フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

サムゲタンで 風邪退治 ポッサムは夜も大繁盛でした

夫が突然「サムゲタンが食べたいなぁ」と言い出した

「どっか ウマいとこ知ってる?」

「それなら、宝包(ポッサム)に行こう!」というわけで

ふぅふぅ してきました。

Photo

夜 は初めてだったのですが、席予約しておいて良かった~

店に着いたときは満席でした。

オーダーを取りに来てくれた おねぇさんに 

「きれいな人だねぇ~」と 夫は大興奮 

Photo_2

海鮮チジミやトマト丸ごとサラダ を食べながら 

Photo_4

のんび~り待っていると ほどなくして ぐつぐつの鍋が卓上に

キレイなおねぇさんが 切り分けてくれて 中からは

ジンセン(朝鮮人参)ナツメ ニンニク などが ごろごろ~

Photo_6

「食べ切れなかった場合はお持ち帰りいただけますよ」とおねぇさんは言ってくれましたが、スープ一滴残すことなく 完食しました。

あーおいしかった ぽっかぽかで 風邪もだいぶ良くなったみたいだし

サムゲタン 利きました。

ポッサムでスンドゥブ

ポッサムの タッケジャンスープセット

宝包(ポッサム)の お店情報はこちら ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-be5d.html

韓国ダイニング 宝包韓国料理 / 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅

2011年12月30日 (金)

プチアーナPetit Anna でパスタ 賭けに負けてケーキまで完食

前日の夜 遅い時間まで パスタとワインでさわいでいたっていうのに

ランチもパスタを食べに出かけたワタシ。

行ったのは、自宅のそばの プチアーナ(Petit Anna) という 
今年創業30年目を迎える、地域の老舗繁盛店です。

1

キャベツとエビの アーリオオーリオペペロンチーノ味

2

明太子と子柱のクリーム味 どちらもスープ、飲み物付きで ¥880

3

ミニサラダが ¥100

自家製ケーキは 「何がありますか?」って聞くと サンプルを持ってきてくれます。

1_3 実はこの店について

主人と意見がまっぷたつに

割れたのでした。

主人は このお店を

「なかなかイケるよね」 と言い

わたしは

「えー?ジョリーパスタのほうがマシ」 と言っていたのです。

そこでもう一度食べてみて

主人がなぜ「おいしい」って言うか確かめてみようと思いました。

で、「おいしい!」のです。

普通に。。。

主人が絶賛するように 従業員さんたち みんな感じが良いですし

パスタの量もたっぷりで コストパフォーマンス良いと思いました。

ランチのパスタは4種類、それに ハンバーグやミックスフライなどの

グリルメニューもありました。

(見本の中から 抹茶のシフォンケーキとフルーツのいっぱいのったのを)

3_4 2_2

                    

評価が分かれた理由は

お店の立地にありました。

このプチアーナは 地元の救急指定病院のまん前にあります。

つまり 私がこのお店を利用するのって、病院に行ったついで だったのです。

「おいしい」と 体調や気分との関係って 密接なんだなーと

身をもって勉強になりましたよー というご報告でした。

おいしいかどうか という賭けには負けちゃいましたが お気に入りのお店がひとつ増えて 満足しています。

あー健康ってありがたいなぁ と しみじみ思っています。

板橋区小豆沢3-5-4 

電話 03-3966-0916

大きな地図で見る

2011年12月29日 (木)

講師仲間のお食事会 旧セミナールーム近くの サロンドカッパで

フードアナリストの講師仲間で勉強会をしています。

そのメンバーで今年を締めくくる食事会をしました。

昨年の11月オープンの、「SALON DE KAPPA(サロン ド カッパ)」にて

(旧セミナールームから麹町駅にむかう途中の
 ランチにカレーをやっている あのイタリアンです)

オーナーシェフの田口さんの写真は市ケ谷経済新聞から転載させていただいています
http://ichigaya.keizai.biz/headline/982/

Photo_2

この日は 満席で クローク機能のコートハンガーを外に出してスペース作り。

勉強会のメンバーは7人。(男性3人・大食いの女性3人.普通の女性一人)
お酒は(飲まない2人・飲む2人・抑えめに飲む3人)

Photo_3

好きなものを適当にオーダーして かんぱーい!

Photo_4 

フォアグラのカラメリゼ とか 白レバーのパテとか おいしそうなメニューは売り切れでした。

Photo_5

↑こちら 生うにのリングイネ 甲殻類・貝ウニ アレルギーのY氏を 皆で(特に私が)

「食べるのやめなよー」と牽制して 少しでも自分の取り分を増やそうとするも、「このくらい平気!」 と もりもり。。。

うーん これ また食べたいですっ。

Photo_6

鴨のラグー のタリアテッレ

Photo_7

ニョッキ  と パスタは7人で6皿をシェア 1

ドルチェは 3種類 5皿をシェア

2_2

たっぷり食べて ワインは2本。 お茶も飲んで ¥45,120 でした。

ゆっくり食べたので メインまでたどりつかず シェフごめんなさい。
ジビエがおいしいうちに また予約してきますね。

お店のHP は こちら ↓
http://www.salondekappa.com/

千代田区麹町3、TEL 03-6272-4466

2011年12月28日 (水)

ポッサムの タッケジャンスープセット

ポッサムの タッケジャンスープセット

ちょっと辛めです(^-^)/
¥750 コーヒー付き (1時以降来店客には コーヒーがサービスになります)

辛さに関して言えば スンドゥプとか 牛すじ煮込みなどのほうが
マイルドです。

Photo

この日も 満席で 来店客がひっきりなし。
夜で味を気に入っての来店客も多いようで

「すみません。昼間は このランチセットのみの営業とさせていただいてます。」

と あやまる おねえさんの言葉が この日も何度か聞こえました。

2

↑ この日の「小鉢」「オイキムチ」は こんなかんじ。 
これにサラダ と ごはんがつきます。

お店のデータは こちら ↓をどうぞ

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-be5d.html

2011年12月27日 (火)

ピアンタでピッツア コーヒー付き 牛乳くださいな って言ってみた

ピアンタでビッツア コーヒー付き

サラダ・ピッツア・コーヒー で ¥880 お店のデータは↓をご覧ください

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-b002.html

元気いっぱいのスタッフで おもてなしされてる気になります。

今日は 「コーヒーに牛乳もらえませんか?」 とダメ元で聞いてみたら

卓上のコーヒー・フレッシュではなく ちゃんと ピッチャーにミルク入れて

持ってきてくれました。

ありがとう!!

2011年12月26日 (月)

さっぶい日のランチは 天地返して 担々麺

さっぶい日のランチは 天地返して 担々麺

あんまり寒いので ランチは職場から 走って 10秒の 祥福 に決定

「破天荒」の次にお気に入りの担々麺 です。

天地返して 下に沈んでいる具を よっく まぜまぜして~

Photo_2

こうしてみると 見た目はいまいちですが うまいんだな これが

もちろん 小ライスを付けてもらって 麺を食べ終わったら ごはんをスープに入れて
かっこみます。

(^O^)/

板橋区役所前の 「祥福」 

2011年12月25日 (日)

12月25日 今日がクリスマス

12月25日が 日曜日に当たるのも めずらしいことですが

今日が本当のクリスマスです。

なんちゃってクリスチャンのさんこは 昨夜実家で主の祈りをささげただけです <m(__)m>

Photo

実家での クリスマスディナー詳報 続きです。
シェフは いもうと ゆかりん と母親むっちゃんです。 

スターターのコンソメ(むっちゃん作)
中に沈んでいるのは カブをバラの花形にカーヴィングしたもの。

左上のピンクの円筒状のものは にんじんのムース。(ゆかりん作)
ふわっふわで おいしいぃぃぃ~! 今度レシピを教えてもらうつもり。

Photo_2

野菜のゼリー寄せ(ゆかりん作) ベビーコーン・おくら・アスパラ・にんじん
ディルとピンクペッパーの風味

Photo_7

サーモンとホタテのタルタルしっかりめの味つけで
ああーこれには薄切りのバゲットかガーリックトーストが合うんだったなーと
パン調達担当のワタクシは大反省しました。

Photo_3

ローストビーフ (むっちゃん作) 
玉ねぎすりおろしがたっぷり入った甘めのソースがGOOです。
切り分け担当は おいっこ れいくん

Photo_4

ローストチキン これは市販のをオーブンで焼いたもの

Photo_5

海鮮包み揚げ アスパラとホタテ・エビの2種類 (むっちゃん作)

Photo_6

ケーキ(ゆかりん作) スポンジ.・ブルーベリーのムース・イチゴのゼリー寄せ

2

今年も ワタクシは 行っておいしくたくさんいただいてきただけ。
うーむ これでいいんだろうか?と 毎年思う クリスマスです。 (^^ゞ

Photo_8

メリークリスマス!!
 

2011年12月24日 (土)

実家のクリスマス 今年は8人でお祝いディナー

実家のクリスマス

いただきま〜す (^-^)/

義妹ゆかりん と 母 二人の手作りディナーで。

明日の日曜日は 礼拝に行くのですが
諸般の事情で 今夜(24日)中に帰宅しました。

今年の秀眉は 「にんじんのムース」と 「ローストビーフと玉ねぎのソース」

2011年12月23日 (金)

ケータリングの饗宴 オープロヴァンソー と エリオ・アンティカ・フォルネリアの

昨夜2011年12月22日(木)は 日本フードアナリスト協会認定講師会。

今年最後の開催で、我らが姫ことK嬢が退職するので
お世話になりました会でした。

Photo_2

しっかり発表・勉強した後で

2_3
おつかれさま~ かんぱーい!!

エリオ・ロカンダ・イタリアーナの姉妹店 エリオ・アンティカ・フォルネリア から

手焼きパニーノのサンドウィッチ仕立て2種
ライスコロッケの “アランチーニ” など

エリオのHPは こちら↓
http://www.elio.co.jp/index.html

オープロヴァンソー の ケーク・サレ と キッシュ

2_4

Photo_3

Photo_4

ちなみに パンの F地 先生が 真っ先に手をのばし
お口に入れたあと にっこり なさったのは このキッシュです。

オープロヴァンソーのHPは こちら
http://www.nakano-toshio.jp/

おひるを食べ過ぎたうえに 「この夜宴会だ」ということを すっかり失念して
講師会の前に ケーキとお茶しちゃったワタクシは 残念ながら 多くを食べることが
できませんでした。。。あーあ (T_T)

2011年12月22日 (木)

もり晴(せい)

Photo

今の職場に来て はじめて「ひとりじゃなく」食べるランチでした。
別に孤立してるわけじゃありません (^^ゞ
ゆっくり ランチしたいので 昼食の時間を 人より遅く13時からに設定しているため。

この日は職員のY崎嬢と S村氏 三人でランチ~ (^O^)/

Y崎嬢に教えてもらい 「でええ~こんな路地入るのぉ~?」という狭い路地を分け入ったところに 「もり晴(せい)」は ありました。

2_2

ランチメニューは ¥850 で 

とろろ・から揚げ・焼き魚 の三種類から選択するもの。
三人三様に頼んだのに ほぼ同時にサーブされました。

3

カウンターと テーブル席がMAX8人分なので ランチ時は大賑わいだそうです。
カウンターだと一人のとき座りやすいので 今度はひとりでも来てみます。

もり晴

TEL 03-3964-9509
住所 東京都板橋区大山東町28-2

営業時間 (昼) [月~金]
11:30~14:00  (L.O 13:30)

(夜) [月~土]
17:00~23:00 (L.O 22:00)

大きな地図で見る

2011年12月21日 (水)

鍋貼餃子あっちっち 祥福にて

Photo

滴り落ちる肉汁が いつも もったいないと思うの〜

祥福で 鍋貼餃子 半チャーハン定食

中国家常菜祥福 中華料理 / 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅

2011年12月20日 (火)

つけそば周

つけそば周

しまったぁ 蕎麦屋さんじゃなかった!

この外観に ついうっかり。。。

Photo_3

つけそば 周

住所 板橋区板橋2-63-4 グローリア初穂板橋1F

TEL  03-6780-6002

http://www.tsukesoba-shu.com

営業時間   11:00~14:00  17:30~21:30

定休日  日曜日

2011年12月19日 (月)

大失敗の一日

今日は大失敗の一日

大あわてで家を出たので 時計・携帯・カメラ すべて忘れてしまいました~

そういうわけで ランチ報告もなしです。

Photo

大慌てではじまった一日は バタバタしてるわりに プログレスがなく

大反省で終わります。

勉強会から戻り これから ごはん。。。せめて ゆっくり本でも読んで
明日はもうちょっとマシな 一日になりますように。

2011年12月18日 (日)

「ダイワにゃん」のかぶり物があると聞いて期待

毎年恒例、 「Dわ はうちゅ」 でのクリスマスパーティー 行ってきました

3_2

ミーハーなわたくしは こんなこともお約束で ちゃんと写真におさまりますが
今年のお目当ては 「ダイワにゃん」の被りもの。

Photo

会社のHPによると、被り物も用意されているとのこと。(画像は↓から転載)

http://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/daiwanyansono2.html

1

2

演奏も歌も たっぷり楽しみました。 また来年に期待~

2011年12月17日 (土)

一番ウケたのは「生中の起源」。。。フードアナリスト4級講座 ビールについて

今週は仕事を休んで(有休は これでおしまい~ (ーー;)
フードアナリスト4級講座の講師を務めました。

日本語でもフードアナリストでも 

「お客さんに楽しんでもらって かつ 勉強になったなー」と思ってもらってナンボ

と思ってるので 

笑いをとるの けっこう本気になってます。

4級講座 覚えること満載で たいへんなんですが 飲料についてやります。

1

でも 今回 一番リアクションが大きかったのが

 「生中(なまちゅう)は、つぼ八の発明」ってやつでした。

そもそも 千葉先生の受け売りだし~

え?それって何? って思われるかたは ぜひ フードアナリスト4級講座受けてみてくださいね~ 

上記画像は今年の3月 ライプチヒのアウアーバッハスケラーで撮ったもの

左から 黒ビール・上面発酵酵母使用の生ビール・下面 です
個人的には 向かって右が好みです。

1_2

日本のビールメーカーが作っている いわゆる「ラガービール」は
多くが 下面発酵酵母使用 の筈なんですが あのすばらしい香りは

やっぱり加熱によって飛んじゃうんでしょうか?
日本の生ビールも 香りはいまいちですが それは消費者の好みに合わせ
控えめにおさえてあるのでしょうか

機会があったら ビールメーカーの開発担当者さんにお話をうかがいたいと思っています。

2011年12月16日 (金)

つけ台に座って お寿司ですっ!

つけ台に座って お寿司ですっ!

といっても、ランチの ねぎとろ丼 ¥680

色あいに乗っているトビ子に 「えっ?」 と最初は思いましたが
ぐしぐし混ぜてたべると プチプチの歯触りが それはそれで楽しいな
とも思えます。

これでもかっ! と乗っている しょうがですが これをつまみに昼酒を飲んでるおやじさんが おとなりに座りました。

何も言わずに つけ台の大将の正面に座ると
大将も 「へいっ らっしゃいっ」 と言うや おてしょうに山盛りにしたガリを
お客のおやじさんの前に出しました。

おはこびのおばちゃんも 「いつもので?」と聞くなり

「はいっ お湯わり」と ササッとサーブしてました。

この間、おやじさんは終始無言。 うっ、しぶいねー 。

このおやじさんが 何を注文するのか しないのか 見届けたかったのですが
ランチタイムが終わりに近づき 後ろ髪をひかれる思いで店を後にしたのでした。

すし三崎丸
板橋区役所前 店

板橋区仲宿64-11  03-3579-3030 

11:00~23:00
http://www.kyotaru.co.jp/misakimaru/misakimaru.html

大きな地図で見る

2011年12月15日 (木)

コーヒヌールの今日のオススメは

コーヒヌールの今日のオススメは

豆とチキンのカレー

豆は ひよこ豆と緑豆、 辛さは6段階のうちの「ミディアム」で。

飲み物はラッシーを選択。

サービスのヨーグルトはバナナ味でした。

お店のデータは こちらをどうぞ ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-503f.html

2011年12月14日 (水)

ランチはパン 食べ比べ ドミニクサブロンの

ランチはバン 食べ比べ

フードアナリスト 4級講座の講師をやっています。

今日は講師・実習生4人で 教室で 買ってきたパンでランチです。
同期のGさんが 朝早くから 東京駅で買ってきてくれました。

カレーパンの中身のカレーが とってもスパイシーで 最初に想像したより
ずっと好きなパンでした。

パンそのものの ぱりぱり感が 別の支店のイートインで食べるより
おいしいなー と感じたのは
仲間と わいわい食べたからでしょうか。

D

デザートに と用意してもらった パン・ベルデュ も 普通のフレンチトーストとひとあじ違って さっくり軽いデザート・パンでした。

画像は お店のHPより転載

Dominique SAIBRON Marché
ドミニク・サブロン マルシェ 東京駅京葉ストリート店
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本 東京駅構内1階 京葉ストリート内
TEL:03-3218-8010
営業時間:7:00~22:00  無休

http://www.maxim-s.co.jp/akasaka/ds/

2011年12月13日 (火)

今日は韓国 昨日の中国に続いて

今日は韓国 昨日の中国に続いて

ポッサムにて 牛すじ煮込みセット
¥750

焼き魚(たら)・サラダ・オイキムチ ・食後のコーヒーつき ごはんは大盛り

お店のデータは 過去ログをごらんください

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-be5d.html

2011年12月12日 (月)

祥福で今日も大盛りランチ

祥福で今日も大盛りランチ

ナスの中国味噌いため ¥680 (#^.^#)

ここのお店の不思議なところは 

「一口目」で 「化学調味料が使ってあるのだなー 」と実感する 「ものすごいウマ味」を感じて

「あれ?失敗したかな?」って思うのだけれど
食べ進むにつれて感じなくなり、 よその店だと絶対に後でのどが渇く筈なのに

この店は食後 のどが渇いたりしない という点です。

Photo_2

手軽においしいので 気に入ってます。

今日の「なす」も 茄子の角がエッジが立って さくっとするほど
しっかり油通ししてあるのに ちっとも 油っこくなくて

さくさく とろっとろの茄子だけ炒め。
大盛りごはんを しっかり完食してしまいました。

これも好きだわ~

お店のデータは 過去ログ ↓をご参照ください

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-3784.html

2011年12月11日 (日)

「官公庁職員様限定」「M-life」って 知らなかったわぁ

今日、夫がテニスから帰ってくるなり

「テニス部の知り合いの人から こんなのもらっちゃったよ~」と 
わたしの顔写真入りの

チラシを見せてくれた。

Mlife

あれ~? これって このあいだわたしが推薦文を書いた

「おアジさま」のチラシだぁ。。。
へえーこんなところで使われてるんだぁ

ここではじめて知りました。

「官公庁職員様限定 インターネットショッピングサイト」「M-life」なるものが

存在するってこと。 へえ~

Mlife2

ちなみに 本人ものけぞるぐらいの 顔写真がついてます
しかも「クリックすると拡大」とか書いてある。 やめてくれぇーーーー!!!

こわいもの見たさで 拡大してみたら 目じりのシワの本数まで
きっちり数えられます。 (T_T)

顔写真を見た夫が ぼそっと
「写真、撮り直したら?」。。。。。 凸ーー;メ)

画像は

http://m55.jp/products/list.php?category_id=108 から転載しました

2011年12月10日 (土)

グラスの魔法 Eisch(アイシュ) おんなじワインを飲み比べると

グラスの魔法 アイシュ おんなじワインを飲み比べると

フードアナリスト講師の W氏のおうちで

同じワインを 違った4種類のグラスで飲み比べる という実験をやってみました

普段使いのワイングラス・
リーデル社ヴィノムシリーズのボルドータイプ・
同じくリーデル社のブルゴーニュタイプ・
アイシュ社の レッドワイン用グラス

の4種類です。

香りが一番立ったのは リーデルのボルドータイプ

味が一番好みに合ったのは アイシュのグラスです。

うっわー こんなに違うんだ~ と あまりの違いにびっくりしました。

Photo_3

 写真は アイシュ社のHPより転載

  http://www.eisch.jp/

 レッドワイン

 素材 : 無鉛クリスタル
 1pc. ¥ 4,725 (税込)

Photo_6 

Photo_7 やっぱり グラス買おう

と 思いました。

リーデルのグラスの写真は リーデル社の

HPより転載

http://www.riedel.co.jp/

  ←ブルゴーニュタイプ

      ボルドータイプ→

2011年12月 9日 (金)

ポッサムにて スンドゥブ 最近ピカイチ

ポッサムにて スンドゥブ 最近ピカイチ

ここ「ポッサム」も 職場の同僚からの お薦めのお店。

「人気でランチは席の予約を受けないので
早めに行くか、遅めに行くか がいいわよ」とのことだったので
1時過ぎに行ってきました。

名物の ポッサム・キムチもおいしそうだったけれど
大好きな スンドゥプ定食を選んで、大正解。

¥780で コーヒー付き

チェーン店などでは アサリがいまひとつだったり
スープが 淡白すぎたり、 「あれ~?」。。。なことが続いたのですが

ここのお店は 最近では ぴか一の大ヒット スンドゥプでした。

スープが「ウマすぎる」ぐらい うま味が強くって、辛さひかえめです。

それにしても 店中、女性客でいっぱいだったのだけれど なぜ?
壁にはチャン・グンソクのマッコリのポスターは貼ってあったけれど。。。

ランチ・メニューの「牛すじ煮込みスープ」っていうのも気になるので
次回はそれを、ぜひ。

韓国ダイニング 宝包 (ポッサム)

住所 東京都板橋区仲宿62-1 ハイタウン 1F

03-6794-5551

営業時間 17:00~24:00 ランチ営業あり

定休日 月曜

大きな地図で見る

2011年12月 8日 (木)

大連からのメール カニ・えび・点心

中国出張中の夫からまたもや 「くやしがらせ」メールが届いた

「大連は零下でとても寒い。でも食事は豪華メニューで毎晩
お腹一杯食べてます。」 
とのこと 

Photo_2

きーっ いいないいな 写真にカニがみえるじゃないの。

生煎 灌汤包 などの点心もおいしそう~!!

どうせなら食べ散らかす前に撮った写真、送ってちょうだいな。

上海城という レストランだそうです。

上海城大酒店

Shanghai Cheng Restaurant
辽宁省大连市沙河口区同泰街24号, 中国

大きな地図で見る

グリルふじの カキフライ¥800

グリルふじの カキフライ¥800

昨日、職場のおしゃれマダムから

「タイ焼き屋さんのとなりの グリルふじ のランチ定食¥600 がナイスよ」

との情報を耳打ちされて、さっそく 行ってきました。

ランチ定食は数量限定で、この日は「売り切れ」で残念~

かきフライ定食 ¥800 を頼みました。

あああぁ~ ごはん超大盛り。。。 なのに
「プラス ¥100 で大盛り」って書いてあります。 (ーー;)

なんてダイナミックなの。。。 ダイナミックといえば 付け合わせの野菜の切り方もかなりダイナミック。
キャベツの千切りはあまり上手じゃない このわたしでも 「勝った」と思ったほどのダイナミックさかげんです。 でも ま 野菜たっぷりでうれしいです。 

たまたま見かけた

常連さん達の 野菜の食べかた
いろいろで おもしろ〜い

1) おみそ汁の中に どばっと投入するおとうさん

2) 主菜の揚げ物を食べたあとに ソースをかけまわして がっとかきこむ人

3)卓上のドレッシングとソース半々で楽しむ おにーさん などなど

今度は早めに来て ¥600ランチに挑戦します。

p>グリルふじ洋食 / 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅

2011年12月 7日 (水)

テルボリートで宴会中

宴会で テルポリートにいきました

Photo_3

何度かランチで行ったことはあったのですが

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/dining-from-f5a.html

夜ははじめて。 料理5品 と スープ・コーヒーつき 

のみほうだいのコースでした。 たぶん 4,000か4,500のコースだった
筈ですが、わたしたちには 補助が出たので 半額以下で
堪能させていただきました。

圓 A定食 鮪アボカド丼セット¥800

圓 A定食 鮪アボカド丼セット800

里芋の煮っころがし も (^_−)−☆

2011年12月 6日 (火)

新橋ベーカリーのカフェで アボカド生ハムサンドイッチ

新橋バン バン屋さんのカフェで

アボカドと生ハムサンドイッチ と ミニサラダのプレート
14:00過ぎていたので、プラス\100 で飲み物付き

紅茶(ミルクティー)を頼んだら 
ちゃんと ほんのり温めたミルクがピッチャーに入って出てきた。

↓ 写真はお店のHPから転載

B

http://www.s-bakery.co.jp/

住所:〒108-0073 東京都港区三田1‐3‐28
電話:03(3454)5343

平日 7:00~19:00
土曜 8:00~17:00
日曜 定休

オープン~11:00 モーニングセット¥450~
11:00~17:00 パンセット¥600
11:00~15:00 ランチパンヴァイキングは料理の価格+¥100 ケーキセット¥600
14:00~ すべての店内メニューに+¥100でコーヒーまたは紅茶が付く。

B2

2011年12月 5日 (月)

PiaNta の ピッツァ 予想外にイケます

 Piant の ピッツァ 予想外

まあったく 期待しないで はいったら (失礼!)
なあんと イケるじゃないですか
パリパリ ローマ風。

ランチは日替わりパスタかピッツアに飲み物付きで ¥750

お店のHPから転載させていただきました↓

1

ただし、ピッツアはうすーいクラストですので
シカゴ風の厚いやつ、ナポリ風のもちもちのやつ がお好きなかたには
もの足りないかも。 チーズも普通の「とろけるチーズ」使用です。

わたしは”真のナポリピッツア”じゃないなら この薄ーいクラストが好きなので
今後も贔屓にするつもりです。

HPを調べてみたら、「有限会社ピアンタ」という会社が経営するチェーン店で
板橋店 仲宿店 志村坂上店 本郷店 神保町店 飯田橋店 があります。

ピアンタ 仲宿店
板橋区板橋3-10-5
03-5943-6555
営業時間: 11:00~23:00
ランチメニュー:11:00~15:00

http://www.e-pianta.com/itabashi/

2011年12月 4日 (日)

災害時の強い味方かも ミヤハラバーナーの炊飯袋

地域の防災訓練に出席した家人が興奮して帰ってきた。

1
「電気もガスも止まったらこうやってご飯を作りましょう、というデモがあったんだよー 」

「食べてごらん このごはんおいしいよ」と まるで自分の発明のように自慢する。

どれどれー と お湯炊きのごはんを試食する。
「へえーおいしいね ふつうのごはんだねー」

秘密は耐熱性ポリプロピレン樹脂の袋にあるらしい。

ビニール袋に

ここまで米を入れる

ここまで水を入れる

ここを折り返してしばる

と わかりやすいよう線がひいてあって

作り方も印刷してある。

ミヤハラバーナー さんという会社の製品ということで HPを検索してみると

麻布十番にある、灯油を燃やすバーナーのメーカーさんの製品だった。

HPには この袋を使って

おいしくごはんを作る 作り方もイラストで紹介されている。

なるほど 便利。 

HPには以下のようにも書いてあった。

「炊飯袋¥14,700(税込)
(使用法説明付、1,000枚入り)

耐熱ポリプロピレン樹脂製
寸法 / 100X300X厚さ0.05(mm)
*使用後、焼却してもダイオキシンの発生のおそれはありません

この炊飯袋の原料は、食品衛生基準を合格した耐熱性ポリプロピレン樹脂です。
一般のビニール袋では、炊飯できませんのでご注意ください」。

我が家も このような イザというときの備え、必要だなー と痛感した。

鍋用の卓上コンロで 十分おいしくごはんが炊けるそうだ。

こちら ↓ ごはんとおかゆの 炊きあがり写真 HPから転載

2

http://www.miyahara-burner.com/

株式会社スワーク
所在 〒106-0045東京都港区麻布十番2-13-11  スワークビル
Tel: 03-3453-3511
Fax: 03-3453-3622

2011年12月 3日 (土)

あつあつ ほふほふ が ごちそう 「桃李」の 三鮮粥 ¥750 

板橋区役所前 「桃李」で  日替わり ランチ ¥750 

この日のメニューは 三鮮粥。 

サラダ おしんこ ねぎの生姜だれ漬け(うまい!) アンニンドウフ 付き。

Photo_2 

三鮮の具は 「えび・イカ・鶏肉」 。 

ワンタンの皮をパリパリに揚げたもの と 三つ葉がのっています。

お店としては 油条と香菜 といきたかったのでしょうね~
わたしも そっちのほうが好き。

熱いですよ~ という配慮でしょう。 取り分け用のお椀が付いてきましたが
わたしは お行儀悪く、どんぶり直で はふはふ。。。

香港の街角なんかで食べる、お刺身に白粥を ざばっとかけて
お粥の温度で お刺身に火を通して食べる、あの 三鮮粥を ちょっと想いだしました。

お店のマダム(?)に尋ねると 冬場はお粥ランチ、けっこうな頻度でやるそうで
期待しましょう。 何度か通って顔を覚えてもらったら 

わたしの一番すきな お粥、

「皮蛋痩肉粥」の 「肉抜き」 に 香菜とネギ

って 作ってもらえるか 聞いてみようと思います。 

桃李の お店情報はこちら↓をご参照ください

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-059f.html

2011年12月 2日 (金)

「破天荒」の担々麺で ほっとひといきランチ

破天荒の担々麺で ほっと

職場の雰囲気が 天気に左右されることって ないですか?
いろいろ ドキドキしちゃう 出来事が多かった日は
お気に入りの担々麺で ほっとなごみつつ

ピリッと 体にカツを入れます。

このつぎは どーんと角煮の のっかった 肉扣担々麺を試してみたい

板橋 「破天荒」の店舗データは こちら ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-4ec0.html

2011年12月 1日 (木)

オぺラシティーで 毎年恒例 東京フロイデ・日本フィルハーモニー交響楽団の第九を聴く

毎年恒例 

東京フロイデ合唱団・日本フィルハーモニー交響楽団・小松長生指揮の第九

今年は オペラシティコンサートホールで でした。

Photo

ホールの音響の違いか 小松氏の意図が違うのか

昨年とうって変わって、エネルギッシュな というか ずいぶん速くて大胆な
1.2楽章。。。と思いきや 一転

「あー第九って 宗教音楽だったのかぁー」と しみじみ感じた後半。

特に合唱の前は 高くたかーく天に昇っていくような音が
ホールの三角の天窓に吸い込まれていくようで
ちょっと涙が出てしまいました。

毎年、四谷のメサイアコーラスで幕を開ける わたしの アドヴェントですが
今年は聴きにいけず、この第九が クリスマスシーズンの最初の音楽になりました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »