フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ドイツ旅行10 トイレでの恥ずかしい話 | トップページ | 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました »

2011年4月 7日 (木)

ドイツ旅行11 マイセン陶窯 アウトレットとカフェ マイセンのブルーオニオンのセットでお茶

2011年3月17日(木) ドイツ 6日目

マイセン陶窯を見たい。 あわよくばアウトレットでB級品のブルーオニオンのカップを格安で手に入れたい。

Photo
ということで、「マイセンの陶器工場」にやってきました。

この旅行に出て6日目、初めて日本人に会いました。
うれしくって、思わず「こんにちは~」ってご挨拶しまくってしまいましたが、
あちらは、ちょっと「しらー」っとしてる感じ。
団体行動の様子だから、ずうっとグループの日本人とごいっしょで、日本人なんか珍しくもないんですよね。
はしゃいでしまって、恥ずかしかったかも。

マイセンの双剣のロゴの変遷。

入場料9ユーロ払うと、陶器の製造工程が見学できます。

 
Photo_2 Photo_3

と言っても、本当の工場内に入れてくれるわけではなく、ツアー用のコースを巡るだけですが
日本語イヤホン・ガイドを貸してくれるので、きちんと説明が理解できて良かった。

英語だったら、ちょっとキビしかったかも。

今でもすべて手作業ということで、ロクロで成形する工程から、絵付けの工程まで
詳しく見ることができます。

Photo_4

マイセンのテーブル・セッティング。

アウトレットの商品は大きく分けて2種類で

職人さんが作ったんだけど、
市場には出せないB級品:
     これは底に職人さんの番号入り

習い職人さんの習作。

前日、ドレスデンのマイセン直営店で 

ひやかしにチェックした金額の 半額よりは高めの値段。
日本で並行輸入業者がネット販売してるのと、モノによっては あまり大差なし。
だったら、わざわざ割れる心配しながら、B級品持って帰ることないよね、と購入をあきらめました。

やっぱり庶民には高嶺の花です。

Photo_6 

Photo_7

見学の後、館内のカフェで軽くランチ。
お二人さまのランチ代金 14.5ユーロ。

「マイセンのセットでお茶~」って すごく楽しみにしていたのですが、
珈琲にしたほうが無難だったかもしれません。

陶器工場の前に立ち寄った、マイセンのツーリスト・インフォメーションのスタッフが 他のところに増して親切でした。

地図をもらったついでに、絵ハガキを買ったら 「切手はいらないの?」と声かけてくれました。 まさか、ここで切手が買えるとは思ってもみなかったので、ラッキー!

「日本までなら、0.75ユーロなんだけど 0.75の切手1マイと 65+10の切手とどっちがいい?」と細かい心くばり。 どちらもきれいな花の柄で 母に0.75の切手ですでに1枚送った後だったので

「65+10 ください」

インフォメーションの前で写真を撮っていたら、観光局のスタッフとおぼしき ビデオカメラかついだ若い男性が 「撮りましょうか?」 と 二人ならんで後ろの塔をバックにきれいな写真を撮ってくれました。 さすがプロ! 

記念になります。 ありがとう!

« ドイツ旅行10 トイレでの恥ずかしい話 | トップページ | 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
あのカフェでランチとcafeお茶をされたんですね。羨ましい~。
私はちらっとのぞいただけで終わりましたweep
私もブルーオニオンのカップがほしくて、買うぞと意気込んで行きましたが、
B級品でもそれなりのお値段。。。お手頃価格のバラのカップ&ソーサーを購入しました。
パイプオルガンのコンサートも聞きましたよ。素敵な音色にうっとりでした。

>わぁ~ ともさん バラの買われたのね いいな~。 
あのバラの図柄は、アウガルテンのウィンナーローズの元になった模様なんですってね。 
マイセンのカップでお茶、いいな~ すてき!!
売店で売っていた 双剣マークだけが書いてあるマグカップ 買おうかどうしようか悩んだんだけど
結局 やめました。

ところで、先日 実家(神奈川県のいなか)に行ったら、近所のJA直売所で ネギの苗 売ってました。
思わず 「家のプランターで育てようかな~」と 悩んでいる最中です。
シロウトでも それなりに育つかしら?

こんばんわ。
バラ柄のカップ、そんな素敵な図柄の元になったなんて、知りませんでした。
今度使う時は、感慨にひたりながら使ってみます。

私のブログをご覧いただいているようで、ありがとうございます。
私は邪魔する程度(お手伝い)ですが、ご近所のサラリーマンの奥様も、
家庭菜園で作ってますので大丈夫ですよ。
大きくなる過程で土寄せという作業をして行きますが、
しなくても大丈夫です。ただ青いところの割合が多くなるだけです。
栽培方法などの詳細はネットでも、おそらく検索できると思います。
是非チャレンジしてみて下さい。

>ともさん

はーい。 次回、実家に行った際、まだ苗売っていたら、チャレンジしてみますね~。

ベランダに青みがあると、心強いですもんね。

ともさんのブログは 写真がきれいで楽しませていただいてまーす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544421/51323951

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ旅行11 マイセン陶窯 アウトレットとカフェ マイセンのブルーオニオンのセットでお茶:

« ドイツ旅行10 トイレでの恥ずかしい話 | トップページ | 吉村葉子さんのブランダード brandade 神楽坂6丁目 ジョルジュ・サンドで味わってきました »