フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

修正前・修正後 といっても美容整形じゃなくて 松茸ごはんの写真

到来物でもないかぎり、我が家で「松茸ご飯」の本物が食卓に上ることはない。秋はもっぱら、サンマ・栗・新米などで楽しむ。そのかわり「なんちゃって松茸ご飯」は必ず作る。作り方は簡単で格安。市販の「松茸ご飯の素」の具を使うのだ。上手に作るコツは、パックの「つゆ」は潔く捨て、出汁は自分でとること。具には熱湯をかけまわし、余分な油分と添加物を洗い流すことだ。針海苔を天に盛れば出来上がり。たっぷりと召し上がれ。

Foodpic7338991

これは9月15日に書いた文章。フードアナリスト協会主催のフードライター講座の宿題として提出したもの。アップしようとして、写真があんまりおいしそうじゃないので断念した。
さきほど、「超!おいしく変換」なる 便利なサイトを知った。 で、早速「おいしく変換」してもらったのがこちらの写真↑
変換前はこちら ↓ たしかに おいしそうになっている。

1

URLはこちら ↓ 著作権等の規定を良く読んで、ご自身の責任でご利用くださいませ。
http://foodpic.net/

2010年11月27日 (土)

ボルドー・マラソンの最後には シャトー・オー・ムノー

かなりミーハーなほうだと自覚している。おまけに漫画大好き。
流石に30過ぎて立ち読みは恥ずかしいと思い、読みたい本は買っている。というわけで「神の雫」は勿論読んでいる。
「漫画に出てくるワインをネットで買うなんてしないもーん。ふふーん」と今のところ気取ってはいるが、実はチャンスがあったら、やってみたいとも思っているのだ。

Photo_2

24巻では、主人公の神咲雫(かんざきしずく)クンはボルドー・マラソンのコースを走る。
いろいろあって、ゴールした後、ボルドーのお手頃なワインを何本か飲む。その中の一本が シャトー・オー・ムノー・クリュ・ブルジョワ Chateau Haut-Meneau Cru Bourgeois だ。

Photo

(上記2枚の写真はシャトー・オー・ムノーのHP から転載)

このシャトー・オー・ムノーが飲めるレストランがあると聞いて行ってきた。

伺ったのは藤沢にある「ビストロ・ラ・シャンブル」。
偶然、旧知の友人Y氏のゆかりの紅茶のお店「ディンブラ」の筋向いにある。

2
かわいらしいインテリア、BGMはモーツァルト。位置皿の上にはシャツの形に折られたナプキンとヴィオラの花が一輪。たいていの女性が「わぁ!かわいい!」と大喜びする筈。
オーナーの石黒氏をはじめ、サービスのかたも大ベテランとお見受けした。
安心しておまかせし、おいしいものが食べられそうな予感。

Photo_3

ワインに合わせて、お奨めいただいたメニューで。自家製パテ、コンソメジュレ・野菜のピクルス、オリーブ添え。ピスタチオの実が歯触りと色のアクセントとして利いている。

ワインはメルローの比率の高い、エレガントな香り。抜栓したてから、するっと飲める優しい味だ。

1

続いて オニオングラタンスープ。ちいさなココットが、最後まで熱々。

Photo_7

スープとワインの相性など考えたこともなかったのだが、熱い料理といっしょだと香りがひきたつのだと知った。このスープの為だけにでも、再訪してもいいなと考えた。

Photo_4

ラムのマスタードソース たっぷりの野菜添え。ソースのマスタードとローズマリー、ワインの香りが、飲んでいるワインと すてきに絡みあう。

Photo_5

自家製全粒粉のミルクパン、バゲットが ぱりぱりで香ばしい。ソースをしゃくって どんどん食べてしまう というお行儀。やめられない。

Photo_6

さくさくのパイの間にバニラアイスクリームをはさんだアップルパイ仕立て 粉砂糖が雪を思わせる。

楽しく最後まで食べて飲み、わたしまでボルドーマラソンを走ったような気分になれた。

バリューボルドー飲み比べは、これでちょうど10本目。それぞれに個性の違う10本で、新しい友人が10人増えたような、ごきげんな気分。ちょうど2カ月かけて、私なりのボルドーマラソンがひとくぎりついたかな?というところか。

ビストロラシャンブル 藤沢店フレンチ / 石上駅藤沢駅柳小路駅

2010年11月25日 (木)

フードアナリスト1級試験の練習 味覚検査 (泣)))

味覚検査の練習会に参加してきました。

もちろん周りは知った顔ばかり~ お互い「やあ。えへへ。。。」と照れ笑いしあう。
なぜって、ここにいる。。。ということは 試験一発合格とはいかなかった、ということだから。今週末の再試験にむけての練習会。 一般講習会・先月の試験 に続き、わたしは3度目のトライです。

Photo

はっきりわかる「うまみ」、なんとなーくわかる「酸味」「塩味」。。。
何度やってもよくわからない 「甘味」「苦み」。。。

「おかわりありますよ~」と これがお酒だったらありがたいスタッフのお言葉。
あー 飲んでよっぱらっちゃいたい気分~。 試せば、ためすほど わかんなくなります。

再試験は土曜日なんですが、断言します「わたしにとっては、受かるには運しかない!」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

後日談: おかげさまで合格しました~

      はっきりいって「運」もありました。

      味覚の鋭い人は(若い人に多いのですが 50代のかたもいらっしゃいました)

      イッパツでわかるそうです。  何度も練習してみて 「苦」と「甘」の見分けが

      一番難しかったです。「どんな味がするか」がわからないかたは

      「どんな傾向の水が」「どの味か」を覚えるしかないようです。

2010年11月24日 (水)

お奨め図書は

いろんなイヴェントにひょいひょい出かけていくので「行動的ですね」って言われることが多いけれど、実はかなりの「オタク」なのです何おたくか というと「おたくオタク」(^^ゞ。つまりおうちが大好きなんです。 自宅で本を読んでるときがいっちばん し・あ・わ・せ~2

最近のおすすめ本は、こちら↑ 辛永清 著 「安閑園の食卓」。食に興味のあるかたなら楽しく読めます。

今一番読みたいのはこちら ↓ 桜木紀子・山田あき子・中村喜美子・酒入郁子ほか共著

(著者の並びがびみょーに お世話になった順を反映し~ あはは。。。)

Photo

っていうか 今まで読んでなかったってことが問題じゃないの?と自分にツッコみ

そんなわけで~

【第2回】本好きさん集まれ!あなたの欲しい本をプレゼントしちゃうキャンペーン! ←参加中

「毎週3名様当選!あなたの「読みたい」本をプレゼントキャンペーン開催!」

当たらなかったら買います (^^ゞ)))))。。。。

2010年11月23日 (火)

自宅で宴会中 茶芸師仲間と 

宴会中
ビールとお茶!

いつも宴会が進み いいかげんよっぱらって気がつく 「あ・写真!」

2010年11月22日 (月)

辻秀幸氏 指揮 「メサイアをうたう会」 紀尾井ホールにて

昨日は紀尾井ホールにて「メサイア」を楽しんできました。

日本語教師養成課時代の恩師で W大学(って、ちっとも伏せ字になってませんね(^^ゞ)日本語研究教育センター非常勤講師 の
「のりぴー先生」がメンバーで歌ってらっしゃるとのことで、行ってきました。

1

「アドヴェント前にメサイア?フライングぎみだよねー」と思いつつパンフレットを読むと
この「メサイアをうたう会」は母体の東洋英和女学院の創立記念日にあわせ、毎年11月にコンサートを行っている、と書いてある。
なるほどね~

辻秀幸氏指揮・ソプラノ 佐竹由美さん・アルト 小川明子さん・テノール 鏡貴之さん・バリトン 牧野正人さん
オーケストラ:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル
コーラス:メサイアをうたう会

1_2

わたくし、実は以前もオラトリオのコンサート中に「寝た」恥ずかしーい経歴の持ち主です。
今回は気をつけよう。。。でも、きっとまた、「やる」ぞー。。。
コーラスはだいじょうぶなんですよね、で、一番あぶないのは「レチタティーヴォ」と呼ばれるパートです。叙唱とか朗唱とか訳されてますが、要は演劇で言う「独白の長台詞」みたいなところ?

しずかーで うす暗いホール内。あったかいし、音楽はきもちいーいし、何言ってんだかわかんないし。。。
「うつら~」。「かくっ!」となって 「はっ!」と気がつく。「あーあ。またやっちゃった」

2

出演者のみなさま、ごめんなさい。一瞬のことでしたけど、許してね。第二部以降は気持ちよ~く 聞きました。 ハレルヤコーラスに聴衆も混ざって歌うのすてきですね。

わたしも混ざりたかったけれど歌詞が英語だったのでダメでした~ 子供のころ日曜学校で習ったのは日本語だったので。。。残念~ 

2010年11月20日 (土)

神楽坂 料理屋さんにも支持される お惣菜屋 万弥

神楽坂のお稽古の帰りみち、「ごはん作るのしんどいな~」と思って
「万弥」さんに立ち寄った。

こちらは、さる料理やさんにも商品を納めている、という味自慢のお惣菜屋さん。
近くにお務めの女性、地元のひとりぐらしのお年寄り などが次々来てはけっこうな品数を買い求めていく。

Img_0317

「いかれんこん煮」300gと「ごぼうの味噌和え」200gを買った。合わせて¥1,640也。
いかれんこん煮には人参が入って色どりもきれい。 ごぼう味噌は、ししとうが入り、ごまと麻の実が ぷちぷちはじける。
両方ちょっとだけ甘めの味付け。スーパーのお手軽お惣菜などは味に手を加えたくなるようなものが多いが 万弥さんのは、その点安心。
ちょっと贅沢な手抜きをしたいときは、おすすめです。

ごぼう味噌の作り方知りたい~!(お酒のおつまみに最高!!)今度、自分でも作ってみよっと。

写真はお店のかた(女将さん)の了承をいただいてます。

住所 東京都新宿区神楽坂6-18
TEL 03-3260-3020
交通手段 神楽坂駅から3分

営業時間 11:00~20:30
定休日 日・祝祭日

万弥 デリカテッセン / 神楽坂駅牛込神楽坂駅飯田橋駅

2010年11月19日 (金)

野菜のサブウェイでは、定番「BLTアボカドトッピング・バジルマヨネーズ」

先日「野菜セミナー」に出席したお礼ということで
「今だけの贅沢サンド」ビーフパストラミ&モントレージャックチーズ と スモークサーモン&マスカルポーネチーズ の無料お試しカードが送られてきた。 サブウェイさんありがとう! うれしいですっ!

1

先日、雨の表参道にて、スモークサーモン&マスカルポーネチーズのほうをさっそくお試し。

わたしのイチ押しは、BLTアボカドトッピング・バジルマヨネーズ なんですが。。。ふむ
ソースが同じなので 好きな味ですね~

Photo_2

BLTよりちょびっと贅沢気分のとき良いかもしれません。
テイクアウトして おうちで白ワインと なんてすてきかも。

次回ランチは、やっぱり定番「BLTアボカドトッピング・バジルマヨネーズ」~!!

速報 今朝の富士山

我が家の浴室からは 富士山が望める 名付けて「富士の湯」

Photo

今朝の富士は こんな感じ happy01

2010年11月18日 (木)

杉玉と新酒とボージョレーヌーボー

今日は町中いたるところで 新酒まつり

 2

基本的にミーハーなわたしは、「同じアホなら踊らにゃソン・ソン」と思っているので

「無料試飲」をさせてもらってきました。

Photo

ヌーボー騒ぎを批判する声も聞きますが、「やりたい人だけやればいいじゃん」と私は肯定的意見です。 元々、同じような文化の下地があると、新しいものは定着しやすく、七夕の笹飾りの風習からクリスマスツリーが、お中元・お歳暮の贈答文化からバレンタインやホワイトデーの義理の贈りあいが定着したように、

新酒・杉玉の風習、「女房と畳は」と若いものを珍重する文化からヌーボーまつりが生まれたと言ってもよさそうです。

それにしても、「ガメイ」じゃない新酒を「ボジョレーヌーボー」って言って売るのは
ナシだと思うな~

そんなわけなんですが、現在自宅で、何故かオーストラリア・ワインを ぐび飲みしてまーす。

2010年11月17日 (水)

雲海酒造焼酎と宮崎の食オフ 和彩ダイニング・カフェRin

ウェブサライのブロガーイベント「雲海酒造焼酎と宮崎の食」オフ行ってきました。
場所は表参道駅から徒歩2分、和彩ダイニング・カフェRin。
以前のイベントで顔見知りのサライブロガーさん達が集まりました。

Photo

「Rin」PRの藁谷さん・支配人の小松さんのご挨拶のあと、かんぱーい。
宮崎の食材ばかりです、という料理がどんどん出る。

Photo_2

雲海酒造・五ケ瀬蔵製造の そば焼酎「雲海」。そして同じ蔵の「そば雲海 黒麹」の飲み比べです。
見た目は同じ透明の焼酎ですが、さらさらと飲み易く、すっきりした後味の「雲海」にくらべ「黒麹」は
糠のような香りがして、甘い口当たりで濃い感じです。
ガラスのお猪口で飲み比べ、好きな方を、好きな飲み方でどうぞ、と案内される。

Photo_3

前菜は炭火地鶏、生ししゃも焼き、新ごぼうの醤油漬け
うわー こういうおつまみだと、お酒がすすんじゃいますね~。ごぼうが一番好きです。

Photo_4

普段は飲みなれない焼酎。おむかいの「温泉クン」は前日盛岡でイモ焼酎の水割飲んできたところという。
おとなりの「まいまいさん」は氷をたっぷり入れて水割みたい。
ほんじゃワタシはお湯割りでいきます。お湯割りにしたほうが香りがこなれて飲み易くなるし、きつくなくて、焼酎に慣れていないわたしでも くいくい飲めてしまいます。

黒豚のしゃぶサラダ 日向夏ドレッシング
地鶏の塩焼き 柚子胡椒ならぬ 日向夏胡椒添え

Photo_5

ぷはー うまうまですぅ~
宮崎のことばで、おつまみのことを「だれやみ」と言うそうですが、「だれやみ」うますぎて、お湯割りが止まりません。

地鶏南蛮 醤油ダレと タルタルソース添え
あっつあつの さつまあげ

Photo_6

これ、どちらも あっつあつで ふわふわ。はふはふ言いながらかじりつき、お湯割りをくぴっ! 

ナナメお向かいの柏谷さんの「1年で10キロダイエット話」に女性陣は大もりあがり。
「温泉クン」のおすすめ温泉の話、「まいまいさん」の「ラーメン食べに広島日帰り」話とか
みなさんアクティブだわぁ。 そんな話がまた、良い酒のつまみで、みなさん飲むのむ。

そういえば柏谷さんの写真にわたしがお邪魔にも写り込んでますね。ごめんなさい~!

Photo_7

おなかいっぱい、といいつつ お漬物4種が、こりゃまたナイスです。
割干大根の醤油漬け・日向かぼちゃの味噌漬け・宮崎パパイアの味噌漬け・日向夏らっきょ。わたしは日向かぼちゃが一番気に入りました。 最初のごぼうと、このかぼちゃの味噌漬けで、延々飲める感じです。

Photo_8

締めのごはんは ちりめんじゃこごはん、人参入り日向夏味噌 添え。
じゃこ・ごま・かつおぶし・大葉と大好きなものばっかり乗っていて、満腹なのに止められない~。

0_2

ああ、大満足! 今夜も酔っ払いだぁ~

和彩Dining Cafe Rin ダイニングバー / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

2010年11月15日 (月)

プランタン銀座から夜景を眺めて個室でワイン飲み比べ

ワイン会に参加してきました。 プランタン銀座7階・パスタ&炭火焼グリル bistro 321 。
趣味人倶楽部という、クラブツーリズモさんが主催している中高年向けSNSのワインクラブ主催のワイン会。
このワインクラブの主催者、Jeremyさんの ナパワイナリー巡りの戦利品(?)を味わう会でした。

参加者8名で飲んだワインは9本。内訳は、泡1・白2・赤6本でした。 ワインのリストは以下のとおり。

1  Domain Carneros Taitinger  "Le'Rave"  sparkling   2004
2  st.Francis Winery & Vineyard  Sauvignon Blanc  2009
3  Nickel & Nickel "Truchard Vineyard"  Chardnney  2008
4  st.Francis Winery & Vineyard "Rockpile"  Red 2006
5  Sequoia Grove Vineyards  "Stageoach"  Syrah  2007
6  Molly Dooker & Winemakers "Two Left Foot" Shiraz 2008
7  Cakebread Sellers  "Dancing Bear Ranch" Cabernet Sauvignon 89%  2003
8  Round Pond "Round Pond Estate" Cabernet Sauvignon  2006
9  Hewitt Vineyards "Estate Grown" Cabernet Sauvignon  2006 

1

1はテタンジュを作っているメーカーがナパで同じ製法で作ったスパークリングワイン。
テタンジュよりちょっと優しい口当たりと香り。

3の香りがものすごい! グラスについですぐは全く香らず、1時間経過したあたりから
「こんなすてきなシャルドネって飲んだことない」というぐらいの品の良い、いつまでの嗅いでいたくなるような甘い香り。
生のパイナップルと桃の缶詰を入れて、キウィ・マンゴー・洋ナシ・さくらんぼ・バナナも入れた マチェドニア(フルーツポンチ)の香り。
無くなるのを惜しんで、ちびちび飲んでいたら、3時間を経過したあたりから香りがしぼんでしまった。
エチケットも可愛らしいし、日本でも手に入るとのこと。ただし、現地価格で$50 だそうで、国内だといくらぐらいで買えるのか要チェックですね。

Nickel

写真はNickel&Nickel HPから

8と9は 同じナパのRutherford にあるワイナリー。 8のRound Pond は 優しい口当たりで飲みやすく、対する9のHewitt は無骨で力強い印象。
最初の印象は全く対照的だったのだが、2時間以上経った後、香りを比べてみると、どちらがどちらだか、まったくわからない双子のようなワインに変化していた。
「ああ、これが カベルネソーヴィニョンの香りなんだな~」と知ったのも収穫。

7のDancing Bear はコルクに熊さんの足跡が踊っている。かわいい~。 今回唯一の現地直接仕入れ価格で100ドル超えのワイン。
わたしのようなワイン初心者には、ちょっと手ごわく、わかりにくい。3時間が過ぎても、まだまだ。。。という印象だった。帰宅して調べてみたら、ロバートパーカーの「飲みごろ」はまだまだ10年以上先だと書かれていた。 あぁやっぱり。

4も、最初から楽しく香りがして、7の1/4以下の価格。わたしには、このぐらいわかりやすいほうが気軽に飲めるかな?

お料理はアンティパスト・ミスト、ガーリックトースト、カルパッチョ、パスタが あさりとトマトの2種類。
薄切り肉のステーキがたっぷりだったのは、さすがスエヒロさんの経営だから?
ドルチェはオレンジのソースがかかった、ふわふわムース。

4時間個室を借りきって、おしゃべりとワインを堪能した。
サービスのそつがなく、大人のオフ会向きの店を見つけてうれしかった。

bistro 321 イタリアン / 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅

2010年11月14日 (日)

おねぼうカデの目を覚まさせるのは? 新橋OMOTENASHI塩ちゃんこで がっぷり四つ

先月初旬、池袋のバーで「ムートン・カデ」に感激をした。
2010年10月5日ロスチャイルド家の末っ子 ムートン・カデ に長姉ムートン・ロートシルトの面差しを見る 
以来、このワインが「私のベンチマークの1本」になっている。

Photo
先日、新橋 IZAKAYA OMOTENASHI SHINBASHI (イザカヤオモテナシ シンバシ)で再会するチャンスがあった。

心の中で「わーいカデちゃん、おひさしぶり~」とつぶやいて、グラスを近づける。くんくん。あれ?全然香ってこない。変だな~ 先月はじめて飲んだとき、とってもふくらみのある香りで感激したんだけど。。。抜栓したてで起きてないのかな?

1

ねぼけまなこで、ノーメイク、ぼさぼさアタマのままパジャマで出てきた、みたいな印象。幾度となくグラスをくるくるまわしてみたけれど、冷たいまま。このままでは「カデはぶすっ子」という感想で終わってしまう。

お店にお願いをして、しばらく時間をおかせてもらう。

10月7日ロートレックのボトル シャトーマルロメ で
「今、抜栓したところなんです。少なくとも1時間はおきたいところ。明日飲むともっと良い」。と言われたこともあり このカデも同じかもしれないと思った。 さらに

10月20日ルイビトンと メドックの収穫の乙女 ル・グランダール  の時も
自宅で楽しむには、のみはじめる最低1時間前には栓を抜いておいたほうがよさそうだ。
ユニメドックのサイトで確認したところ「香りを立ち上らせるには2時間前には抜栓しデカンタージュする」とあった。(やっぱりね) という経験をしているので。

この日のコースは

前菜三種、相模湾直送鮮魚四点盛り、に続き 真鯛の白子味噌焼き
2_2

牛タタキのみぞれサラダ、寒ブリと旬大根のオーブングリル
Photo_2

食べ進むうちに、グラスから ほわほわ とかすかな香りが立ち上ってきた

ぐつぐつの塩ちゃんこは和風だしかと思いきや、スープの奥にチキンの味もする。あつあつのちゃんこをひとくち。口の中があつあつのところへワインをひとくち。
「ほわ~ん」と「ムートン一族のよいかおり」がしてきた。

4
かつお昆布だしとワインは合いにくいのでは?という勝手な思いこみでいたが、百聞は一見にいや一味にしかず。
この塩ちゃんことムートン・カデの相性はなかなかです。

ちゃんこの、ぐつぐつが進むにつれて「眠たい瞳のお嬢様」のお目目がぱっちりしてきたな、という印象。
力士ちゃんこの「ヤマト魂」のこもった愛のキック。そのキックが「フランスのお嬢様」の目を覚まさせた?

6

今回は良い勉強をさせてもらった。学んだことは「教科書のセオリーが現場の100パーセントではない」こと。
それから次回このワインを試すときは、あらかじめ支払いをしておいて、宴のはじまる1時間前には抜栓をしておいてもらおう。
などどと考えた。

IZAKAYA OMOTENASHI SHINBASHI(イザカヤ オモテナシ シンバシ)

住 所 港区新橋2-12-2 hk新橋ビルB1
TEL 03-3597-7788   
営業時間 ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日 土、日、祝休 (土曜は予約で営業)
http://g.pia.co.jp/shop/32193
 

2010年11月11日 (木)

まんじうカフェ mugimaru2の 猫 もふもふで幸せ

まんじうカフェ mugimaruの 猫
おっとなしくって しっかり もふらせてくれました。なごむわ〜

もちろん店頭には「ねこがいます」と張り紙がしてあるので、入店するのは基本的に猫好きさんばかり。 

2

9月18日の日記 には 

「一番人気という「紅茶まん」を。生地に練りこんである紅茶の香りが素朴なつぶあんと良くあう。 ほかほかの湯気が、子供のころの大好物「弘明寺の門前まんじゅう」を彷彿とさせる。 もうひとつ買って持ち帰ったのは「よもぎまんじゅう・あんこチーズ入り」。

とある。

1_3

今日のおみやは これ ↑

店内禁煙になってくれれば、通うのにねぇ~

2010年11月10日 (水)

新橋OMOTENASHIで 宴会の下見をちょっと

10月9日 新橋のOMOTENASHI にて 宴会の下見をしてきました。

Photo_2

実はランチに出かけていったのですが、お店が気に入ったのでちょうど探していた家族の集まりに使うことにしました。 ランチは800円で充実! 海鮮丼とか鶏から揚げ定食とか。

ちっちゃな小鉢と飲みものが、数種類からチョイスできます。プチ・デザートもついててうれしい。

2_3 

くわしいレポートはまた後日、なのですが。 とりあえず、使い勝手のよさそうな居酒屋です。

何が気に入ったって おばちゃんにとっては若いオトコノコ達が、みんなはきはき元気で感じが良いこと。(^^ゞ。(^^ゞ。(^^ゞ

3_2

宴会下見コースというのがあって、コース料理が半額で食べられるというもの。

もちろん、食べた後ではよっぽどのことがない限り、宴会予約することがマナーですよね。

関連ランキング:居酒屋 | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅7

日本語教室で防災救急講座 「ハンサムな」職員さんと

地元の国際交流課が主催する日本語教室で、ボランティアで日本語を教えている。今日は防災訓練が行われた。

1_2

区役所の「危機管理室 防災課」から職員のかたがお越しくださり、生徒さん達に救急講習を行った。

お恥ずかしながら、救命救急のレクチャーを受けるのは、わたしも初めてでとても勉強になった。  心肺蘇生、AEDの使い方など、最初は「えー、そんなの受けたくないよ~」などど言っていた生徒さん達も真剣な表情で説明を聞き、全員が実技演習に参加した。

2_2

初級の生徒さんのひとりが「先生、あの人たちハンサムですねー」と、職員のかたたちを見てうれしそうに言った。  前回から今日にかけての学習箇所は「い形容詞」と「な形容詞」。「ハンサムです」がきちんと使えていて、私のほうが、もっとうれしい。

3

次回は「理由の『から』」ですよ。

2010年11月 8日 (月)

茶芸師仲間と自宅でお茶会 飲茶には点心でしょう

今年3月 中国杭州に お茶修行に行った。
2010年4月 5日 (月) 湖畔居で茶宴 杭州2 

Photo_4

無事、茶芸師の資格が取れた。
2010年6月14日 (月) 茶藝師試験 合格しました

1

その時の茶芸師仲間とは、ことあるごとに 勉強とか
2010年8月 8日 (日) 唐の漢詩にうたわれた 銘茶とケーキを楽しむ

Photo_5

宴会とか
2010年9月27日 (月)銀座アスター本店 ごいっしょしている。

Photo_6

で、今回は 我が家でのみかいしましょうね、という話になっている。

2

のみかい と言っても 通常は こんな感じ
2010年9月14日 (火)昼からビール宴会 Asashi Off でプリン体を気にする 
とか こんな感じ 
2010年10月10日 (日)本日退院祝いパーティー 手抜きストロガノフ作成中だが

今回は文字通り「飲茶」会 プラスお酒の予定。

おいしい点心があるといいなー なんぞと思っているのです (^O^)/

赤くないトマト クマト

1

パリの市場で見つけた「クマト」という名前のトマト。

Photo_6
気になって調べてみたら、「他のトマトより、ずっと甘い」「リコピンが多い」との記載。
いちど食べてみたいな~と思っている。

2
http://www.kumato.com/en/Kumato.aspx

(写真1・3枚目は上記HPより転載)

2010年11月 7日 (日)

笑いもご馳走 麹町 エリオロカンダイタリアーノ

麹町のフードアナリスト協会セミナールームにて 1級講座受講中(3週6回の講習の2週目)同期の3人といっしょに、エリオ ロカンダ イタリアーノでランチ。

Photo

(お店のHPから転載)

Pranzo Amore - サービスランチ 1,600円(税込)のメニューは
Zuppa di Verdure - 本日のスープ
Spaghetti o Lasagna o Tagliatelle - 本日のスパゲッティまたはラザーニャまたはタリアテッレ(手打ち麺)
Insalata - サイドサラダ
Dolce - 本日のデザート
Espresso - エスプレッソ

Photo_2

タラルッチ(グリッシーニを丸めたもの) が珍しい。パスタはラザーニャをチョイス。今日のドルチェはアーモンド入りのパンナコッタ。

Photo_3

今日、ここに来たいと思ったのは、ちょうど1年前の「笑いも ご馳走のうち」と書いた日記を想い出したため。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2009年10月26日 (月) 初めてのトウキョウ

イタリアでお世話になったM先生が仕事で来日されたので
お気に入りのレストラン 麹町の 「エリオロカンダイタリアーノ」で晩御飯を食べることにした。
メニューは お店におまかせし、大満足で「もうこれ以上 無理!」とM先生が言ったにもかかわらずすすめ上手の お店のサービス・スタッフにドルチェを勧められ

「じゃあ、チョコレート・タルトを ピッコロ・ピッコロ・ピッコリッシモ!(ちょっとだけ!)」とたのんだ。

出てきたお皿の上には「仰せの通り ちょっと でーす!」と 小指の先ほどのチョコレートケーキが ぽつん。。。

あまりの少なさに 思わず二人して爆笑しちゃったところに、すかさず「というのは冗談で~」と 普通ポーションのケーキがサーブされた

Photo_4

笑いを取る「間」が すばらしく、お茶目なスタッフのサービスにM先生も 大満足の様子で、私も面目をほどこした思いだった。

このお店は お値段もそれなりだが、味、楽しませるサービスともにすばらしいな。。。と 楽しくなった。 笑いも ご馳走のうちですね。

エリオ・ロカンダ・イタリアーナ イタリアン / 半蔵門駅麹町駅永田町駅

2010年11月 6日 (土)

歌舞伎座公認 東京黒昆布巻き押し鮨はお土産にいい

東京駅 「駅弁屋旨囲門」へ行ってきました。 中央通路7番線の横。

1

お目当ては、これ。

Photo

歌舞伎座公認 東京黒昆布巻き押し鮨

ばってらとは一味違う。 控えめの酢。 特許を持っている「氷温熟成技術」により、まったりとした鯖の脂は、まさに「成熟・大人の味」。 表面をくるりを覆っている黒昆布が、見た目よりはるかに柔らかい。

Photo_2

ばってらを食べるとき、半分くらいは「板昆布」を外して食べるのだが
この「黒昆布巻き押し鮨」は昆布そのものも主役をはれる存在。

添えてある「笹塩・ゆず塩」で食べなさいと書かれているが、私は敢て、お醤油をちょびっとつけ、ゆず塩をぱらぱらとふって食べた。塩味と柚子の風味のバランスが一番好き。

Photo_3

歌舞伎座公認だから、地方のお土産として差し上げたら喜ばれるだろう。
お弁当売り場に並んでいるので、自分のお弁当といっしょに買えるから便利。

築地の店頭でマンツーマンで行う『鰹節削り方講習会』に2名様をご招待(お土産付き)

2010年11月 5日 (金)

昼は御徒町「九龍」 夜はチーザ 冷蔵庫が。。。

ショック!冷蔵庫が死んじゃった(泣))

呆然としています。 ショックのあまり。。。
別宅に来ています。こちらの家には週1回ぐらいのペースで来るので、節電のため玄関の電気など、生きていてほしい電源意外はブレイカーを落として帰ります。ひと目でわかるように、「落としちゃならないブレイカー」には印がついてます。

前回、時間が押していたので大急ぎで出たため、どうやら印のついたブレイカーを落としちゃったみたいです。

冷蔵庫が1週間死んでました。。。きゃああぁあぁぁ!!!。。。。怖いことになってました(以下発言自粛)

で、今晩のごはんは こんな感じ。

Photo_2

たいがいのことでは食欲のなくならない私ですが、今晩はこれで良いかな?って感じ。
チーザはゴルゴンゾーラがいちばん好き。

今日は昼ごはんが「がっつり」だったこともあり。御徒町 香港料理 九龍の「Gランチ(茄子と肉炒め定食)」
ここは 2010年9月10日 (金)の日記 御徒町 香港料理 九龍でお粥  でも書いたのですが、駅に近くて、ひとりでも入りやすくていいです。
前回より化学調味料味がしっかりしましたが、「香港料理」ですもの。お約束。許容範囲です。

Photo_3
前の日記にも書きましたが、とにかく「あっつあつ」なのが良いです。
いい具合に油にくるまれた茄子が、とろっとろになってます。思わず大盛りごはんの上にのっけてレンゲではふはふ言いながらかきこみました。

Photo_4
次回は牛【月南】麺を食べたいな。

2010年11月 3日 (水)

女神達の競演 フルート押部朋子さん ソプラノ前川依子さん ピアノ遠藤直子さん 

NPO法人 緑の街ミュージックフレンズ 企画協力によるコンサートが地元で行われた。

1

(写真は「NPO法人 緑の街ミュージックフレンズ」のページから転載させていただいた)

毎年この時期に行われるコンサート、とても楽しみにしている。何といっても、サンダル履きで出かけられる場所で、良質の音楽がタダみたいな価格で楽しめるのだ。

今日は「女神達の競演」と題して フルートの押部朋子さん ソプラノの前川依子さん ピアノの遠藤直子さん の文字通り美しい競演だった。

Photo_3

うっとり。

P・マスカーニの「アヴェマリア」オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
フォーレの「シチリアーノ」 など耳に馴染んだ曲が沢山で、あっという間の90分だった。

これからも毎年参加させていただきたいな、と思っている。

特に前川依子さんは、今年「ミューザ川崎のサマーフェスタ」にも出演されていて「絶対行く!」と思っていたのに都合がつかずとても残念だったので、地元で聞くことができてラッキー!!

ヤマサ「鮮度の一滴」で大根の皮と油揚げのチャーハン

「フードアナリストっておいしいものばっかり食べてるんでしょうね」と言われるけれど、おいしい=高価だ ではないですよね?
お恥ずかしながら、食べ物と男性に関してはストライクゾーンが広いのです。
特に食べ物には「好きと大好きしかない」を標榜しています。

で、火曜日のお昼ごはんは、これです。

1_3

名づけて「大根と油揚げのチャーハン」。 そんなぎょっとした顔しないでー! これが予想外のヒットでした。

大根といっても 本体は今晩のおかず「ふろふき大根」に変身中。で、皮を厚めに剥いて千切り。葉はこまかく切る。魚焼くグリルでこんがり焼いた油揚げを刻んだの。卵1個、昨日の残りの冷やごはん。これだけをふつうに炒めて、味は塩と醤油のみ。

Photo_4

一口食べてみたら、大根の皮のかみごたえが楽しい。
こがし目に焼いた油揚げも、いいアクセントになってます。
作った自分が、うれしくなっておもわず写真、撮っちゃいました。

こんがり香ばしく、上手に出来上がったのは、お醤油の力かもしれない。

0

先日、フードアナリスト協会でもらったヤマサの減塩しょうゆ「鮮度の一滴」
調理用としてならパッケージのまま使えて、片手で付属のホルダーの穴の部分を押すと ちうーっと、いい分量が出てきます。
これ、使いやすい!!

1_4  

最後まで使って、パッケージはそのままゴミに出せる。
我が家はペットボトルは分別なので、普通のお醤油はアタマの赤い部分を外すのが面倒。その点、これはいいです。

すごく気に入ったので、ただいま耐久テスト中。
開封後(ふたもしていない)70日間、フレッシュキープで味も香りも変わらないとの説明です。

塩分濃度が低いので「できるだけ冷蔵庫に」と書いてあるけれど、我が家の通常の使用頻度なら、2か月経たずに使い切るから。 
とりあえず、常温でどのくらい風味が変わるかやってみるつもり

少量だけ比較用として別容器に移して冷蔵庫に入れて、結果は2ヶ月後、乞うご期待。

2010年11月 2日 (火)

ミラノ・スカラ座のオペラと キッシュひときれ¥3,000 ボラれた?

忘れたころにやってくる、想い出し日記「昨年の今ごろは」シリーズ。 2009年10月。

3_2

3週間のサレルノ・にわか学生@ぼろアパートで自炊生活を終えてミラノに滞在していた。
欲しいものなんかなーんにもないサレルノに比べると、ミラノはさすがにおしゃれ。けれど「南イタリアの金銭感覚しかも貧乏学生並み」が身についてしまって欲しいものは高く感じて手が出ない。

1_2

せめてスカラでオペラでも。。。と当日券を求めてドゥオモ駅の地下構内にあるチケットカウンターに並ぶ。 前日偶然、ホテルの朝食のダイニングで出会い、お互いひとり旅だった、同じ年代の日本人女性と二人分購入。

4_2

写真はスカラ座ホームページから転載

運よく5階バルコニーの最前列席が2席ならびで、当時のレートで1枚¥7,000少々で手に入る。演目はモンテヴェルディ作曲オルフェオ。前もってプログラムでストーリーをチェックする。乱暴に言ってしまうと、ダンテの「神曲」だ。

2

めいっぱい洒落こんで出かけるけれど、この時期運悪く7階バルコニー・別名「天井桟敷」が工事中。 ということで、世界中のオペラファンに勇名がとどろく「かの天井桟敷の人々」が我々のうしろに、ずらっと並んで立っている。 ものすごいプレッシャー。
「この田舎もんのアジア人。オペラなんかわかりもしないくせに、そんないい席に座るんじゃないよ」というような無言の圧力を感じたりして。 ただの自意識過剰?

Photo

ちょっと疑心暗鬼になっているのは、この日の昼の出来事が下敷きにある。ホテルの近く、「最後の晩餐」のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のそばのバルでキッシュとパニーノを買った。「夕食はオペラの後にしようね」と同行予定者と打ち合わせて昼間は別行動をしていたのだ。 それが、この写真

Photo_2

わが生涯、最高値のキッシュ。「ひときれ18.26ユーロ(今のレートでだって約¥2,000-当時は¥3,000近い価格だ)」 中身は芽キャベツ。 お店で何も考えずにテイクアウトの注文をしたわたしも、うかつだった。 値段を言われて「えっ?こんなに払えない!」と言ったら、すかさず「2ユーロおまけするから」と言われ、ついつい引き取ってしまった。

当時ちょうど日本人観光客がイタリアでぼったくりに遭った、という報道がされていたところだった。さあて、これは適正価格なんだろうか?知り合いのイタリア人に聞いてみても、皆「ビミョー」と言う。 つまり「ミラノのあの地域のおハイソな店で、テーブルに着いて注文したとしたら、ありえない金額ではない。でもちょっと高いよね」 というもの。
味は勿論上等。 芽キャベツ味だったけど(あたりまえ)。

こんな時、イタリアでの正しい行動は①「やっぱり高すぎると思う」とつき 返すことだそうだ。もしくは②楽しく胃袋におさめ、2度と金額については想い出さない、ことか?

こんな記念写真撮って、1年以上経っても、まだしつこくブログに書いてたりする、私は往生際が悪い。 知ってる。

オルフェオは期待以上だった。演出が斬新で「とってもモードっぽい」。オーケストラ・ピットで歌われるコーラスも良かった。
セリフは全く判らなかったけれど、座席作りつけの手元の画面で英語が出るので、多少の手がかりになった。

2010年11月 1日 (月)

「まごころのおいしさ」奈良五條「柿の葉すし本舗たなか」

引っ越しの差し入れが、不幸な行き違いで届かなかったという日記10月25日の日記を書いた、その後日談です。

宅配業者の冷蔵庫にひとばん眠っていた自社製品に対し「おいしさのピークを過ぎてしまっているので、それを食べていただくのは残念だ」というお申し出に甘え、「おいしい味」を味わうべく週末に再度届けてもらいました。

1

なるほど、おっしゃるとおり「ぜんっぜん違うねぇー」と二人でばくばく食べました。
まず、柿の葉の香りが違います。前回は「柏もちみたいには香りがしないんだね」なんて言ってましたが、しっかり、ひなたのにおい、懐かしい良い香りがごはんにもちょっぴり移っています。

お寿司の具は鯖・鮭・鯛の三種類。

2

口当たりが「あっさり」なのですが三種類の魚の脂肪のまったり感がそれぞれ違い、
微妙にうま味がかわるので「ヤバい、食べ過ぎ」ってなっちゃいます。

実家の母に報告したところ、すでに「たなか」さんからは経緯のご報告とお詫びがあったとのこと。送り主にもフォローをしているのがさすがですね。

3

ちょっと感激してホームページ検索すると「どれだけ美しくおいしいおすしであっても、心がこもっていなければ「たなか」のおすしとはいえません。心を込めたおすしで食の感動をお届けすること、それが私たちの使命だと考えています。」との言葉。 ほんとですね。

今回は「たなか」さんのまごころ、母のまごころと共にしっかり味わわせていただきました。

「おいしかったです! ごちそうさまでした!」

株式会社柿の葉すし本舗たなか
奈良県五條市住川町1490番地

「たなか」さんのHPはこちら ネットで注文もできます

4

東京は「松屋銀座」地下一階に店舗がある。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »