フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ドイツ旅行13 ザクセン復興へのパワーにうるうる マイセン・タイルの王者の行進も | トップページ | サラダランチ ロックフォールをパンに塗りぬり 九段下プティ・トノーで »

2011年4月15日 (金)

ドイツ旅行14 ソーセージ入りグーラッシュと牛の煮込み ドレスデンのランチはGasthaus Am Neumarkt

2011年3月18日 ドイツ7日目 ドレスデンでのランチ

いつも だー(夫)との海外旅行の食のパターンは

Photo 朝をホテルでたっぷり。 
昼をちょっと良いレストランでその店の自慢料理か郷土料理を
夜は部屋で スーパーで買ったお惣菜で酒盛り、というのが多い。

昼を買い食い程度に抑えた日は、夜 レストランへ行く。

今回の旅行は、朝ごはんがどのホテルも充実していた。

ドイツの朝食はコンチネンタルではないので、おかずが充実しているしパンの種類が豊富で、ついつい食べ過ぎてしまうのだ。 

この日は だー がガイドブックで見て「よさそう」という

Gasthaus Am Neumarkt で、

メニューの「ザクセンの郷土料理」というページから選んだ。

Photo_3 メニューは ちゃんと英語併記のものがあった。

食後、お店のおねえさんにメニューについて質問すると、作りかたまで教えてくれた。

それにしても観光地だということもあるけれど、ドイツに来て 言葉が通じなくて困ったということが、ほとんど無くて助かった。

たぶん、言語が近いせいもあるのか

フランスやイタリアより はるかに通じる。

予想した以上にフレンドリーで親切なのは、今思えば、震災直後で「見るからに日本人」だったから、というのも多少はあったのかもしれない。

Linsensuppchen  3.9ユーロ Photo_4 レンズ豆のスープ。 あつあつで滋味豊か。
二人でシェアするのがちょうどいい分量。

メインが多いのだから、やめておくのが無難なのだけれど、外はみぞれになりそうな雨降り。

スープ好きの だー は 
「まず、スープ」なのだ。
塩分が半分だったら、体によさそう~

このしょっぱさが ザクセン料理の特徴なんだな~ ビールが すすみ

二人で Radeberger というピルスナーと Krusovice という黒ビールを飲み干す。

どろっとしているのに 豆が崩れていないので、お店のおねえさんに聞いたら
「じゃがいもを入れるのよ」とのことだった。

なるほど~

1

Sauerbraten  ザワーブラーテン 8.9ユーロ 牛のすね肉の煮込み。
やわらかさの秘訣は マリネ液に一晩漬けておくことだそうだ。干しブドウ入りの甘酸っぱいソースが、お肉をしっとりさせて食べやすい。
付け合わせは じゃがいものお団子と赤キャベツ。 赤キャベツはザワークラウトではなくロートコール というらしい。 ふつうのキャベツより太めに切ってあって、酸っぱさも柔らかい気がする。

Photo_5

Wurstgulash 6.9 ユーロ  ヴルスト・グーラッシュ。 グーラッシュは、もともとはハンガリーの「農村の煮込み」。
トマト味でパプリカが入り お肉のかわりに ヴルスト、つまりソーセージ入り。
ひもかわうどん のようなパスタが添えられて、上にはチーズがたっぷり。

Photo_6 

以上、ビール3杯・スープ1皿・メイン2皿
税19パーセント込で

26.7ユーロでした。

店内にはマイセンのフィギュアや食器がいっぱい。 

お隣にカフェが併設されている。

お店のホームページはこちら

ただし、ちょっと重いので ご注意を

http://www.gasthaus-am-neumarkt.de

« ドイツ旅行13 ザクセン復興へのパワーにうるうる マイセン・タイルの王者の行進も | トップページ | サラダランチ ロックフォールをパンに塗りぬり 九段下プティ・トノーで »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/51393056

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ旅行14 ソーセージ入りグーラッシュと牛の煮込み ドレスデンのランチはGasthaus Am Neumarkt:

« ドイツ旅行13 ザクセン復興へのパワーにうるうる マイセン・タイルの王者の行進も | トップページ | サラダランチ ロックフォールをパンに塗りぬり 九段下プティ・トノーで »