フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月 6日 (日)

北海道クルーズ にっぽん丸(横浜-小樽)0825

2009年8月25日 ship ship ship

燦子家 ご一行3名様は 念願の初クルーズ ship に出発しました。
さんこだけでなく、勿論 さんこ夫・さんこ母 ともに「初クルーズ」です。
2501_2

さんこ夫・だー(アラカン世代の会社員・出資者なのに ナゼか 
         ショーファー・ポーター・写真係・雑用係 
         としてこき使われている)
さんこ母・おかぁさん(3年前に夫を亡くし、喜寿を超えても、
             まだ木彫の講師として働く、お元気ママ)

横浜の大桟橋 国際客船ターミナルには 商船三井のD氏が、
わざわざ見送りに来てくれていました。
このD氏こそ、さんこ一家を船旅へとひっぱり出した張本人です。
今から3年前、夫・だー のテニス友達であるD氏のご招待で、
にっぽん丸見学会と中華街ランチ」が催され
さんこも参加させていただきました。

この時以来、熱にうかされたように「クルーズ~クルーズ~ fuji 」と言い続ける妻に
夫が「しゃーねーなぁ~ sad」と 今回、折れてくれた。。。という次第です。

たまたま、横浜発で日程的に合うクルーズが 北海道行きだったこともあり
母の故郷を訪れ、父の墓参りをする。。。という名目で
母にも同行してもらうことができました。

最初は母も、「えー船~?ship 」と、おっくうがっていたのですが
しつこく資料を送りつけ、啓蒙活動にこれ務めました。

何ごとも、「念ずれば通ず flair 」のです。 
なんたって、寝ている だー の耳元で 「クルーズ~ (*^.^*) 」と呪文を唱えたことも
ありましたっけ。 睡眠学習は利くのです。

というわけで、「恩人?」D氏の見送りを受け
にっぽん丸は定時14時に 出港しました。
おとなりに見えるは ピースボートのおせあにっくぐれーす です。
2502

満願成就して大満足の さんこがスパークリングワイン wine で
乾杯したのは 言うまでもありません。

さんこ:「わー かもめだ~ 」
だー「をー くらげもいるぞー」
母:「あっ! イルカがジャンプした!」
さ:「えっ?どこ、どこっ?!」
母:「うっそ~」

などど、初心者は年がいもなく、恥ずかしげもなく大騒ぎ。
そうこうしてるうちに
Photo_3

14:20 からオリエンテーション
15:00 から船内見学ツアー
16:00 から避難訓練  。。。と、イヴェントめじろ押しです。
2505 2506

船内見学ツアーの際にお見かけした ラウンジでアフタヌーンティーを楽しんでいた
優雅なみなさまは、リピーターのかたがた なのね。

Photo Photo_2

ディナーは2交代制で 我が家は遅いほうを選択したのですが
こちらのほうが人数は少なかったようです。
みなさま17時半なんて時間から ごはん食べられるのでしょうか?
おかげで 我が家は毎日、早い夕食がスタートした直後に 
無人の大浴場を独り占めするという贅沢に浴しました。
092501 092502

2510

2511

Photo_4

夕食は、前菜の ほたるイカの生姜煮・ ぼたんえびのお造り・ たこご飯 が出色でした

2009年9月 3日 (木)

クルーズから戻りました

昨夜、9日間の「にっぽん丸クルーズ」 北海道旅行から戻りました

まだ 床が揺れてます

これから順次、旅行記アップする予定ですが とりあえず
「にっぽん丸」 うまかったぞー写真を (^^;)。。。
Dscf1453   

和食の晩御飯 これに天麩羅、海鮮丼、お椀、デザート、コーヒーがつきます
Dscf1507

洋食フルコースのメイン(牛ほほ肉の赤ワイン煮込み・サラダ)

同行した 母と主人は 食事に関しては 大絶賛しておりました
何より、レストランだけでなく、全クルーの ホスピタリティあふれる
おもてなしに 本当に楽しいクルーズを満喫することができました

「にっぽん丸」の旅 おススメです
我が家は次回は 飛鳥Ⅱ比較乗船かな?

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »