉山にある 「かんぽの宿 徳島」

Photo_2

夜・朝 2食付き 温泉つき(加温・加水あり)

いつもながら かんぽの宿は どこもお風呂がいいし 料理もなかなか。

この内容で 1泊2食つき ひとりあたま ¥11,600 というのは

かなり コストパフォーマンス良しです。(駐車料金も含みます)

1

お酒 最初は常温で

つぎから 冷酒で

2

3

阿波尾鶏(あわおどり)の豆乳鍋 が 目新しかったです

4

 海老しんじょ と 小ふぐのてんぷら

5

6

フロントの男性も女性も
売店のスタッフさんも お部屋係のかたがたも

みんな気持ちの良いかたがたでした。

ただし、夜 暗くなってから はじめて車で行かれるかたは
ちょっとしたスリルです。

Photo_3

かんぽの宿 徳島旅館 / 佐古駅蔵本駅二軒屋駅

2013年2月25日 (月)

キャーヴ ドゥ ギャマン エ ハナレ (Cave de Gamin et Hanare)

キャーヴ ドゥ ギャマン エ ハナレ (Cave de Gamin et Hanare)

にはじめて行ってきました。

外国からのお友達のもてなしに。。。
ご本人のリクエストは「和食」だったのですが、
「すしー さしーみ てmmmぷぅーら すきー」のレベルだったので

フュージョン和食がいいかな。。。と こちら。
大ファンのかたが多い 人気のお店だそうです。

Photo

とうもろこしのムースと生うに。。。これはひとり1皿

Photo_7 

山菜(うど・わらび・うるい・そらまめ)とチキンのジュレ・ごまソース

Photo_3

ほお肉とアスパラ。。。味濃いめ
特製のパン。
かつお風味のパンとあわせると 出汁の味が濃ーくて coldsweats01

Photo_4

イカのガーリック味ソテー。。。味濃いめ

このあと あぶりづけ鮪とアボガドわさび。。。味濃いめ

Photo_5

フォアグラ  。。。味ものすごく濃い

それにしても 大人気のお店らしく満席?なのか
料理のサーブが ものすごく ゆっくり

Photo_6

メンチカツ 前のお皿と時間があいたので、気分は「早く帰りたい」で 
そそくさと完食。 

ワイン¥7,000台のもの一本と 以上の料理を三人でシェアし、

おひとり¥15,000 程度。 リーズナブルかどうかは個人のご判断で。

印象的な料理が多くて さっぱり印象に残らなかったような。。。

ただし、体調も良くなかったので 今度リベンジしたいですが
お酒が高すぎるので どなたかのオゴリじゃなきゃ もう行けないかも

白金駅から徒歩10分。 とっても「おされ」なお店で
大ファンが多いそうです。

う~ん。。。しょっぱかった coldsweats01 

キャーヴ ドゥ ギャマン エ ハナレ (Cave de Gamin et Hanare)

住所 東京都港区白金5-5-10 B1F

営業時間 18:00~24:00
定休日 日・祝

2013年2月22日 (金)

女子大生のランチ会 進級(の予定)・卒業おめでとう!

大学のお友達 まやちゃんと みやちゃんが 遊びにきてくれました。

1

メインは いつもの ビーフストロガノフ フェットチーネがけ

2

デザートは 市販のフルーツロールに 手作りいちごジャム。

女の子の自宅 パーティーは とっても楽しい。

来学期の単位登録にむけて いろいろ裏ワザとか教授陣のうわさとか
聞いちゃいました。

2013年2月21日 (木)

虎屋 壺中庵  仙人の住む壺の中 桃源郷で 鄙の粋を味わう 

虎屋 壺中庵 (とらや こちゅうあん) で しっかりもてなされてきました。

徳島滞在の3日間に「鳴門鯛の刺身」を食べるチャンスが3回あった。
3回とも みごとに味が違った。

1回は海辺の定食やさんで 新鮮というのと美味しいのは違うのだ、
とはっきり気づいた。
しこしこを通り越して、厚切りの鯛の身は噛み切りにくいほど硬かった。

1回は宿泊した宿で。
東京都内でも、よく口にするお刺身の味と歯ごたえ。悪くはなかった。

そして前2件と比べるのも申し訳ないが、「虎屋 壺中庵 」で。

4

味の濃いのはいうまでもなく、
刺身の歯ごたえの良さというのも
また、味覚のうち と気付かせてもらった。
ちり酢でくるまれた伊勢海老も ねっとりと甘い。

あしらいは芽甘草と生海苔のみ。潔い。 

コースのなかで一番感激したのは 焼き物。 鰤の酒盗焼き。

6

さすがに家庭ではマネのできない料しかた。

下に敷いた水菜が柑橘酢の良いかおり。
聞けば柚子 とのこと。 酒盗の塩気と 柚子の風味で
いつまでも味わっていたい 夢心地。

1

地元の酒米栽培会の米で造られたという「おでんでん」が食前酒。
車で行ったので 運転手はのめず、私だけいただく。

3

ナマコのみぞれ酢、すだちの香りが良い。

4_2

お酒の風味が勝ったお椀。 印象的すぎず、それがかえって印象的。
塗りのお椀は「雪月花」

7

炊き合わせは さらに はかない味。

8

そして 「立春」なら「ハマグリ」でしょう、と

9

ハマグリの雑炊。 貝のうま味がしっかりしみて、それなのに お米の粒が
崩れず さらっと仕上がっています。
香の物が 壬生菜の糠味噌漬けや 白菜の古漬けなど
「お料理屋さんらしからぬ」仕立てなのが 
かえって 鄙の粋とでもいうのでしょうか。

10

八朔のゼリーのあと、椿の花のような 粟餅。

止茶(って ずっと お茶で無粋なことだったんですが)のお茶碗は
11

「雪(湯木)降る(富る)正月屋(吉兆)」の。
ご主人は 嵐山吉兆本店で修業をなさったかただと、
ほかのかたのブログで知りました。

子供のころ、「暮しの手帳」に湯木貞一さんの聞き書きとして連載されていた
「吉兆つれづればなし」を読むのが大好きだったので、
「吉兆」さんは憧れでした。

この虎屋 壺中庵 さんは その湯木貞一さんの連載と同じトーンを感じました。

このコース 一万五千円を リーズナブルだと感じるか否かは、ひとえに
受け手(食べ手)の準備によるのだなぁと思うのです。

12

敢えて多くを語らず、敢えて多くを飾らず
淡々と じっくり わざとかもしれないほど無骨な お料理とおもてなしです。
この真髄を理解するには 私などはまだまだ勉強不足で
お茶の勉強をもうすこしちゃんとしなくちゃ、と思ったのでした。

虎屋 壺中庵 (とらや こちゅうあん)
 
住所 徳島県名東郡佐那河内村上字井開6-1

営業時間 12:00~14:00 17:00~19:00
定休日 不定休

虎屋 壺中庵懐石・会席料理 / 佐那河内村その他)

2013年2月20日 (水)

徳島 漁協食堂うずしお サザエ入り海鮮丼で 海老がおどっていた

おいしい海鮮ランチを求めて 大浦漁港へ行ってきました。

1

ガイドブックで紹介されていた JF北灘漁協の 漁協食堂うずしお です。

あいにくのお天気で、1時を過ぎていたのですが

それでも店内は8割の入りで、人気のほどがうかがえます。

上海鮮丼 ¥1,500 ナリ。 

Photo

地魚の唐揚げ

「お魚は何ですか」という質問をしたくて うずうずしてたのですが
サービス係のおねえさんが 忙しそうなのですぐには聞けず 

手が空いたスキをみて尋ねてみたところ 
キッチンを何度も往復して 教えてくれたのが

「ボウゼ・アジ・ブリのカマ・カワハギ」だそうです。

たぶん観光客が知りたいところは 魚の名前や特徴だと思うのです。

観光客が求めるのは

海鮮丼にイクラやウニをのっけたり、ちいさな海老を躍らせたりすることではなく

プロの知識やこの海の魚の特徴なんかをちょっと教えてもらって
つまりボウゼとはイボダイのことですよとか

「へえーそうなんだ」と思うことで 「ここに来て得しちゃった」と感じるのではないかな と思いました。

魚のことを何も知らないのはアルバイトなので仕方がないとしても
それを補うように

「本日の 地魚唐揚げ ○○ ××× の中から
 数種類ミックスでお出ししています。 何が当たるかは おたのしみ」

というようなホワイトボードを作り、その日の魚の名前を手書きするなど
してもらうと より親切なのでは? と思います。

Photo_3

後から売店で干物を求めたのですが、売店のおねぇさんいわく

「鯛は今、獲れない時期なので 12月に水揚げしたものを加工しました」
と教えてくれたのですが そうすると あの にゅうめんにちょこっと乗っていた
鯛の正体は冷凍なのでしょうか?

