フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 板橋区役所前 ロックフィールドの黒糖フルーツロール | トップページ | 神楽坂でランチ 鶏ささみフライ定食 ¥750 »

2011年10月26日 (水)

「おアジさま」と命名された「味わいの逸品」とは?

フードアナリストなる仕事をしていると、時々 思いがけないおいしいものに出会う。

この「西脇水産」という会社が出している

「わじまの朝」という 干物も、ちょっとびっくりのおいしさだった。

5種類の魚の干物の詰め合わせなのだが  Photo

その中でも特に 「鯵」と「するめいか」が出色だ。

試食を手伝ってくれた、近所の友人は

「おアジさま」と命名したくらいだ。

もちろん、おいしい という意味なのだが

普段わたしたちがスーパーで求めるものより

ちょっとばかり高級品という意味でもある。

1枚 ¥600の鯵の干物、普通は買わないかな~?

うん。わたしだったら普段は買わない。

ただし、この「おアジさま」の味を知ってしまった今は

ちょっと悩んでいる。

だって、間違いなくおいしいのだ。 身厚の するめいかもGoo・・・だ。

だから、値段を気にせず、ためらわず推薦文を書いた。 本文にはこう続く

「じゅわっと脂ののった、ほくほくの身。

天然塩の甘みが国産の新鮮素材を引き立てます。1枚ずつ真空パックのうえ、

冷凍状態で届きます。少人数でも無駄知らず。身の厚いイカが特にお薦め。

ささっと焙るも、じっくり、こんがり焼くも良し。」

興味のあるかたは お問い合わせください。

« 板橋区役所前 ロックフィールドの黒糖フルーツロール | トップページ | 神楽坂でランチ 鶏ささみフライ定食 ¥750 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/53089205

この記事へのトラックバック一覧です: 「おアジさま」と命名された「味わいの逸品」とは?:

« 板橋区役所前 ロックフィールドの黒糖フルーツロール | トップページ | 神楽坂でランチ 鶏ささみフライ定食 ¥750 »