フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

今朝子の晩ごはん 松井今朝子さんのブログ本 お奨め

おすすめ図書

1

松井今朝子さんの ブログ本 「今朝子の晩ごはん」。

気に入った本は繰り返し読むほうなので、この本は今年、3回くらい読み返しました。

実は恥ずかしながら、同名のタイトルの1冊目を読んで 「この人おもしろい!」と
直木賞受賞作を読んだのです。

特にこれからブログやろう~と思ってらっしゃるかた

プロの小説家のブログって こんなに面白いんだ~と 勉強になりますよ。

2010年12月30日 (木)

川崎のカフェデニム Café Denim でスタートした

[Café Denim (カフェ デニム)]

コーヒーだけで12種類とメニューは豊富です。そのうえ、トッピングで各自お気に入りの「マイ・メニュー」が作れる仕組み。

Photo

トッピングは蜂蜜や生クリームなどがあり、50円から150円です。「厚切りプレーントースト」にあずきをのせたり、「特製キーマカレー」にめだまやきを追加したりできます。
シャリシャリのサラダに驚いて、特別な野菜かとオーナーの恭子さんに尋ねました。
「食材の下ごしらえを工夫しているだけ。私の手間はタダですもの」。と柔らかい笑顔の答えでした。

以上の短い文章は 今年の夏 取材させていただいた際の記事。

実は、自分自身かなり思い入れのある文章だ。
今年は家をリフォームするにあたり、半年間、家から離れた場所で生活をした。
その際、引っ越しのバタバタの中での取材、記事書きで難儀した。

新しい場所で友達もダレもいなくて、ちょっと心細く思っていたので
Café Denim (カフェ デニム)のオーナーの恭子さんが がんばっている姿に励まされたのだった。

2

記事として文章を書く時は「だ・である」で ブログなどを書くときは「です・ます」で
と、なるべく意識して書き分けるようにしているのだが
この記事の時は お店のやさしい雰囲気を盛り込みたくて、敢て「です・ます」を採用した記憶がある。

雑誌の都合で活字になるのが 大幅に遅れて、掲載号を手にするのは年明けになる見込み。

「Savarin Vol.13 冬号」、手元に届くのは 1月 小正月以降の予定。

Café Denim (カフェ デニム)と、もう一軒は Savarinに掲載されましたよ、というニュースとして
ブログに書きたかったので、ずうーっと我慢していたが、今年中にアップしておくのが
礼儀だろう、と思うので(今さらなのだが)

3

オーナーの恭子さん。 いろいろお世話になりました。 2011年もおいしいコーヒー飲ませてくださいね。

店舗DATA
住所:神奈川県川崎市幸区遠藤町63-5 愛光ビル102
TEL: 044-541-5805
営業時間 
月・水・木曜: 9:00~18:00 L.O. 17:30
火・金・土曜: 9:00~23:00 L.O. 22:00
定休日:日曜日・祝日

川崎駅西口北 86番バス停から『川74』神明町経由上平間行きに乗り、
川崎駅から数えて5つ目のバス停『神明町』で下車、斜め前。

Cafe Denim カフェ / 矢向駅川崎駅京急川崎駅

2010年12月29日 (水)

ブリュッセルでデジカメ盗難 北斗晶に似た婦警さんに

デジカメを盗まれてしまいました。 100パーセント自分の「うっかり」で、「わたしのバカバカ!」と自身をタコなぐりにしたかったです。

しゅみーと倶楽部で日記を読んでくださっているかたは、昨年の日記の転記です。ゴメンナサイ。

Photo_2

2009年12月。 ブリュッセル2日目。

今回の旅行前にも「ブリュッセルって観光客狙いの盗難が多いんだって~日本人の中高年夫婦の被害が多いんだそうよ。気をつけようね」 などと、まるで人ごとのように話をしていました。

ヨーロッパに着いて2日目の夕方、一日じゅうブリュッセル町めぐりを楽しみ、翌日ブルージュに行くための列車のチケットを中央駅で購入するため地下鉄に乗りました。

Photo_3  

(朝、地下鉄に乗る時の写真↑ 余裕があるのでバックのポケットを内側にしている)

Photo_5

(中央駅構内のカフェもクリスマス・デコレーション ↑)

 折しも、クリスマス直前の日曜日の夕方です。 この日は普段日曜日は休業している商店やデパートなどが、クリスマス・ショッピング用に営業をしており、たくさんの市民が繁華街にあふれて、その人たちが帰宅するラッシュにぶつかってしまいました。

Photo_4

(パリ北駅 ↑ 周りも「民族の大移動」 って感じでした )

通常、街歩きをするときは、バッグは斜めがけ。乗り物に乗るときはバッグのポケット部分は体に接するように持つ。 などしていたのですが このときばかりは、うっかりしていました。 (↓ ポケットが外側)

Photo_6  

ホームの様子を撮影したデジカメをバッグのポケットにつっこんだまま、バッグの向きを変えずに(ポケットが外を向く方向で)満員電車に乗り込んでしまったのです。

1

(朝の比較的すいてる車内。 ↑これが夕方は東京の通勤電車並みに満員になっていた)

Photo_7

(問題のポケット↑)

不幸中の幸いは、盗まれたのがデジカメひとつだったこと。 旅行2日目だったので、失ってしまったデータがそれほど多くはなかったこと、です。

翌日、警察に行きました。 柵のはまった窓から、体格の良い女性警官さんが顔を出し、二コリともせず 「盗難届? ちょっと待ってて」とブッキラボーに言うのみ。

Photo_8

印象としては ふきげんな北斗晶が髪の毛ボサボサにして、水色の警察官の制服着て出てきたみたい。

やーん。おっかないおねえさんだなー と不安になりました。
待合室で10分以上待っていると内側から鍵が開く音がして「はい、こちらへどうぞ」 と
 北斗晶のオフィスに通されました。 どうやら個室を持っている、ちょっと偉い人らしく、机の前には金属のネームプレートが置いてあり、壁にはライセンスのようなものと パトカーにまたがった、おねえさんの写真が貼ってありました。

Photo_9

「盗まれたのカメラだけ?それだけ?現金は?ないの?」と その程度で届けなんか出すなよ、という口調でしたがテキパキ書類を作ってくれました。話をしはじめると急にフレンドリーになって、無事保険用の証明書(↓)を作成してもらうことができました。

Photo_10

帰国後、保険請求したところ、無事 買った時の金額が全額振り込まれました。盗難にあわないようにする、というのが 当たり前ですが、 いざ遭ったときのために

PCやカメラのシリアルナンバーを控えておく、というのが必要なんだ ということを学習しました。 盗難届がスムーズに受理されます。

2010年12月28日 (火)

原宿 表参道市場 伝 「天の鈴」 自然放牧牛乳のミルクジェラート

表参道で用事と用事の間に1時間あったので、裏道をぶらぶら。。。

Photo_2

八百屋さん?花やさん? こんな感じのお店を発見したので、立ち寄ってみました。

表参道市場 「伝」 というお店です。

「榊 国産」という札にひかれて、お店のスタッフに質問してみたところ
「今、お花屋さんや、スーパーなどで売られている、一対¥200~¥300の榊は たいてい東南アジアからの輸入です。
 こちらは、純国産。新鮮な分、持ちがいいですよ。 上手に育てれば、根が出てきます。」

へえぇ~ 知りませんでした。 happy01

Photo_3

お店の中で アイスクリームも発見。
1カップ 2フレーバー ¥380 とのことで

Photo_4

和三盆糖蜜 と ビターカラメル を試してみました。
上品な甘さで「自然放牧牛乳のミルク」っていうのも なるほど~な とろとろ感でした。

「旨すぎない 脂肪」のミルクの味が 信頼できます。食べ飽きない、安心して ダレにでも食べてもらえる 「国産を応援しよう!」っていうジェラートですね。

Photo

お店のページは こちら ↓
http://www.omotesandoichiba-den.com/news/

天の鈴のページは こちら ↓
http://www.tennosuzu.jp/

表参道市場 伝 アイスクリーム / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

2010年12月27日 (月)

ジャパンタイムズにカラー写真 東京フロイデ合唱団 第九

びっくり! "The Japan Times" を何気な~くながめていたら 
12月24日の20面、つまり日本語の新聞ならテレビ欄があるページ一面の
"Weekend SCENE"に第九の記事を見つけた。
あれ~? この写真 すごく見慣れた絵だな~と よくよく記事を読んでみると、先日聞きに行った「東京フロイデ合唱団」の演奏会の様子。

Photo
あの演奏会は 12月5日のことだったので、今さら何のニュース?と思ったら
"Japan makes Beethoven's Ninth No.1 for the holidays" と題して ナゼ日本では”暮れには第九”になったのか、というお話で これから聞ける第九演奏会の一覧もあった。

すっごーい! Kさん(母の昔からのふる~いお友達)新聞に載っちゃってるよ~ と大騒ぎになりました。 wobbly

演奏後の様子は こちらの写真をご覧ください ↓

http://sanko3ko.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-ac21.html

2010年12月26日 (日)

ウサギのシチュー ベルギー ゲントにて「うさぎ美味しかの山~」

Photo_7

想い出し旅日記、昨年の今ごろは。。。ベルギーのゲントにて雪まみれ~

Photo

複数のガイドブックに取り上げられている、ベルギー・ビールの店 「MAX」 で。ここはフラスコ型のジョッキを注文すると、靴をかたっぽ預けることになっている。フラスコ型なので飲み干さねばならず(置けない・現在はフラスコ立てが出てくるが)よっぱらって代金をふみたおされないよう、靴をあずかり、天井のカゴに吊り下げてしまう、というシステム。

Photo_2

「ワーテル・ゾーイ」が食べたいんだけど、おすすめの店ありますか?と聞いたところ親切にコースターの裏に地図を書いて教えてくれた。歩いてすぐの店「’TGENIETERKE」。

Photo_3

わりと「当たり」のレストランに関しては、勘が働くほう。 その勘によると「?」な外観だった。 けれど、これが「大当たり」。

Photo_4

ワーテルゾーイ (鶏のゆるいクリーム煮) と

Photo_5

うさぎのプルーン煮込み。

Photo_6

年賀状のウサギの絵柄を探しながら、ふと想い出した。 あの味~

子供のころ「ふるさと」の歌詞を 「うさぎ美味し、彼の山。小鮒釣りし、彼の川」だと信じて、うさぎってどんなに美味しいんだろう~と想像していた。 「追いし」だとわかったのがいつだったのか覚えてないけど。

うさぎは 「美味し」い。

2010年12月25日 (土)

今日の富士

飽食のクリスマスイブから一夜明けて ぽかぽか陽気のクリスマスでしたね。Fuji1

本日16時30分ごろの富士さん ↑

Fuji2

本日16時40分ごろの富士さん ↓

Fuji3

年賀状書きが 終わりません~ 

2010年12月24日 (金)

実家でクリスマス ごぼうのクリームスープと手作りテリーヌ

実家でクリスマス

毎年恒例の「実家でクリスマス」。 今年も 義妹と母が 腕をふるった ごちそう。

1

今年のスープは ごぼうと玉ねぎのクリームスープ。 ごぼうの香りがとてもいい。エビすり身のフライ。サラダ。ローストビーフ。ローストチキン

2

毎年、スターターの冷菜とテリーヌは義妹の特製。 サーモンといかのタルタル。ディルとピンクペッパーでクリスマスっぽい。 定番ピンクと白のテリーヌは かにとホタテ味。アボカドのテリーヌは、今年デビューの味。

8時に始まった宴は、1時近くまで続いた。

2010年12月23日 (木)

今夜も自宅宴会 準備中 日本酒5種とワイン3種 のみくらべ

今夜は近所のかたをお招きして 「おかげさまでリフォームが完成しました」記念宴会です。1

お花のアレンジが 我ながら、かわいくできたので記念写真~

2

お花屋さんに サンダーソニアがあると、つい買っちゃいます。大好きなので。

Photo

玄関のニッチ収納の上 には 朴葉に金柑を入れたもの。 先日食べに行った「へぎそば匠」さんの お造りがくるまっていた 朴葉がきれいだったので いただいてきました。

3 

元々は ↑ これです。

今日のメニューも 作りなれた ハヤシ風ストロガノフ と ヅケのっけちらし寿司の予定

大人(OVER50)の集まりなので、お酒がおいしく飲めるよう ちびちびつまめる フィンガーフードを考え中です。

2010年12月22日 (水)

麻布十番 himelで焼きプリン食べながら想い出した クレームブリュレがクレマカタラナに替わる瞬間

今日は節約モードになって ワンコイン・ランチだっ と¥490の定食を食べて とっても不本意だったので(あー コンビニのおにぎりにすれば良かった~)
「安けりゃいい ってもんじゃないっ!」と 満腹なのに不満足というフラストレーションをかかえ、麻布十番を歩いてると ややっ! ジューススタンド himel に”焼く堂島プリン”の 文字発見。 

ところで 堂島、とくれば 関東人の私は「モン・シュシュ?」と思いがちですが どうやら、こちらの「堂島」は 単なる地名みたい。

焼きプリン こんな感じです。 ¥250

Photo

お店のベンチでプリンを食べ食べ、15年ほど前「クレマ・カタラナ と クレーム・ブリュレの境界線って どこ?」と 食べ歩いたことを想い出しました。

イタリアはジェノヴァあたりから車で海岸沿いにバルセロナを目指す。「激走」するほどもなく、1日で「カタルーニャ圏」に入る。 イタリアーフランス国境は あっけないが、フランスースペイン国境も もっとあっけない。
クレーム・ブリュレの硬さは 一気に クレマ・カタラナの とろとろに変わったりしないのだなー というのが実感だったっけ。
どっちが好き?と聞かれると迷う。 どっちもそれなり、ですよね。 カスタードがゆるいか 固いかの違いかとおもったら 調べてみると製法が違ってました。

「クレマ・カタラナ」は、カスタードクリームを冷やして固めたもの 
対する「クレーム・ブリュレ」は、プリンのように生の卵液に火を通して冷やしたもの。

う~ん そうだったのね。

それにしても、クレームブリュレにしても クレマカタラナにしても 焼きゴテのごときもので
じゅっと 焼きつけていたように思うのですが
最近はバーナーで焼くのですね。 で、表面のパリパリのキャラメリゼの部分は これでもかっ というほど もっと たっぷり お砂糖、だと さらにうれしいです。

ヒメルフレッシュジュース ジュースバー / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

2010年12月21日 (火)

ソプラノ MASAMIさん ハープ 水野なほみさん ピアノ 佐野信子 さん クリスマスパーティー

毎年恒例の 「Dハウちゅ」 (って 伏字になってないって coldsweats01 )のクリスマスパーティー。飯田橋の本社ビルに行った。

ソプラノ MASAMIさん ハープ 水野なほみさん ピアノ 佐野信子さん の演奏とお食事。

Photo_4

食事の前に クリスマスツリーの前で記念撮影。 あ~ 横に 等身大の Dマンエックスの写真が~。。。オットと記念撮影なんて 珍しくも何ともないので あっちのほうが~。。。

Dwamannx

と言い出しかけて、やめた。(だって、一言の元に却下されそうなんだもん) それよか、撮影で使ったスーツが展示してあるので、それ着たかったなぁ~。オットとそれ着て唐沢寿明と黒木メイサになって記念撮影したかった~。 来年は ぜひヨロシク!友の会事務局のみなさま。

Photo

ポピュラーな曲ばっかりで 楽しく聴けました。Photo_2

ハープの弦の色がはっきり見えるほど近くで聞くことができたのは、はじめて。 (たいていオーケストラのはじっこですもんね)

Photo_3

東京タワーも見える、夜景 をバックに 楽しいコンサートでした。

お料理の写真はこの後。

2010年12月20日 (月)

神宮前 Restaurant-I にて 祝杯 フードアナリスト1級同期会

神宮前 Restaurant-I にて フードアナリスト1級 合格祝賀同期会が行われました。

1_2

土曜日の表参道・竹下通りは 押すな押すなのお祭り状態。なのにお店は静かで穏やかな雰囲気です。 ここ、知らない人はなかなか入ってこられないと思うので、このお店をデートにアレンジすると、ちょっとエスコートした人のカブが上がると思う。 おシャレな男性は押さえておきたいお店だと思う。

アレンジしてくださった やよいさん ありがとう!

2

紅白ダイコン・豚ほおのフライ(コラーゲンたっぷり!)・まぐろタプナード と
シャンパーニュで かんぱーい! お互いおめでとう~
ハードだった講習を完走した、お互いをたたえ合います。

I1

森のコンソメスープ、白身魚と海老のムースを浮かべて
今日の白身魚は鱈。 「森の」というのはシャンピニオン・ド・パリ つまりマッシュルームの風味がむせかえるように豊かに香るから。

I2

「海老アレルギー」の気の毒なメンバーがいて、その人用には 野菜のコンソメ(芽キャベツ・ロマネスコ・あさつき)

Iv2

関東野菜十数種とランド産フォアグラのテリーヌ、お味噌のアクセント

4

フォアグラがたっぷりなので、「米粉のパン」に ぬりぬりして食べる。しあわせ~

I3

ワインはラングドックの テラッセドギレム

I

”東京X豚”の包み焼き、生姜風味のソース 伝統野菜:品川蕪を添えて

ポークの大ぶりミンチと栗 を 小松菜で目張り寿司のようにくるんで天に生姜が乗っています。ソースは ジュ・ド・ポー

I5

東京X豚、3級で勉強したよね~ との声があがる。 そう、そうだった ~
日本全国の お肉 ひたすら覚えましたっけねー 

I6

無菌豚の「東京X豚」だからできる、この火の通りかた。中に仕込んである栗も甘くって食べごたえあり、です。 品川蕪の姿も 見せていただきました。

I7

はじめて食べました。これはすごいです。姿はダイコンなのに風味はカブ。勿論素材が良いだけでなく、火の通しかたもプロの技ならでは、なんでしょうけれど、ちょっと自分でもやってみたいなーと思っちゃいました。

フォアグラのかわりに サン・ジャック(ホタテ)

Iv4

ポークのかわりに お魚 のトリュフソース の選択も可能でした

Iv7

デザートは 「I」の原宿クレープ”師走2010”

I8_2

まんなかに くだものとナッツ・ラフランスのコンポートジェラート くるんと巻かれたクレープの中に ビターキャラメルムース が隠れています。

このビターキャラメルムースとクレープのバランスがすてき。これ また食べたいです。

以上込みこみ(白ワインは別)で¥5,500 のコースでした。
「ミシュランの星は皿の上に輝く」 ということば通り、 とてもフレンドリーで庶民的なサービス・スタッフさんたち。 気どりなく、リースナブルに 「一つ星」が堪能できました。

今度は夜、また来ます。

レストラン アイ フレンチ / 原宿駅明治神宮前駅北参道駅

2010年12月19日 (日)

神楽坂アートスペースK 後藤菁雨先生の書展

神楽坂アートスペースK にて 後藤菁雨先生の書展 -うさぎ で 魅せるー

12月17日~20日(月)まで 午後1時~5時半

Photo

神楽坂アートスペースK 新宿区神楽坂2-11 電話03-3266-1137

かわいいうさぎ オシャレなうさぎ はねてるうさぎ ダンスをおどるうさぎ

セーラー服の生徒さんたちもいらしてて 熱心に鑑賞してる姿もかわゆい

Photo_2

2010年12月18日 (土)

永井大 似の緒方さん 12/2放映のゴチバトルの舞台Restaurant-I

永井大似の緒方さん
神宮前の
RestaurantーI にて

満足度高し~ のランチ 詳細はのちほど。。。

12月2日放映 の「ゴチバトル」で 永井大さんがゲストだったので、永井さんの写真を持って似たスタイルにヘアカットしてみた。。。というお茶目っぷり。

ご本人の承諾を得て 写真アップしています

美味なる船 にっぽん丸 クリスマス船上ランチ 2010

昨日に続いてにっぽん丸の「食」です。 ランチメニューはこちら。

Photo_9 

ヴァン・ムスー(シャンパンではない、発泡酒)で乾杯のあと

蟹とアボカドのタルタル キャビア添え 人参のビネグレットソース。                 
スターターなので うす味仕立て。 

Photo_14

白ワインは にっぽん丸のハウスワイン ボルドーの白。

Photo_12

オニオングラタンスープ

Photo_2

オマールテールのポワレと ホタテ貝のカダイフ巻き ソースアメリケーヌ
下に敷いてある リゾットが優しい味。 アルデンテより一歩良く火を通してあるのは客層が、比較的高齢のための配慮と思いました。

Photo_3

日向夏のグラニテの 口直しをはさんで

赤ワインもボルドーです。 メルローの香りがすてき。
Photo_11

和牛フィレのステーキ フォワグラのソテー マデイラソース
添えてあった ブロッコリーのゆで具合が最高! ソースとお肉のバランスが良く
昨年の北海道クルーズで食べたステーキより、わたしはこちらのほうが好きです。

Photo_5

サラダはヴィネグレットソースで。アイスプラントは以前ほど、ぷちぷち・しょっぱくはない、これはきっと食べなれたせい? 白アスパラガス(缶詰ではない)、アンディーブの歯触りも好きです

Photo_13

デザートは アールヌメロン・イチゴ
ウッフドココはスポンジの上にムース(ウッフというのだから卵白で泡だてたものでしょうね)・ココナッツをまぶし、ブルーベリーをのせたもの。
バナナチョコアイスクリーム の盛り合わせ ソースはパッションフルーツ
コーヒー

Photo_7

でした。

ここの料理で「上手いなぁ」と思うのは、 毎回「全力投球でがんばりましたっ!」って感じの仕上がりでないこと。 つまり 「毎日食べても飽きない」よう工夫されていることです。
しかも、比較的高齢の万人にうけるような、町場のレストランだったら 「ちょっとクラシック」と思われるようなメニュー構成で、 でも食材に新しいものが使ってあるなど、シェフのご苦労がしのばれます。
何度でも食べたい、ほっとする 「美味なる船」の ご馳走ランチでした

にっぽん丸 メインダイニング 瑞穂 (旅館・オーベルジュ(その他) / 日本大通り駅馬車道駅

2010年12月17日 (金)

にっぽん丸 ドルフィンズクラブ 船上昼食会 NHK生中継 ふるさと一番!「出港直前 豪華客船からの招待状」

2010年12月16日(木) ドルフィンズクラブ船上昼食会 Nippon Maru Dolphins Club Lunch Partyに参加しました。

Photo

午後0:20~午後0:45(25分) NHK総合/デジタル総合 で 生中継 ふるさと一番!「出港直前 豪華客船からの招待状~神奈川県横浜市~」の撮影が入っていた。
旅人:渡辺 徹(俳優)  進行:中澤 輝アナウンサー

「横浜港大さん橋に出航を控えて停泊中の豪華客船「にっぽん丸」を訪ねる。スイートルームからメインダイニング、そして操舵室まで、ひとときクルーズ気分を味わう。」

という番組だったそうで ↓ NHKのホームページからデータいただきました。

NHK ふるさと一番! のページはこちら
Photo_2

あ~ん!! 事前に 「テレビ撮影があります」というお断りはいただいていたのですが、NHKの生とは知らず~ 
知ってたら録画予約してきたのに~(できるか?は別問題~)

Photo_3

(改装されて大きく明るくなった窓。 赤レンガ倉庫が見えます↑)

船内、撮影のクルーがいたり、スイートルームのフロアには照明がセットされてたり、
「あー撮影するんだなー」って雰囲気だけは感じられました。

Photo_4
あいにく、お食事は船旅と同じく2部制になっていて、私が参加したのはレイト・シーティング(2回目の食事)。 食事の前に船内見学会(希望者のみ)とコンサートが行われます。

Photo_5

撮影はアーリー・シーティング(1回目の食事)のみなさまと同時だったようで
私たちが「クリスマス・コンサート」楽しんでいる最中に、無事撮影が終了しちゃいました。
あー 渡辺徹さん、見たかったなぁ~ 残念!

Photo_6

船内はこんな感じ ↑図書室からネットができるようになりました。 わたしが去年

船上からの書き込みはこちら

↑このブログを書きこんだ時は、通信室に行ってつないでもらって。。。時間も費用もうーんと短縮ですね。

あ、グランド・スイートのリビングルームは こんなです~  寝室は別間で 窓から外が望めるジャクージつき。シャワールームと トイレは別です。いいなぁ~こんなお部屋で長期クルーズしてみたいなぁ。。。タメイキ

Photo_7
スイートルームが並ぶエリアへの立ち入りはカードキーが必要で、我々一般人は普段は立ち入れません

Photo_8

クリスマス・コンサートは こんな感じ  プリモのメンバーから おふたりのユニット  
Photo_9

プリモのページはこちら

プライマル・ステップのみなさん

Photo_10

 内なる呼び声「ぐーぐー」というおなかをなだめつつ、未来のスターたちの美しい歌声を聞きました。

お食事のレポートは次回、詳しく。

2010年12月15日 (水)

恵比寿「四季おりおり」で 「八戸せんべい汁」

大昔、恵比寿の中華料理屋の女将をやっていたことがある。その店の近辺は、10年ばかり近寄らなかったのだが、最近 「をっ!」と思う店が増えてきて、足が向くようになった。

この「四季おりおり」は 恵比寿神社の斜め前、というか 元いた店の裏手というか。。。

Photo

四季おりおり
東京都渋谷区恵比寿西1-13-6 ブラッサムZEN B1
03-3476-8866

「本日のおすすめ」には当然、「本日」の日付入り墨書。店主の福田雅暢氏が毎日素材の顔を見て「おすすめ」を決め、手ずから書いている。シブい!

福田氏、かなりオトコマエだが、書の上手な料理人さんって かっこいいです。店にはもうひとりオトコマエの若い衆もいる。

「女性客多いんですか?」と聞くと「はい。男女半々ぐらいですね」とのこと。そうでしょう。そうでしょう。

Photo_2

ポテトサラダがおいしそうだったので

Photo_3

本日のおすすめ「鱈白子しょうゆ焼き」 バターのいい香り。 

あちっ!はふっはふれすぅ~ 醤油の焦げた風味って幸せですね~。
Photo_4

締めには、身も心もぬくもる八戸の家庭の味「八戸せんべい汁」。

鶏・ホタテ・えび入りで本場の味よりは、少し「ご馳走バージョン」になっている。出汁がよくしみた南部せんべいの味も格別。3月までの冬限定の味覚。

「八戸せんべい汁」って南部せんべいをいれた郷土料理、ぐらいに思ってたんですが「せんべい汁」に入れるのは、そのまま食べる南部せんべいとは別のモノでした。

Photo_5

小麦粉・塩・重曹を原料とした「おつゆせんべい」「かやきせんべい」と呼ばれるもの。これは、汁もの専用に開発されたもので、煮込んでもとけにくく食べると独特の食感があるように焼き上げたもの。
Photo_6

はじめて食べたのですが、かなりのボリューム。 お酒の締めにだったら2~3人でシェアがちょうどいいかも。 ワタクシはひとりで完食しましたが~。地元では、せんべいを手に持って、鍋物のうけ皿として使い、最後においしい汁のしみた、その「皿がわり」を食べるという人もいるとのこと。

気になったので帰宅して調べたら、八戸せんべい汁の歴史はやはり、それほど古くはなく、江戸後期に発生し、八戸周辺で一般的になったのは、昭和30年ごろから。

冬のうちに、また お邪魔したいな~

四季おりおり (和食(その他) / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

2010年12月14日 (火)

大塚 れもん の「ネギうす焼き」と明石焼き

最近、毎晩駅前にお店を出す「たこやき屋」さんから、調子のいい音楽が流れてきて、つい耳に残っちゃいます。「たーたーたこやき・たーこやき~ ♪」

そのたこやき、「明石焼き」食べに大塚。「れもん」 さん に行ってきました。

1

東京都豊島区南大塚1-54-1
03-3941-6838

下町の名店には「看板娘」がつきもの。こちらの看板娘、湯山さんは大正13年生まれ。26年続くお好み焼き・明石焼き店をきりもりしてきましたが、今年、息子の正英氏に代をゆずりました。 現在はお店の忙しい時に主に接客で活躍中。

11

現在の店主湯山正英氏が、一枚銅板を打ち出した特注のたこ焼き器でカリっと焼きあげてくれる。中はふんわりで、しっかり粉の味がする。粉は岡山県産特級品を使用。その粉の味を殺さないように、汁も「旨すぎない」工夫がされている。

2950

他店にはない名物は「ネギうす焼き」。卵アレルギーの常連客の為に作ったところ、好評で定番メニューになった。クレ―プのような生地に紅ショウガと香ばしい醤油味がマッチしてます。

950

最近、昔のグルメ記事を見て来てくれるお客さんが「おしんこ」をリクエストされるのだが、看板娘が昔、手ずから漬けていたもので、現在は別のもの。新しい味をどうしようか模索中なんです、とのこと。 まさに伝統をつなぐ「おふくろの味B級グルメ」ですね。

2010年12月13日 (月)

B級グルメ 大山ホルモン「みこし」で ホルモンヌ・デビュー

わたしも いよいよ「ホルモンヌ」デビューしました~happy01heart04 ひゃっほ~

1000

ホルモン焼きが好きな女性のことを「ホルモンヌ」と呼ぶそうです。というわけで前々から興味はあったものの、なかなかチャンスがなかったんですが。。。とうとう

Photo

大山ホルモンみこし さんに行ってきました。

東京都板橋区大山東町55-6林ビル1階
03-5875-3534

3

店長の鈴木さんはじめ、スタッフが親切なので、ホルモンヌ・デビューの女性にもお薦めの店です。ひとりで、ちゃあーんと ホルモンヌ・デビューできましたよ。

1000_2

メニューにはない「かくれメニュー」の、「てっぽう」のおいしい脂身たっぷりの部位「上シロ」はジューシーでグリーシー。いわゆる「シロコロ・ホルモン」ですが、その名称は厚木で商標登録されているため使えないんですって。

あまダレ・味噌ダレ・塩ダレ、三種のつけダレも楽しいです。

2

こんどは 「早い時間狙い」で いってみようっと happy01 未体験の女性のみなさま
ごいっしょしましょうよ~heart02

ホルモン みこし 大山店ホルモン / 大山駅板橋区役所前駅

2010年12月12日 (日)

今週は「B級グルメ強化週間」? でんねんまんねん 蒲田東急プラザ店

フードアナリストの関係で「B級グルメ」食べあるきました。

0
蛸喰上手 でんねんまんねん 蒲田東急プラザ店さん
東京都大田区西蒲田7-69-1 蒲田東急プラザ7階
03-5744-3190

1

北海道直送の新鮮魚介類が自慢の店。ランチ定食には「明石焼」が3個ついてくる。明石焼一人前は9個入り¥500。ひとり¥800で食べ放題になる。

2

4~5人前完食が食べ放題の平均だが、最高は20人分制覇したというツワモノが!!な~んと若い女性の記録だ。高田馬場に支店あり。はらぺこの学生さんに人気だとか。

Photo

写真は「明石焼き」ですが 食べ放題は ソース味の「たこやき」と両方好きなだけOK。

わたしは9個で 大満足でしたけど。この20倍食べた女性って フードファイターさんかな?

2010年12月 6日 (月)

東京フロイデ合唱団の「第九」小松長生氏指揮 日本フィル 

今年も「東京フロイデ合唱団の第九」の季節がやってきました。1年ってほんとうに早い。
この東京フロイデ合唱団の第九を聞かせていただくのも3回目なのですが、毎回少しづつ違って楽しい。池袋の東京芸術劇場 大ホールにて。

1
今年は全体的に優しい仕上がりだなぁと感じました。日本フィルハーモニー交響楽団の音も昨年と全然違う響きに感じました。
特に金管が「ほわっと」した印象。わたしは好きです。
音楽は全くのド素人の門外漢(女)ですから、多分に聞くほうのわたしの側の体調のせいかもしれませんね。

2

(写真はパンフレットより転載させて頂きました)

ソリストはソプラノ:森 麻季さん メゾ・ソプラノ:富岡明子さん
テノール:成田勝美さん バリトン:泉 良平さん
みなさんすてきな歌声でしたが、私は特にメゾ・ソプラノの富岡明子さんの低音が好きだなーと感激しました。

4

それにしても東京フロイデ合唱団のみなさまの若々しさには毎回驚かされます。
今日の音楽も魂の「ごちそう」でした。

3

2010年12月 4日 (土)

表参道Rin 商品モニターをしたのといっしょに

「ブログ拝見してます。フードアナリストっていい仕事ですね~!!」
昨夜も言われた。ドウモアリガト。

Rin1

でも、う~ん。。。。 確かに楽しいけれど職業として「儲かる」とは言えません。
正直言って、今の私は持ちだし状態。

Rin4

金曜日は 商品のモニターで表参道のRinさんに。
ついでに、ちゃっかり取材も。

Rin2

Rinのみなさまありがとう!
たぶん、私にとって「持ちだしにならなかった初仕事どえ~す」

Rin3

写真はRinさん提供

中小企業基盤整備機構 地域活性化グループのアンテナショップ
表参道の Rinには すてきな和の美しいもの・伝統の技モノ・地域の安全でおいしいものがいっぱい。

http://rin.smrj.go.jp/

和彩ダイニング・カフェ Rin
東京都港区北青山3-6-26 2階
03-6418-7022

今行くと、こんな景色も楽しめます

Photo

2010年12月 2日 (木)

富司純子さんのお兄さん夫婦のお店「比呂」安ウマでした

六本木「比呂」に行ってきました。

俳優座のバー「Hub」の お隣です。 この店おすすめ!

ホッピー(¥525)やサワー各種取り揃って、 焼酎のボトル・キープ(アサヒビールのダイヤ一升瓶・¥2,500)もアリ。

950foodpic735708

ふわふわの 明石焼き(たこ焼き・本場では、たまご焼きという)¥785
砂肝炒めニンニク入り¥840
明太子ガーリックライス¥945 
(ハーフサイズで作っていただきました・絶品!! ただしガーリックかなりの量です)

Photo_2

きさくなご主人と、きれいでやさしいおかみさん。 ご主人は女優の富司純子さんのお兄さん。 お店が繁盛している理由は、安くておいしい料理もさることながら、お二人のあったかい人柄ゆえ、と思いました。

店内には「てっぱん」のポスターがもちろん。(↓こちらはNHKのホームページより転載)

Photo

ミーハーな私としては、芸能界・梨園のお話なども、ちょぴっと伺えて わくわくしちゃいました。 予約したほうが良いみたい。

六本木 比呂
東京都港区六本木4−9−1 佐竹ビル2F 
03-3405-4867
月~金18:30~8:00、土18:00~8:00 日祝休み

比呂 居酒屋 / 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »