フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 真イワシの別名は金太郎 嵯峨野晶 著 「江戸前七つ星」おすすめ | トップページ | 宴会用のワインを エノテカ・オンラインで注文 »

2011年4月25日 (月)

ドイツ旅行17 水の都バンベルグBambergのラオホビア スモーキーでどこか甘い 

2011年3月19日 ドイツ8日目

 
Photo_6

肌寒い バイロイトBayreuth から バンベルグ Bambergまで 68キロ 45分。

一転 ぽかぽかの晴天。

町に入っただけで 「ああ、ここは旧西独だ」という空気。 街のたたずまいが軽妙洒脱というか明るい。
水の都の世界遺産。 一目で気に入って、「ここに住んでもいいかも」と思う。

1

休日だということもあって、ドイツ国内から大勢の観光客が訪れている。 
ツーリストインフォメーション・センター前から 幾組ものウォーキング・ツアーのグループが出発している。

Photo ツーリストインフォメーションの場所は
現在 移転して、
2011年度版のガイドブックに記載されている場所とは違うのでご注意を。

われわれのようにカー・ナビに頼ると

無事連れて行ってもらえますが (^^ゞ

残念ながら、この日は
外国語対応はナシ、とのことで
 レストラン情報が載ったパンフレットをもらい、個人でまわることになった。

大聖堂や 旧市庁舎など 歴史的な見どころは いろいろあるのだが 

バンベルグの見どころは 何といっても 水の上に架かる 幾本もの橋を渡って、 水車や古い家をながめ、小さな小路を そぞろ歩くこと。

Photo_2

この日はカヌーの練習をしている地元の人や

カフェの表で日光浴をしながらお茶やビールを楽しむ人が たくさん見かけられた。

Photo_3 *

*

*

*

*

*

*

たくさん歩いた後は

バンベルグ名物の

ラオホビア Rauchbier を味わうため ビアハウスが並んでいるエリアへ。

Schlenkerla  Historischer Brauereiausschank という店がにぎやかそうだったので。

店内は込み合っていて、相席。 
見ていると、どの席も相席らしく、やあこんにちは、どこから来たの? といったあいさつが交わされていた(ようだ)。

Photo_5 後で知ったのだが、ここはビールの製造元の直営居酒屋。

ラオホビア の ラオホとは「煙」の意味。

原料の麦芽を ブナのチップで燻煙させて作る。

今まで飲んできた 黒ビールとは全く違う味わい。

どっちかっていうと「ダシの利いた」味。

燻製好きの私は大好き。 

これはスルメとか すきみタラとか チーかま とかにあいそうなビール。

ドイツに来て8日目にして、和食系おつまみへの郷愁がわきおこる。

不思議。

しかし、そんなものは望むべくもなく、ビールのあいの手は ソーセージ。

これは、これで いける。

Mauzen Fass 2.4ユーロ

3

Bratwurst 3 stck  5.15 ユーロ

ここでのお支払いは 二人で 9.95 ユーロ。

Heller- Brau Trum KG
Dominikanerstr.6, Bamberg 96049

http://www.schlenkerla.de

« 真イワシの別名は金太郎 嵯峨野晶 著 「江戸前七つ星」おすすめ | トップページ | 宴会用のワインを エノテカ・オンラインで注文 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/51474505

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ旅行17 水の都バンベルグBambergのラオホビア スモーキーでどこか甘い :

« 真イワシの別名は金太郎 嵯峨野晶 著 「江戸前七つ星」おすすめ | トップページ | 宴会用のワインを エノテカ・オンラインで注文 »