フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました | トップページ | 板橋国際交流財団 日本語教室 開校式は修了式も兼ねて 2011年前期 »

2011年4月 9日 (土)

ドイツ旅行12 ザクセン・ワイン街道 Sachsische Weinstrasse を行く

2011年3月17日  ドイツ6日目

Photo_5 

早朝 ライプチヒ Leipzig を出発して マイセン  Meissen まで 85キロ。
マイセンで陶窯 を見学し、ランチを食べてから ドレスデン Dresden を目指す。
30キロちょっと。

Photo_6

出発前に ドイツ観光局のページで調べ、東西融合の象徴

「ザクセン・ワイン街道  Sachsische Weinstrasse  」というものががあると知った。

西ドイツだけがドイツだったころは 

「ドイツワインっていったら 甘い白」

という認識だったが

旧東独地域を中心に ドライな白や なかなかの赤が出てきている、

という情報を得た。

今回も下道を行く。

マイセンの観光案内所で とても親切なおねえさんに

「ザクセン・ワイン街道」の ワイナリーを見学したいのだけれど、英語対応してくれるワイナリーはありますか?
と質問したところ、「それじゃ、ここ」 と勧めてくれたのが

Schloss Wackerbarth だ。

カー・ナビの 案内を無視し、観光案内所でもらった地図を見ながらすすむ。
なぜなら、カー・ナビには「景色がいい道」なんていう選択肢がないからだ。

Photo_7

ワイナリーのショップ兼インフォメーションセンターのカウンターで

Photo_8

「残念ながら、今日の英語対応のツアーは終わってしまいました。

建物の内部には入れませんが
敷地内はご自由にご見学ください。」

と言われる

敷地内の案内図によると、

1.5キロ~4キロ と、ハイキングコースも幾種類かあり

気候が良ければ ワインとパンを持って ハイキングも楽しそうだ。

ここは、ごく最近 「近隣の葡萄農家の畑を統合してオープンした」ワイナリー。

Photo_9

葡萄の樹は まだ芽ぶきには早すぎ。剪定が終わって 春を待つ。。。といったところか。

Photo_10 Photo_11

せっかく来たのだから、と ショップでワインを購入した。

Photo_12

2009er Riesling Kabinett  14.5 ユーロ
2009er Bacchus QbA trocchen  ハーフボトル 11.5 ユーロ

これらのワインはオンラインでも購入できる。

ワイナリーのホームページは こちら ↓

http://www.schloss-wackerbarth.de/

この日の宿はドレスデンの郊外。

郊外の新興住宅地にあるホテルで

ホームセンターや大規模スーパーが隣接していそうなところ、とあたりをつけてネット予約した。

ねらいは良かったのだが、その「スーパー」もまだ建設途中という、超新興地域だった。

丘の上にぽつんと建つホテル。

これまでの運転疲れが出たのか だー(夫)は着いてお風呂に入るなり、早々に いびきをかいて寝てしまった。

というわけで、この日の夕食は ポテトチップとチーズ・ハムと この日買ったワインをひとりで ぐびぐび~

« 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました | トップページ | 板橋国際交流財団 日本語教室 開校式は修了式も兼ねて 2011年前期 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/51333392

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ旅行12 ザクセン・ワイン街道 Sachsische Weinstrasse を行く:

« 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました | トップページ | 板橋国際交流財団 日本語教室 開校式は修了式も兼ねて 2011年前期 »