帰ってからJFのHPで調べましたが、掲載されておらず JFのHPの更新が遅れているのか、JFの直営店ではないのか ちょっと不明です。

お天気の良い日にドライブがてら出かけ 数量限定というランチにあたれば
ラッキーなのかもしれません。

漁協食堂 うずしお
徳島県鳴門市北灘宿毛谷字相ケ谷

  

2013年2月18日 (月)

ミャンマーに来ています

ミャンマーに来ています

ミャンマーのパゴダにきています。。。。

ってのは

ウソ。
徳島の眉山です〜

さだまさしさんの小説 「眉山」の舞台で、ここも映画化されたそうですが

わたしは 「かんぽの宿」からきたので

「写真の滝」 を見るチャンスはなかったのですが、 
パゴダのおとなりに建っている 
「モラエス記念館」の 職員のかたに

いろいろ楽しいお話をうかがうことができました。

徳島って すごく インターナショナルな街だな との思いを強くしました。

きっと 異国料理もおいしいお店が発達しているに違いありません。

2013年2月17日 (日)

徳島ラーメンと鳴ちゅるうどん

徳島ラーメンと鳴ちゅるうどん

四国は徳島に来ています。

徳島ラーメン と 鳴ちゅるうどん のおひるです。

どちらにも 鳴門のわかめが たっぷり。

徳島って 東京より 味が濃いめかもしれないですね。

わかめ おいしかったです

2013年2月14日 (木)

小洞天の担々麺セット 味が変わっておいしくなったみたい

担々麺

今日は ひさしぶりに外ランチ。

気分がとっても中華だったので 有楽町駅前の 「小洞天」で

タンタンメンと 焼売の ランチセット ¥1,100ナリを食べました。

タンタンメン、葱油のとても良い香りがするのと トッピングのくだいたピーナッツとあっさりめ 辛さひかえめの白ゴマペーストのスープが
麺によおーくからんで それだけで するする食べられてしまう。

お肉が、以前はひき肉だったと記憶しているのだけれど気のせいだったかな?
今日のは よおーく煮込んで 甘めの味付けがされたバラ肉を
ちょっと焦がし目に焼き付けてあるのかも。。。っていう

お肉のかたまりが ごろごろ入っていて
夢中で食べてしまいました。

名物のジャンボ焼売がかすんでしまうほど。

ちょっと高めのランチになりますが おすすめ。

小洞天 有楽町店

住所 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館 B1F

営業時間 月~金 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:00(L.O.20:50)
土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~20:30(L.O.20:00)

定休日 年中無休

2013年2月11日 (月)

焼き菓子がおいしい 東麻布の「ルスルス」、生ケーキも増えたんですね

大好きなお菓子屋さんです。

東麻布のキューバ大使館のおとなり

Photo

 とっても「天然生活」なお菓子やさん。  

 木・金・土の 週3日しか開かないのでなかなか買えないのです。

 ちいさなお店で

 店内には、2人しか入れないため

 お客さんは おぎょうぎよく
 外で並んでまってます。

 今回は 大好きな「三日月」

 (もぉ、ほろっほろで かたちもかわいくて 大のお気に入りなの) 

などの焼き菓子のほかに、

シュークリームも求めてきました。

 注文すると、その場で 
クレームパティシエール(生クリームとカスタードを混ぜたもの)を 

かりかりのシューに詰めてくれます。

Photo_2

お店の情報は こちらをご覧ください。 ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/3-076f.html

2013年2月 9日 (土)

追試の日の朝ごはん SAKURAベーカリーの 目玉焼きパンです

昨夜、大学経由グリーンホールに行く際に大山駅から向かいました。

グリーンホールでの用事は 日本語教室。

大学での用事は 「追試の申し込み」でした。

文化会館の向かいの サクラベーカリーで 
今朝の朝食用に おかずパンを仕入れました。

もちもちのパン生地の上に マヨネーズ・ベーコン・目玉焼き が乗ったもの。

Photo

1個でしっかり おなかいっぱいになり

「どうぞこのエネルギーが アタマにまわりますように」と祈る気持ちです。

(摂取した糖質が脳のエネルギーに変わるのは4時間後ですが coldsweats01 )

というわけで

生まれてはじめて 追試を受けることに。。。

それだけでも そうとうヘコむ、できごとなのに

よりによって お気に入りの オータせんせの 古典です (ぐすぐすん)
Aねらい科目だっただけに おちこみもかなりですが

サクラベーカリーさんの おいしいパンで 気を取り直して

「追試っ子体験」 してまいります。

お店のデータは こちらを参照してください。 ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/sakura-bakery-1.html

2013年2月 8日 (金)

自分の中の「一番」が変わるかも? 赤羽橋オステリア・スゲロのクリームパスタ

半年ぶりぐらいに 「わたしのだいすきナンバーワン クリーム味のパスタ」っていう
赤羽橋の オステリアスゲロ でランチしてきました。

北区赤羽じゃありません。 港区東麻布の「赤羽橋」です。 coldsweats01

3年ほど前まで 会社から歩いてすぐだったため
週イチのペースで通っていたお店。

Photo このお店が開店したときから通いはじめ

ランチには週1.2回

ディナーにも2回ほど行ったことがあります。

コウケンテツさんに

なんとなーく感じの似た

かっこいい若いシェフの店です。

あまりブログに書いたことがなかったのは 

実は

「本当にナイショにしたい大好きさ」だったからです。
ランチが大人気で混雑し、入れないこともあったので

「これ以上、有名になってほしくない」という思いから。

ところが、

2011年8月に行ってみたら 

ランチメニューが値上りし

しかもコーヒーが有料になって ↓

お得感がうすれてしまったのです。
それでも クリームの味にひかれて何度かいきました。

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-1369.html

ところが。。。。今回行ってみると
サラダの塩分も クリームパスタの塩分も クリームの濃度も 
ソースの量も減っているではないですか。。。ショック

Photo_2

というわけで わたしの中の 「お手軽ランチのクリームパスタ ナンバーワン」

の座は 成増の ガレリアに輝きました~ ぱちぱち ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/galleria-e2f2.html

(ガレリアも「塩分高め」「クリーム濃いめ」です。 健康であっさり好きのかたは
 オイル系、トマト系などの別メニューをおすすめします。)

スゲロは 近いうちに再訪して、
「しょっぱ目、ソース濃いめでお願いします」と言ってみようかな?

わたしの体調もひじょうに悪かったので 次回は元気な時にまた。

ただしこの日も、待ち行列ができていました。

以前、ディナーでアラカルトで注文して好きなだけ食べたら
ひとり ¥20,000 近くになってしまい
「イタリアンでこれはないよなー」と思ってたのですが、お手軽ディナーコースも

できたらしい。

Photo_4 

オステリア スゲロ (osteria sughero)

住所 東京都港区東麻布1-24-6 麻布ハイツ 1F

営業時間 11:30~14:00  18:00~22:00(L.o)
(材料がなくなり次第ランチ終了・ランチタイムの予約不可)

定休日 日曜日+第一月曜日

2013年2月 6日 (水)

ドンマイスターのクラムチャウダー ランチ

ドンマイスターのクラムチャウダー ランチ

今日はフードアナリスト4級講座 講師です。

ランチは しっかり食べたいけれど時間がないので セミナールーム近くの

ドンマイスターで パンのランチです。

ドンマイスター麹町店は
銀座4丁目の「あの木村や」さん、株式会社 木村屋總本店のカフェです。

パンと 《スープ3種類 370円≫ or 《ラタトゥイユ 450円≫ 
   を買うとドリンク(対象ドリンクに限ります)が 一杯無料となります、とのことなので
 
  パンは 大好きなダブルクリームと
  これを買うためにここに来るといっても過言ではない、ブルーチーズ
  スープはクラムチャウダー を買って ホットコーヒーをつけてもらいました。

 ランチは 11:00~14:00。 お店の情報は HP↓をご覧ください。 
http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/donmeister



2013年2月 3日 (日)

カステラ一番 電話は二番。。。文明堂コンフェクトにて 釜出しカステラのきれっぱし

オッフェンバック(オッフェンバッハ)の「天国と地獄」序曲を聞くと
ついつい、小学校の運動会と 文明堂のカステラを思い出しちゃうかた
同じ年代ですよね。

Photo_2 

この、くまさんがラインダンスを踊る、文明堂のCMソング、

関東地方を中心に
昭和37年から放映されたそうです。

調べてみると、

「文明堂」と名乗る会社は全にたくさんあり
元々は同じ系列の会社だったそうです。

いったん枝わかれした、文明堂日本橋店と文明堂新宿店は共同持株会社「文明堂東京ホールディングス」を設立し、2010年(平成22年)10月にその下で合併して文明堂東京となったそうな。

先日、その文明堂の工場にあそびに行ったオットのお土産が
工場に併設されている直営売店で買ってきた
釜出しカステラの切れっぱしです。 ¥340 写真はチョコ味です。


惜しげもなく たっぷり食べられるし ふっかふか。
大口あけて ほうばって
くまさんのラインダンスを思い出したのでした。

売店では 正規品は1割引きで販売、そのほか 切れ端などのお手頃価格な
お菓子が売られているそうです。

文明堂コンフェクト売店

住所 東京都板橋区三園2-4-3

交通手段 西高島平駅からすぐ

営業時間 9:30~16:30

定休日 日曜日

2013年2月 2日 (土)

Xocolat オーストリア最後の日はバーデン BADEN でチョコレート三昧

約1年前の旅行記、きちんと終わっていなかったので
最後の部分のご紹介です。

ここまでの旅行の様子(プラハ-ウィーン-ザルツブルグ)を
最初からご覧になりたいという奇特なかたは ↓から ぜひ。
http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-3dd8.html

Photo_5 

2012年3月の情報です。

2012年3月19日。 

この日の夕刻のフライトで帰国する。

レンタカーを返し、

飛行機のチェックインの時間を計算すると

午前中いっぱい使えるということになり

ウィーン近くの保養地、バーデン 

BADENをたずねた。

中心街のインフォメーションセンターへは、相変わらず ナビが自動的に連れて行っていってくれるし、ほぼ100%の割合で 駐車場が完備している。

この日は休日だったので「あと30分すると無料になる」と
親切な人が教えてくれたが、30分が惜しいわれわれは パーキングチケットを購入した。 といっても東京に比べたら タダみたいな値段。

観光が目的ではなく、主にお土産買いが目的だったので

真っ先に観光案内所のおねぇさんに 
「個人的にお薦めのチョコレート屋さん、ありますか?」と

Photo_6 

尋ねて、おすすめのお店を教えてもらう。
地図にマークをつけて、
「ほかにもお店はあるけれど、わたしはここが一番好き」

と教えてくれた。

おすすめの チョコレート屋さんは
Xocolat という名前。
ウィーンが本店らしい。

Xocolat_2 

復活祭(イースター)前ということで、店内は 卵やウサギのチョコレートでいっぱい。

2

いつもお世話になっているかたがいて、お礼をしたいのだけれど
大げさなお礼だと、かえって恐縮なさるだろうな と

こういうチャンスに 「お孫ちゃん用に」と ちいさなお菓子のパッケージなどを
手土産がわりに、お贈りしている。

1 

 だから ほしいのは 

 「子供むき」「イースターっぽい」

 「負担にならない価格の」 
  もの、 というわけで

 いろいろ物色するけれど
 単品売りしている卵形チョコは
 リキュール入りボンボンだったり

 ギフトパッケージになっているものは

 もらったほうが負担になるような

 大きいものだったりしたので

 「卵のチョコだけのパッケージ」

 「うさぎさんのチョコ」 を別々に買って

 少しずつ 詰め合わせて かわいくラッピングしたものを

 いくつか作ってくれるか尋ねたところ

 「いいわよ」 とマダムが応じてくれた。

 そのほかに

普通のプラリネも どんどん試食させてくれる。

ついつい、食べすぎ、たくさん買いました。

Photo_8

お店の情報は こちらのHPをご参照ください(ドイツ語です)↓

http://xocolat.at/cms/index.php

Xocolat BADEN

Theresiengasse 1, 2500 Baden,

月-金 : 10:00-13:00, 14:00-18:00
土 : 10:00-13:00, 14:00-17:00

旅行中はあまり買い物をせず、

最後の飛行機に乗る空港の
一歩手前のおおきめの地方都市のスーパーマーケットで 
お土産買いをするのも
いつものお約束。 

このショコラティエから すぐのところのスーパーで
ハムやチーズなど パックしてもらって購入する。

お土産の定番、モーツァルト・クーゲルも 空港より安く買えました。
(ただし、空港で売られている、小さなパッケージはありませんでした)

バーデンは 温泉施設などもあり、いつかまたゆっくり訪れたいな、と思っています。

大きな地図で見る

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »