フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

あなたの語彙力は? 簡単にテストしてみませんか

あなたの語彙力は?
テストしてみてください 大学生の平均上限より上いきますか?

先日、言語学の授業で 「ちょっとしたクイズ」が行われ 自分のモノ知らずぶりにメゲた わたくしです。
問題は 
Ⅰ 以下の意味を書きなさい
1)たまゆら
2)かんばせ
3)すだく
4)広台
5)広角砲

Ⅱ 江戸時代66国あった国名のうち 以下の10国の現在の都道府県名を書きなさい
(以下省略)

ううう。。。日本語教師を標榜するなら満点をとりたかったところですが。。。

ご自分の語彙力を測定する簡単ソフトが開発されました。
NTTコミュニケーション科学基礎研究所の開発です。
こちらのHPに 「単語新密度測定ソフト」のデモ版があります。
おためしください

http://www.kecl.ntt.co.jp/icl/lirg/resources/goitokusei/goi-test.html

Photo

わたしは 50,000語よりは上ですが 60,000語には達しませんでした。

テストのデモ版は3種類あります。

3種類ともやってみました。

 多少の増減はあっても 同じようなレベルでした。

う~ん。。。この程度で日本語教師やってて良いのだろうか。。。

日本語がこんなにアヤしいのに 

ハングルのお勉強 ちぐん(なう)

2012年5月29日 (火)

ウィーンに行ったので アウガルテンでお茶 アウトレットは最大で3割引き程度

 ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その14

1_2  日程はちょっと戻りますが

 ウィーンのアウガルテン窯に見学に 行ってきました

 2012年3月のことです。

前年に行った ドイツのマイセンは 

実際の作業場と見学コースが分かれていたのですが 

アウガルテンは 

実際の作業の様子を ちゃんと見せてくれます。

ただし写真撮影はNGだったので 

カフェの写真だけ~

 ユーロのレートが下がってきていたところだったので

アウトレット品のカップでも買おうかな~と思っていたのですが

マイセンのように アウトレット売り場が併設されているわけではなく。

ほしいものを言って、たまたまその商品のB級品があった場合に

奥から出してきてくれる、という仕組みでした。

2

やっぱり マリアテレジアがほしかったのですが ちょうど良いのがなくて
(っていうか さほど安くならなかったので)

断念しました。 ウィーンのバラは 最大で定価の3割引きくらいのがあるそうですが。。。 いつもあるわけでもなく、タイミングだそうです。

案内してくれたおねぇさんが そのように言ってました。
見学のお土産に 素焼きの台(カップを焼くときの下に置くもの)を
ひとり1枚 くれました。

「アウガルテンの土よ」と おねぇさんは誇らしげに言ってましたが

うーん。。。素焼きだし 無銘だし。。。

でも いい記念なので 我が家ではカップボードに飾ってあります。

これはカフェでお茶したときに ソーサーをぱちりとやったもの

3

2012年5月24日 (木)

チョコの山 ザクザク

チョコの山 ザクザク
フードアナリスト協会 広報の あっちゃんに 教えてもらいました

2012年5月22日 (火)

子持ちカレイの煮つけを食べながら どうしてラスカルくんは「あらいぐま」なんだろうか?と考えた

ひさびさの 実家ごはん

新ジャガの肉そぼろ煮、 もずく酢
自家製おつけもの三種(きゅうり 長いも きゅうりの粕漬け)  

そして 子持ちカレイの お煮つけ です。

ところで 鰈が 子持ちになると こもちがれい と連濁しますか?

2

先日来 語彙の授業で 

「どうして クマさんが 白いと しろくま と「くま」なのに

 食べ物を洗う ラスカルくんたちは あらいぐま と「ぐま」なの?」 というのが宿

題になって以来、連濁に敏感なワタクシです。

2012年5月19日 (土)

受付うさぎ ピーターラビット の正体は? あのかわいさは女子だよな?って

学内の進学説明会です 大東文化大学のマスコットは ピーターラビット

ピーターくん みずから 受付嬢ならぬ 受付うさぎさんになってゲストをおでむかえ

2_2

職員のかたに 「職員のかたがなさってるんですか?」ってきいたら

1

 「学生さんのアルバイトですよー」 とのことでした

 とおりがかりの1年生男子が 

 「かわいいなー」

 「あのかわいさは女子だろ?」

 「何年かな?」 

 とのささやきが聞こえました。

うーん たぶん 

演劇部の小柄なかたが抜擢されたのでは?と思いました。

だって、ピーターくん 「かわいい!」って声にテレてみせたり

カメラをむけると ポーズとったり

サービス精神旺盛なんですもん。

進学説明会は 高校の先生がたを中心にお招きして 学内の様子や学習研究内容の説明をするもの。

要は 顧客(学生)取り込みの営業ですね。兎に角(わざと漢字で表記してみました (^^ゞ ) ピーターくん かわいかったです。 また会いたいな。

3

2012年5月17日 (木)

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ 落合シェフを囲んで女子会

昨夜は 京橋の ラ・ベットラ・ダ・オチアイにて 女子会

なかなか取れない個室を フードアナリスト協会 広報あっちゃんが押さえてくれました。 感謝!!

1

フードアナリストが6人そろって

そりゃもう かしましいのなんのって。。。

Photo

でも個室でしたので 存分に 大騒ぎ~

Photo_2

1皿目の トリッパ やわらかーくって  ソースはさらっとしてるんだけれど
熱くって、味がふかくって パンでしゃくって もりもり食べてしまいました。

Photo_4

ゴルゴンゾーラのペンネ こちらはソースが濃~くて チーズ好きのワタクシにはたまりませーん もうひとさらおかわりって言いたかった

Photo_5

メインのラムも どどーん と かなりおなかいっぱいだったのですが難なくぺろりと完食しました。

Photo_6

食後の甘いものも どどーんと大型プリン 甘すぎないので この大きさでも楽~にいけます。

ワインはひとり ボトル半分程度で エスプレッソまで堪能して
お勘定はひとり ¥7,000 ちょっとでした。

このあたり イタリアンのお店が密集していますが
おいしい メニューが豊富(目移りするぐらいたくさん) リーズナブル
そして シェフの サービス精神 で

この日も お店は満員。

予約がなかなか取れないっていうのも 納得です。

お店のホームページはこちら

http://www.la-bettola.co.jp/

なかなかない、コストパフォーマンスで大満足だったので 二か月後に 別館bisに
行ってきました。 そのときの様子はこちら ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/la-bettola-bis-.html


2012年5月14日 (月)

100バーセント タメ語だと いっそスッキリ反応

100バーセント タメ語だと いっそスッキリ反応

今日の名言
古典の O先生
可能の 助動詞の 解説で 敬語表現にふれ

「られる が敬語だと思ってないでしょ。

 先生、おそれいりますが、さきほど説明された件で質問が。。。などと
 言われたらびっくりするよね。 たいてい

 せんせー さっきの 説明 質問。。。です。 みたいに最後にです をつけて

かろうじて丁寧語の体裁を保ってるってのが現状だもんね。

 100% タメ語だと いっそスッキリ反応できるよなぁ」

写真は文脈には 全く関係なく
今日の学食ランチ。  丼セット ¥400

2012年5月13日 (日)

Salzburg ザルツブルグ城の展望カフェ Panorama restaurant

ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その13

2012年3月16日 (金)
ハプスブルグ帝国の華麗な世界遺産と 甘いもの食べ比べの旅7日目

Salzburg1

ザルツブルグ2日目  はじめてのザルツブルグということで

おのぼりさんは 高いところから街を俯瞰することにして
ケーブルカーで城へ登る。

Salzburg

下から見上げる城は こんな感じ ↑

上からの景色は こんな感じ ↓

Salzburg2

正面の山は 2,000メートル級だとか 「車で1時間かからないくらい。市民が手軽にハイキングに行きます」と ランチを取ったカフェのウェイターさんの弁。

Salzburg3

 カフェを ちょっと上から見下ろすと こんな感じ ↑

 Salzburg2_2

 お天気に恵まれて ランチの1時間で日焼けしました。

Salzburg3_2

 ビール3杯 プレッツェル サラダ ソーセージの盛り合わせを2人でシェア

 プレッツェルは あつあつで 塩味が利いていて 、いくらでも食べられそう。

Salzburg4

ソーセージの盛り合わせには フレンチフライのほかに
ここでも 細切り ホースラディッシュが添えられていました。
たしかに 食べなれたマスタードより 
脂肪分と塩分たっぷりの料理には こちらのほうが より 野菜っぽくて
食べやすいなぁ と実感しました。 

しめて 33.40 ユーロ

 Panorama restaurant 
     zur festung hohensalzburg

Am Monchsberg 34  5020 Salzburg

お店のHPは こちら ↓ ディナーコンサートもやっている場所の屋外カフェ
ただし ディナーコンサートは シーズンによって場所が違うのでご注意を

http://www.salzburghighlights.at/en/

この旅行記を最初からご覧になりたいかたは

Photo  

画面左の プロフィールの下に
「最近の記事」 「バックナンバー」「カテゴリー」の順に索引がついています。

「カテゴリー」の中の「旅行・地域」を クリックすると

新しい順番に(過去のものほど下に)
並んでいます。

なお、ドイツ旅行は2011年

イタリア・フランス・チュニジアはそれぞれ 2010年のもの

それ以外の旅行記は それ以前のものですので

データ等 古い場合もあります。

ご了承ください。

2012年5月12日 (土)

今日の名言と 学食ランチ 梅しそ鶏天うどん

今日の名言と 学食ランチ 鶏うめシソ揚げうどん

本日の名言は O先生。 社会学がご専門。

「情報過多の現代、自分の必要な情報をどうやって探すか、テクニックを磨きなさい。 山登りする人が等高線が読めるように、場数をふめば、情報も読めるようになります。」

うわぁ。 なれるかな? なれるといいな。

レポートのテーマにO先生のダメが出たので、図書館で違うテーマさがし。

ほんのちょっと疲れて、ヘコんで学食ランチ。

梅しそ鶏天うどん ¥378。 ランチの終わりまじかだったので おばちゃんが
水菜を山盛りにしてくれたみたい。

ポテトコーンサラダ¥84 と あわせて ¥462

カロリーは 658Kcal だそうです。 (サラダのドレッシングは別) 

2012年5月10日 (木)

マザーリーフのワッフル 食べ放題でランチ

ワッフルでランチ

モスバーガーの モスフードが経営する ティーハウス。

ランチセットは パスタやオムライスなど4~5種類

プラス ¥170 でワッフル 食べ放題 で 飲み物付き。

 ↑ こちらの サラダランチにワッフル 飲み物つけて ¥1050 です。

サラダのドレッシングが にんじんのすりおろし入りで いろどりもきれい。

マヨネーズ味のマッシュポテト、プチトマト、枝豆、ゆでたまごに
ブラックペッパーのハム (鎌倉ハムのパストラミビーフの味です)

ワッフルには たっぷり メイプルシロップもついてくるので おかわりして
どんどん食べられてしまう。

昔、モスの紅茶は 藤沢のディンブラさんが扱っていたと記憶しているけれど
今は どうなのかな?

今度は セットの紅茶じゃなくて ちゃあーんと茶葉を選んでみよおっと。  

マザーリーフ 東武練馬店

板橋区徳丸2-2-14

お店のHPはこちら ↓

http://www.motherleaf.jp/index.html

大きな地図で見る

2012年5月 8日 (火)

東松山 ベルビューの やきたてコッペパン 「あんこバター」 が好きです

ベルビューの 「あんこバター」です。

Photo_3

東武東上線 高坂駅前の ベーカリー ベルビュー Bellevie

老舗の風格ただよう店構え、 パンの他に地域の駄菓子なんかも扱っています。

コッペパンは 毎日、12時ごろ焼きあがるそうです。 1個 ¥70

Photo_2

多くは期待しないで食べたから、もあるのですが

「ちゃんとしたパン」なんていうと失礼ですが、クラストに、ものすごく弾力があって 中のやわらかいバゲットみたいです。

コッペパンとして売られていますが 「あんこバターはさんでください」とか

「ピーナッツバターおねがいします」とか言うと 追加料金でやってくれます。

あんこバターにすると 1個 ¥126 です。

コッペパンを買ってきて、翌日は グリルでさっと焼いて生ハムサンドにしました。 

さくさくのクラストともちっとしたクラムのバランスがよくて好評でした。 もういっこ食べたいと思う小ささなのも 

朝ごはんやおやつに ちょうど良いサイズです。 

ベルビュー Bellevie  
埼玉県東松山市元宿1-13-1

大きな地図で見る

2012年5月 7日 (月)

今日の名言「嫌いになっちゃうよ」  久しぶりのキャンパスにて 

連休明けの授業。 けっこう出席率良しでした。

でもちょっと ザワつき気味。 そんな学生に

N先生のひとこと。

「そんなにうるさくすると、きらいになっちゃうよー

 勉強できなくても、社会に出て困ることはないけどね

 人に嫌われると、人生 ツラいよ~ ♪♪」 

(お言葉の後に音符がふたつ くらい ついてた感じ)

がははは。。。 心のなかで 爆笑してました。

Photo_2

2012年5月 6日 (日)

Salzburg ザルツブルグの 老舗ビアレストラン STERNBRAU で

ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その12

2012年3月15日 (木)
ハプスブルグ帝国の華麗な世界遺産と 甘いもの食べ比べの旅6日目

シュタイヤー Steyrで駐禁キップを切られた後は おとなしく ザルツブルグへ向かう。 ちょうど日没の1時間前ぐらいに 旧市街にある宿まで50メートル以内の場所までたどりついたものの ゲートが閉まっていて、車が乗り入れられない。

Photo

しかたなく わたしひとり歩いて宿にむかう。

フロントデスクで 「車はどうやったら入れるの?」と聞くと
ゲート(ポーラ と呼んでいた) をあけるパスワードを教えてくれた。

そんなこんなで ドッと疲れて 冒険はやめて、無難にガイドブックに載っている観光客向けビアホールで晩ごはんをとる。

STERNBRAU という大きなレストラン。

1_2

英語メニューの説明によると 13世紀半ばにビールの醸造をはじめ
1542年発行の古文書にお店の名前が確認できるとのこと。

創業 600年以上の歴史。

Photo_2  

ビール(3杯) 9.40ユーロ

Photo_3

ハムの盛り合わせ  6.30ユーロ

白い野菜に見えるものは ホースラディッシュの細切り。
おろすより 辛みが少なく ハムで巻いて食べると ちょっとピリっとするかな?
くらいの からみ。

2

ラムの煮込み  16.70ユーロ

0

 そして デザートには
 「ザルツブルガーノッケル SALZBURG NOCKERL 」

1人前  6.10ユーロ

 友人のゆかさんから
 「ものすごい量だから もし完食できたら教えてよね」
 と聞いていた。 

 ガイドブックによると 
 普通は3~4人前が1皿だけれど、
 この店は1人前をサーブしてくれるとのこと。

 卵白のスフレに 粉砂糖がかかっていて

  雪山に見立ててある。

 これに ラズベリーのソースをかけて食べるもの。

 食事が軽めだったこともあり、
 二人で難なくぺロリ。

「おいしいねー もうちょっと大きくてもイケたね~」

1

合計 41.401ユーロ

くわしくはお店のHPをごらんください ↓

STRNBRAU

Sternbräu GmbH
Griesgasse 23 - 25
5020 Salzburg, Austria

http://www.sternbraeu.at/Home.2.0.html

2012年5月 5日 (土)

シュタイヤー Steyr のおすすめレストランと 駐禁で罰金を

ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その11

2012年3月15日 (木)
ハプスブルグ帝国の華麗な世界遺産と 甘いもの食べ比べの旅6日目

リンツの リンツァートルテ発祥の店で 元祖リンツァートルテを買ったあと

シュタイヤー Steyrにたちよる。

1

ここも ドナウ河畔の河のまち。

Photo_2 

インフォメーション前の広場に車を止める

さっくり街をひとめぐりして、ランチをするだけだから

1時間ってとこかな?とパーキングチケットを1時間分、購入する。

オーストリアも多くのヨーロッパの国同様、
駐車したい時間分のチケットを

あらかじめ券売機で購入して

フロントガラスの外から見えるところに置くシステム。

町によっても違うが だいたい 15分きざみで 0.2~1.0ユーロくらい。

値段に幅があるのは、町の大小とか 便利な立地かどうかによるようだ。

最初の30分までは無料 とか 土日は無料とか 
反対に土日は高いなど 
その町その町でシステムは微妙に違うらしい。

2

インフォメーションのお嬢さんにおすすめレストランを尋ねたところ 
「ちょっと高めだけど、景色が良いのは断然 ここ」 という

河ぞいのホテルのレストランでランチ。 
河に張り出したテラスからの眺めはこんな感じ ↓

3

「今日の定食」を1人前と スープとサラダプレートを追加して 2人でシェア。

1_2

ローカルビールと ローカル白ワインを1杯ずつ。 

どちらも私がいただく。

運転手は お水。

うっかり 自分の好みでガス入りをオーダーしてしまったので 

ガス抜きも追加する。

食の好みは だいたい同じふたりだが
ヨーロッパのお水の好みだけは
どうしても 相いれず

たいてい 私が譲ってガス抜きを注文するのだが、 「こんなにお天気のいい 絶景レストランでは
やっぱり ガス水でしょう」 と思うときは 
わざと うっかり 間違えて
ガス水を注文しちゃったりもする。 (^^ゞ

Photo_3

今日の定食の1皿目は グリーンサラダ。 チャイブやディルなどの香草がちらしてある。

2皿目は 焼きヌードルとポークのグリル アジア風。

Photo_4

スープはじゃがいものポタージュ ガーリックの香りがほのかに。
揚げた玉ネギがトッピングされて。

Photo_5

サラダは フライドチキンと ポテトフライのサラダ

Photo_6

以上で 31.40ユーロ

レストランのあまりの景色の良さに のーんびりして 

予定していた時間より1時間も遅れて駐車スペースに戻ると。。。。

Photo_7

フロントガラスに 
「駐車違反のお知らせ」が。。。 (T_T))))

用意のいいことに バンクオーストリアの振り込み票までついている。

しかも、歩いて1分のところに その銀行が ちゃあーんとある。 

「仕方ない、おとなしく払おう」
(なんてったって、レンタカーだし ネット予約でカード払いしてあるから シカとしても、あっさり足がつくだろうし。。。(ーー;))

その足で銀行に行って 振り込みましたとも

 25 ユーロなり。 あーあ

教訓。 観光地の満杯の駐車場では 多めの駐車時間分のチケットを
あらかじめ購入することにしておこう。 何たって 30分 1ユーロ程度なのだ。
100円を惜しんで 2500円以上払うのは お金も時間ももったいない。

ランチを食べた ホテル

HOTEL RESTAURANT MINICHMAYR

Haratzullerstrasse 1-3, 4400 Steyr

www.hotel-minichmayr.com

2012年5月 4日 (金)

リンツァートルテの元祖を訪ねて ウィーンからザルツブルグへ移動の途中

【ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その9】

2012年3月15日 

ハプスブルグ帝国の華麗な世界遺産と 甘いもの食べ比べの旅6日目

0

世界遺産のヴァッハウ渓谷の街 駅前旅籠を後に この日はザルツブルグまで走る。 できれば明るいうちに、ザルツブルグの宿につきたいね、と
立ち寄りたい街はたくさんあるけれど リンツとシュタイヤーを観ると決める。

Photo_2

リンツも河の街。ただし大都市なので駐車場をみつけるのがたいへん。

街中は 黄色い観光電車が走っている。

大聖堂を見物し、お目当ての「元祖リンツァートルテ」を買いにいく。

Photo_3

カフェ・コンディトライ・イェントラク Jindrak

カフェで味わうこともできるけれど、ここでまったりしてしまうとこの日のうちにザルツブルグに着けないよーと テイクアウトすることにした。

1_3

となりで イースターのチョコレートを注文していたおばちゃんが
「これがおいしいのよっ」 とおすすめしてくれたのが
クラプフだったので (お店の「J」というイニシャル模様入りだし)
あわせて買ってみた。(うーん ふつうの ママレード入り揚げパンです)

4_2

包み紙に「1969」と印刷してあった。 

元祖は昔からの味を守っているらしく、日本で食べるリンツァートルテより、どちらかといえば素朴というか スパイシーな味です。 Aufschinittlinzertort  2ユーロ  Marmelade Mmmh-Krapf 1.20 ユーロ

 KONDITOREI JINDARK : HERRENSTRASSE 22-24 VERKAUF 4020 LINZ

http://www.linzertorte.at/index-e.html

2012年5月 3日 (木)

ヴァッハウ Wachau 渓谷のワイン Durnstein デュルンシュタインのホイリゲで

ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その8】

2012年3月14日 (水)

ハプスブルグ帝国の華麗な世界遺産と 甘いもの食べ比べ 5日目。

この日からレンタカーで移動開始。返す時のことも考えて、ウィーン空港でレンタカーをピックアップする。

1

お昼は 世界遺産 ヴァッハウ渓谷のどこかで、とざっくり予定して走り出す。今日の宿は メルクのちょっと先。 高速道路を直行すれば2時間の距離だが
下の道をドナウ河沿いに走る。

Photo

さすがに最新のナビはわかりやすいし、オーストリアの道もドイツ同様わかりやすい。

ドナウ河畔のちいさな街 クレムスで銀行にたちって両替。この日のレートは1ユーロ 約110円。 

目抜き通りのショップでかわいいシャツ(しかもLサイズ (^^ゞ)があったので2枚購入。

2

ドナウ河流域にはブドウ畑が並び、アプリコットの果樹もたくさん。
ザッハトルテにアプリコットジャムが使われているのも納得。買って帰りたいけど重いしなぁ、と悩む。

1_2

ランチはDurnstein デュルンシュタインのホイリゲで。

6

古い納屋のような天井の高い建物で 太い柱と梁が時代を感じさせる。
壁はまっしろに塗られていて、本物のブドウの木を使った絵が

7

運転手が飲めない分、わたしが この家の自家製ワインを。

3

このお店も「本日の定食」を用意していたので、それを注文した。
土地のスープ とパンを追加して ふたりでちょうどおなかいっぱいになる分量。

4

スープはガーリックの利いたポタージュで サワークリームが浮いている。

5

「今日の定食」は 「ビーフの煮込み、クヌーデル(やわらかい小麦粉とパンのお団子)添え」 ゆで卵とピクルスがそえられている。

15.90 ユーロでした

Altes Presshaus  , Familie Schmelz  Dürnstein 10  3601 Dürnstein 

http://www.ktv-krems.at/altespresshaus/

 

2012年5月 2日 (水)

ザッハトルテ食べ比べ 王宮の後にデメル

【ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その7】

2012年3月13日 (火) 旅行4日目

ザッハトルテ食べ比べ おつぎは デメル。

3_3

 王宮の前にあり、

なるほど后妃エリザベートが「スミレの砂糖漬け」を運ばせたという歴史も

「なるほど」と思えるクラシックな(ありていにいえば古ーい)お菓子屋さん。

1階・2階に席があり、まず席を確保してから (10分ぐらい並びました)

それぞれの階にあるショーケースにお菓子を選びにいく。

係のおねぇさんに「これとこれ」と指差しで食べたいお菓子を伝えて、お菓子の名前を書いたメモをもらってくる。

そのメモをウェイトレスのおねぇさんに渡し(中年のマダム多し)、飲み物もあわせて注文する。

ザッハ―トルテ食べ比べの前に まず両者のはっきりした違いは
ザッハーはザーネ(無糖の泡立てたクリーム)つきで デメルはついていない、ということ。
一般の日本人なら ザーネ抜きで完食はちょっとつらい甘さなので、デメルでは忘れずにザーネを注文したほうがよいでしょう。 (↓ 3.70ユーロ)

2_3 

味の違いについては

ザッハーはアプリコットジャムがケーキのスポンジの間にもはさまっているがデメルはスポンジの表面のみ。

表面のチョコレートフォンダン(「ショコラーデン・グラズュール」)の硬さが
ザッハーのほうがなめらかな舌触り。デメルはちょっとザラザラで固く「砂糖っぽい」感じ。

スポンジ(「ザッハマッセ」)も ザッハーのほうは しっとり、デメルは空気が多く ふわふわした感じ。

4_2

ザッハ―トルテのほかに「これぞ名物」というように どどーんと置かれていたチョコレートケーキが気になって、おねぇさんに訪ねてみると。

6アンナ・トルテよ」「この人がアンナ」と壁の巨大な肖像を指差して教えてくれた。 

 黒衣をまとったピンクのほっぺのおばちゃんが、経営難のザッハーに資金提供してザッハ―トルテのレシピを拝借した辣腕経営者のアンナらしい。

 そのアンナの名前を冠したアンナトルテ、チョコレートスポンジの間に

 はさまっているのは ヘイゼルナッツクリーム。

 「一番好きなイタリア料理はピッツァその次はヌテッラ」と冗談で標榜する私にとっては

「デメルでは ザッハ―トルテより アンナ・トルテがおすすめ」 です。(4.20ユーロ)

わたしにとっては「ザッハ―トルテを食べるならザッハーで、デメルではアンナ・トルテをザーネ別添で」となるでしょう。

この日の支払いは 17・50 ユーロでした。

ちなみに 溜池にある、日本人コンディトールマイスター 栢沼シェフの「ツッカベッカライ・カヤヌマ」のザッハ―トルテはデメルのほうに近い味です。

ツッカベッカライ・カヤヌマのHPはこちら ↓

http://zuckerb-kuk.com/logo3.html

ザッハ―トルテの歴史に関する記述は 猫井登 著 「お菓子の由来物語」 幻冬舎ルネッサンス ISBN978-4-7790-0316-5  を参照させていただきました。

2012年5月 1日 (火)

ウィーンで ザッハトルテ食べ比べ まずは ザッハーから

【ハプスブルグ帝国、世界遺産とケーキの旅オーストリア11日間 その6】

2012年3月12
日 

ザッハトルテ食べ比べ まずは ザッハーから  (4.90ユーロ ↓)

1_2

ザッハーとデメル、両方食べ比べた結論は、乱暴な言い方だが「ケーキの味は食べる人の好み」。

お店のコンセプトも 最初から全く違う(ホテルのカフェと 菓子屋のカフェ)ので、お店の雰囲気なども比べるほうが無理、だと判った。

結論から先に言うと、「わたしは、味はザッハーのほうが好み。居心地はデメルのほうが好き」だ。

2_2

オペラ座からすぐのザッハー。 まずはホテルのロビーを見学。
1泊いくらかをチェックして「残念ながら、一生泊ることはない」と結論。
つまり、この「ティールーム」も、本来は 私ごときが足を踏み入れるべき処ではないのだ。
が、まぁそこは観光客ということで許してもらおう。 以下の内容で↓18.00ユーロ 

4

 「この店は、以前も来たことがあるけれど「甘い7年戦争」って何のこと?」と尋ねるだー(オット)に簡単に語ったウンチクは以下のとおり。

1814~1815年のウィーン会議において、「特別な菓子を提供せよ」という宰相メッテルニヒの命を受け、作られたのが「ザッハ―トルテ」(病気のシェフに代わってフランツ・ザッハーが作った、という説もある)。

3_2

1876年、ザッハー家はホテルを創業するも、世界恐慌時代に財政難に陥り、王室ご用達の菓子店デメルから資金援助をうける。

この際にザッハ―トルテのレシピが流出したと言われている。

後の世代になりザッハーがデメルに対して「ザッハ―トルテ」の名前の使用を禁止する訴えを出し、その裁判は7年(9年という説もある)続いた。

現在はオリジナルを名乗るのはザッハーのみだが、デメルも「デメルのザッハ―トルテ」の販売が許可されている。

上の写真は 「アップフェル・シュトゥルーデル」

ザッハ―トルテ・アップフェル・シュトゥルーデル・コーヒー2杯で18ユーロでした。

ザッハ―トルテの歴史に関する記述は 猫井登 著 「お菓子の由来物語」 幻冬舎ルネッサンス 
ISBN978-4-7790-0316-5  を参照させていただきました。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »